質問
「今まで普通にIPadを充電できましたが、今では10-30分充電しても1-5%しか充電されません。通常、充電器は熱を出していますが、今のiPad 2の充電器は暖かいくらいです。助けてください!」

同じ疑問を抱いていて、iPadの充電が非常に遅い理由を知りたいですか?そして、その対処法についても知りたいですか?まあ、これはアップルデバイスでは非常に一般的な問題です。iPadデバイスの充電が非常に遅いと不満を言う人はたくさんいます。それを1つの明確な理由に限定することは困難ですが、一度それを行うと、問題を解決し、iPadをより早く充電できます。我々はiPadがゆっくりと充電されるさまざまな理由と、これらの問題を解決する方法を調査しています。

この記事では、充電を高速化するための修正とヒントについて説明します。

1.iPadの充電が遅いのはなぜですか?

基本的に、充電が遅い問題の背後には様々の理由があります。それでは、始めましょう。

  • 偽/レプリカの充電ケーブルやコネクタ:レプリカの充電ケーブルやコネクタの使用をやめさせるためにユーザーに認識するためにアップルが講じる手順はたくさんあります。最近の市場では、特にそのような高価な電子機器を使用する場合に非常に危険な、さまざまな偽またはレプリカの充電ケーブルが存在します。このような偽の充電ケーブルとコネクタは、iPadの充電が非常に遅くなる理由になります。
  • アダプターの問題:ご存知の通り、アップルはiPhoneデバイスには基本的な5W充電器を提供していますが、iPadの場合、iPadの箱からはiPadをより速く充電できる12W充電器が付属しています。充電速度に関しては、アダプターが重要な役割を占めています。
  • USB充電 vs コンセント充電:パソコンやノートパソコンからiPadデバイスを充電していますか?はい?パソコンやノートパソコンからの充電は、コンセントに接続して直接充電する場合と比べて、デバイスへの出力が少ないため、充電が完了するまでに時間がかかります。
  • バックグラウンドアプリ:充電が遅い問題に関しては、バックグラウンドアプリも一つの理由である可能性があります。バックグラウンドで実行されているアプリは、知らないうちにかなりの量のバッテリーを消費します。専門家は、バッテリー消費の使用を制限することを常に推奨しています。
  • バッテリーの状態:iPhoneのバッテリーのおおよその状態を確認するには、「設定」を起動して「バッテリー」を選択します。バッテリーの状態のパーセンテージが80%未満の場合は、物理的にバッテリーの交換を検討してください。

2.iPadの充電が遅い問題の修正

充電が遅い問題の原因がわかったので、これらの問題を修正し、ソフトウェアが誤動作した場合にiPadを修復できる解決策をいくつか紹介します。

2-1.別のUSBケーブルまたは充電器を使用する

先ほど述べたように、充電ケーブルは充電速度に深く関わっています。iPadの充電が遅い問題を回避するために、常にオリジナルまたは純正の充電USBケーブルを使用するようにしてください。充電が遅い問題に直面している場合は、充電が遅い問題を解決するために、USB充電ケーブルまたは充電アダプターを交換してみてください。

2-2.iPadを強制的に再起動する

iPadに新たな始まりを与えることで、問題が解決する場合があります。簡単に言えば、iPadを再起動すると問題を解決できる可能性があります。iPadを再起動する手順は非常に簡単です。アップルのロゴが表示されるまで、電源ボタンとホームボタンを同時に約10秒間押し続けます。これにより、iPadデバイスが再起動します。それでも充電の問題が解決しない場合は、次の方法に従ってiPadの充電が遅い問題を修正してください。

recovery-mode

2-3.すべての設定をリセットする

ほとんどの場合、充電が遅い問題に関しては、ソフトウェアが原因である可能性が高いです。充電が遅いなどの問題は、いくつかの変更を加えるか、システム設定をリセットすることで修正できます。設定をリセットする方法がわからない?そうですね、iPadの「設定」> 「一般」> 「リセット」に移動し、最後に「すべての設定をリセット」オプションに移動して、設定をリセットできます。パスコードを入力し、「すべての設定をリセット」をタップして確認します。

iphone reset

2-4.Fixppoを使用したソフトウェアの修復する

iPadの充電が遅いことは非常に一般的な問題であり、最適な解決法を見つけるには簡単ではありません。今日は、 iMyFone Fixppoと呼ばれる強力なツールを紹介します。これは、ソフトウェアの修復をこれまでになく簡単にする多くの機能を備えた素晴らしいシステム修復ツールです。iOSのスタックの問題、アップデート/ダウングレードエラー、デバイスのフリーズなど、さまざまな問題からデバイスを修復できます。

ソフトウェアを使用する利点は次の通りです。

  • 全体のプロセスは簡単でスムーズです。
  • デバイスの復元でデータが失われることはありません。
  • iPadのすべてのモデルに対応しています

それでは、プログラムを使用してiPadの充電が遅い問題を修正する方法を見ていきましょう:

  • ステップ1:最初のステップでは、プログラムをパソコンに「ダウンロード」してインストールする必要があります。
  • 無料ダウンロード 無料ダウンロード

  • ステップ2:プログラムを開き、「標準モード」を選択してから、ライトニングケーブルを使用してiOSデバイスをパソコンに接続します。
  • fixppo 標準モード

  • ステップ3:ここで、その機種とファームウェアバージョンを選択してファームウェアをダウンロードする必要があります。最後に、「ダウンロード」ボタンを押してダウンロードを開始します。
  • ファームウェアをダウンロード

  • ステップ4:最後に、「開始」ボタンをクリックして、修復プロセスを開始して。修復が完了した後、iPadは自動的に再起動されます。
  • 修復完了

  • それで終わりです!これで、iPadの充電を試して、問題が解決したかどうかを確認してみましょう。

2-5.iTunesでのDFUを復元する

iTunesは、アップルがiDevice用にコーディングした音楽ライブラリおよびスマホ管理ツールですが、デバイスの問題を修正してデータを管理するためにiTunesを使用することもできます。

iTunesを使用すると、公式にいくつかの簡単な手順でiOSデバイスを簡単にバックアップおよび復元することができます。

  • ステップ1:パソコンでiTunesを開きます。
  • ステップ2:iPadをDFUモードにするには、iPadデバイスの電源を切る必要があります。その後、ライトニングケーブルを介してパソコンに接続します。
  • そしたら、「電源」ボタンとホームボタンを同時に約10秒間押し続けます。黒い画面が出たら電源ボタンを放します。
  • ステップ3:iPadをDFUモードにした後に、iTunesは復元が必要なリカバリモードのデバイスを検出します。そこで「OK」をタップします。
  • DFUモード

  • ステップ4:これで、iTunesはiPadを復元し、後で復元と更新をするように求めます。確認して続行しましょう。
  • restore and update

2-6.バッテリーを交換する

それでも、”iPadの充電が非常に遅いのはなぜですか?”と思っています?上記の手順で問題が解決しない場合は、残念ながら、それはハードウェア、バッテリーに問題がある可能性が高いです。充電が遅い問題を解決するために、バッテリーを交換するのも一つの手です。

3.iPadの充電を速くするためのヒント

iPadの充電を速くしたい場合は、以下のヒント試してみてください。

3-1.バッテリーを交換する

このような問題に直面しないように、常に純正の充電ケーブルを使用するようにしてください。偽/レプリカのケーブルは深刻な問題につながる可能性があります。

3-2.パソコンの代わりにコンセントで充電する

コンセントの充電器は、USB充電に比べてより多くの電力を生成するため、スマホ / iPadをより速く充電するための最良の方法です。

3-3.充電する前に飛行機モードを有効にする

機内モードをオンにすると、スマホデバイスはスマホネットワーク、Wi-Fi、Bluetoothなどのすべてのネットワークから切断され、バッテリーの消費が少なくなり、必然的に素早く充電が完了します。

3-4.充電中はiPadの使用を控えてください

ほとんどの人は充電中にスマホを使用しています。充電中に電話を使用すると、スマホのバッテリーが損傷する可能性があることをご存知ですか?そのため、充電中はiPadの使用をお控えください。そうすれば、良い結果が得られるはずです。

おわりに

ということで、この記事では、iPadの充電が遅い問題を解決するためのすべてのヒントとコツについて詳しく説明しました。ヒントに正しく従えば、iPadをすぐに修理できるはずです。また、 iMyFone Fixppoは、あらゆるiOSデバイス上のあらゆるタイプのソフトウェアの問題を修正するための最良の方法であるため、このソフトウェアを強くお勧めします。皆さんがiPadの充電が遅い問題を解決できることを祈っています。

無料ダウンロード 無料ダウンロード