最近ではフリーランスの方も増えてきていますし、ビジネスのシーンでLINEを使用することも多くなっていることかと思います。そんななか、「LINEのビデオ通話を録画する方法はないのか」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際にコールセンターのオペレーターなどから「この電話は録音されています」といったように言われることは多々ありますし、トラブル防止の観点から見てもやはり通話のやり取りというのは記録しておきたいものです。ということで今回は、LINEのビデオ通話を録画する方法として、iPhone版、Android版、PC版とそれぞれ解説していきます。

Part1:iPhoneでLINEでビデオ通話を録画する方法

さて、まずはiPhone版の録画方法から。

録画する前に準備すべきこと

  • 必ずiOSのバージョンは11以上にしておいてください。
  • またイヤホンも必須のアイテムです。

具体的な録画する方法:

Step 1.iPhoneのコントロールセンターに行き、「●」を長押しします。

Step 2.下にスワイプして、「LINE」をタップします。

Step 3.端末にイヤホンを挿して、「マイク」をオンにして、ビデオ通話を始めましょう。

Step 4.コントロールセンターを呼び出して、「●」をタップして、録画を開始します。

Step 5.録画を辞める時はコントロールセンターの中の「画面収録」を選択すると終了します。

iPhoneで録画

ご注意

イヤホンを挿していないと音声が録音されなくなりますので、その点は注意してください。

Part2:AndroidでLINEのビデオ通話のを録画する方法

さて、ここからはAndroidのLINEでの話です。とはいえAndroidの場合にはiPhoneと違い専用のアプリがあるので、そのアプリを紹介します。そのソフトは「AZスクリーンレコーダー」というもので、こちらも簡単に録画することができるようになっています。

AZスクリーンレコーダー

具体的には:

Step 1.Androidにこのアプリをインストールして起動し、「今すぐ開始」をタップすると、すぐに録画が開始。

Step 2.もし録画を一時的に止めたかったり終了したかったりした場合には、スマホ画面を上からスワイプして通知センターを出しましょう。

Step 3.そこに「一時停止」や「録画終了」と出てきますので、そこで簡単に操作できます。

AZスクリーンレコーダーで録画 Android

意外とiPhoneよりも簡単かもしれませんね(笑)

Part3:PC版LINEでビデオ通話の録画する方法

PC版のLINEでも録画は可能です。しかしWindowsなのかMacなのかで方法が異なるので、分けて説明していきます。

Windows10で録画する場合

Step 1.「ゲームバー」という動画キャプチャ機能を使用して行います。

Step 2.動画キャプチャは「Windows」キーと「G」の同時押しで出現します。

Step 3.そうすると帯のような部分の中に歯車のマークが出てくるので、そこを選択しましょう。

Step 4.すると「設定」というものが開き、中に「キャプチャ中」というのがあるのでその中を確認し、「録音するオーディオ」の「すべて」が選ばれているかを確認します。(※もし違うところが選ばれていたら「すべて」に変えてください。)

Step 5.そしてビデオ通話が始まったら、先ほどのキャプチャを開いて録画を開始します。

Windows10で録画する場合

Note:

ここで録画したものは「キャプチャ」という名前のフォルダに保存されます。

Macで録画する場合

Step 1.ビデオ通話中に「Shift」キーと「command」と「5」を同時押しすると、帯のようなコントローラーが出てきます。

Step 2.その中で画面内の録画したい部分を選び、「オプション」というところで「~のマイク」を選び、「収録」を押すと、録画が開始。

Macで録画

Note:

収録停止を選ぶと自動的に保存されますので、この点についてはあまり意識する必要はありません。

Part4:録画する際注意すべきこと

1iPhoneでLINE通話は録音できない

iPhoneでは録画できるですが、単に録音することができません。録音したい場合は別のスマホをご用意したうえ、電話をスピーカーモードになり、録音するしかない。

2秘密録音は違法なので、必要性がない場合は使わないほうがいい

他人の許可を得ないままで録音すると、必ず個人情報法に違反するとは言えませんが、法律上の配慮もあるし、使う前にしっかり法律をご理解した上、行いましょう。

Tips:LINEの大事なデータを失わないようにバックアップする

LINEトーク履歴ではいつも大事な思い出、データを保存しているので、失うと大変なことになるでしょう。ここからLINEデータをバックアップ・復元、機種変更する際異OS間LINEデータを移行する方法 – iTransor for LINEを紹介します。

※定期的なバックアップは必要ですので、ぜひこちらのソフトを使って、無料かつ無制限でバックアップしましょう。

LINEデータバックアップ

800万以上のダウンロード

iTransor for LINEの優れているポイント:

  • 異OS同OSLINEトーク転送】Android/iOSからiPhoneにトーク履歴を転送。
  • 【無料バックアップ・復元】無料でバックアップしたうえ、iPhoneへの直接復元できる。
  • 【閲覧・選択的エクスポート】iTransorファイルでバックアップしたデータを閲覧できるし、選択的にエクスポートできる。
  • 【エクスポート・保存】PCに分かりやすくエクスポートし、永遠に保存。保存したファイルはすべてのメディア付けのデバイスに閲覧。

具体的なバックアップする仕方は以下となります。

Step 1.iTransor for LINEをインストールして起動します。画面の左側にある「LINEデータをAndroid・iOSデバイスからバックアップ」を選択して、デバイスをPCに接続したうえ、「スタート」をクリックします。

iTransor for LINEを起動する

Step 2.たったこれだけの操作で、残りは待つだけでよいです。完了でしたら、バックアップファイルは無料で閲覧できます。

iTransor for LINEでバックアップ完了

Note:

機種変更する際、同OS・異OS間でLINEトークを転送する方法:

関連記事「AndroidからiPhoneへLINEデータ転送する方法」をご覧ください。

まとめ

ここまでLINEのビデオ通話を録画する方法を、機種別に説明してきました。最後に専門的なLINEデータを管理するソフトをお勧めしました。ぜひ無料版を試してみましょう。