機種変更や端末の紛失・故障が発生してしまった際に便利であるiCloud。

いかなる事態がいつ発生しても大丈夫なようにバックアップの中身を確認しておくことが重要です。バックアップが一体できているか確認しないと心配し、どんな内容がバックアップしたかも知りたいはずです。

そこで今回は、iCloudのバックアップが完成ですか簡単に確認する方法を紹介し、加えてその中身の見方も解説します。バックアップする際の参考にしてください。

Part1.iPhoneでiCloudがバックアップできてるか確認する

最初に、iPhone内でiCloudがバックアップできてるか確認する手順を解説します。この手順は簡易的操作ではあるものの、その分見られるデータ内容が限られるのでご注意ください。

Step 1.iPhoneのホーム画面から「設定」アプリを開き、一番上で自分のIDをタップして、「iCloud」を選択します。

Step 2.次の画面で「ストレージを管理」を押して、「バックアップ」欄に移動して各端末のバックアップ容量が示されています。

Step 3.目的デバイス名を選択すると、前回のバックアップ日時やサイズが見えます。また、どんなアプリがバックアップされたかも確認できます。

iPhoneでiCloudバックアップを確認

Tips:

この方法で各種のデータがiCloudにバックアップしたかどうかだけ確認できるが、どんなものがバックアップしたという中身を確認したいなら、別のツールが要ります。

Part2.ソフトでiCloudバックアップの中身を確認する

iPhone内ではiCloudがバックアップできているかの確認しにくいことを解説しました。

実際の使用する場合には、iCloudバックアップの内容を確認したい方が多いでしょう。そこで、続いてはこんな状況で使いやすいソフト「iMyFone D-Back」を皆さんに紹介してきます。

「iMyFone D-Back」は、PCで利用できるiCloudデータバックアップサービス。基本無料で利用可能です。ワンクリックだけでデータの詳細を確認でき、iCloudのバックアップやPCに詳しくない方でも誰でも扱えます。

D-Backの優れた機能

D-back iPhoneデータ復元

800万以上のダウンロード

  • データファイルが種類ごとに分けられていて、一覧で表示されるため自分で探す手間が省けて非常に便利。さらに、データを確認したあとは、自由に好きなデータを抽出してPCに保存できる優れもの。
  • 閲覧したいデータが一括で表示され、データ量が多くても楽でデータの中身を確認できる。
  • 写真や動画だけではなく、メッセージLINEのトーク履歴メモ、アドレス帳など、なんと18種類以上のデータがサポートされます。
  • 最新のiOS 15とすべてのiPhone / iPad / iPod touch(iPhone 13 / mini / Pro / Pro Maxを含む)をサポートします。

2.1. iCloudアカウントを登録してバックアップ内容を確認する

この方法で確認できるデータ種類

連絡先、カレンダー、写真、メモ、リマインダー、iPhoneを探す、iCloud Drive、Pages、Numbers、Keynotesという10種類


iCloudアカウントを利用してバックアップの中身を確認する操作は簡単です。以下に従ってやってみよう!

Step 1.D-Backを無料ダウンロードして起動したら、左側で「iCloudから復元する」を選択します。そして、左の「iCloud」をクリックします。

iCloud復元を選択

Step 2.自身のiCloudアカウントとパスワードを入力して登録します。そうすると、確認できるデータ種類が表示されるが、目的のアイコンをクリックします。

確認のデータ種類の選択とスキャン

Step 3.データのスキャンを少々待って、終わったら選定したすべてのデータが画面で種類別に表示されます。お好きなものをチェック入れ保存してもいいです。

データのプレビューと保存


2.2. iCloudバックアップをスキャしてバックアップ内容を確認する

この方法で確認できるデータ種類

メッセージや通話履歴、連絡先、WhasappやLINEのトーク履歴と添付ファイル、写真、ビデオ、アプリの写真とビデオ、メモ、ボイスメモ、Safariのブックマークと履歴、カレンダー、リマインダーなど総計18種類


先ほど紹介した方法より少々複雑ですが、iCloudバックアップしたトーク履歴やメッセージのような重要のデータ内容も確認できます。需要があれば試みるのは損がないと思います。

Step 1.ソフトをインストールしたら起動して、左側で「iCloudから回復する」を選択します。すると、右の「iCloudバックアップ」をクリックします。

iCloudバックアップを選択

Step 2.お使いのiPhoneの状態を選択します。次に、画面の指示に従って、iCloudバックアップをiPhoneに保存します。

iPhoneの使用状態を選択

Step 3.すると、iCloudバックアップされたすべてのデータがソフトにインポートされます。表示されたデータ種類から確認したいものを選択して、「スキャン」をクリックします。

確認したいデータ種類を選択

Step 4.スキャンが完了したら、各種のデータをプレビューできます。同じくお好きな項目にチェックい入れ、パソコンに保存するのは可能です。

お好きのデータと閲覧と保存

Tips:

この作業では、iPhoneの初期化設定が必要です。そのため、重要なデータがある場合は別途バックアップを取っておいてください。

豆知識.iCloudでバックアップできないものは?

iCloudにもバックアップできるデータとできないデータがあります。これを知っておくべきなら、データをよりよく管理できます。

icloudのアイコン

iCloudバックアップできるデータ種類

  • 写真とビデオ
  • アプリのデータ
  • iMessageやSMS
  • ヘルスケアデータ
  • デバイス設定、メールアカウント情報
  • ホーム画面とアプリの配置
  • ミュージック、着信音、映画、番組、本、アプリの購入履歴

iCloudバックアップできないデータ種類

  • iCloudにバックアップ済みデータ(連絡先やメモ、カレンダー、iCloudフォトライブラリは同期されている場合が多いです)
  • 他クラウドサービスで保存されているデータ(GoogleやYahooが提供するサービス等)
  • Apple Payの情報全般
  • TouchIDの指紋情報
  • iCloudミュージックライブラリ、App Storeの追加コンテンツ

購入したアイテムの中でもiCloudバックアップされるものとされないものがあります。予め自動継続の課金アイテムやレシートなどは確認しておきましょう。

他のクラウドサービスで提供しているデータもあります。それぞれのサービスでどのようなバックアップシステムになっているのかも把握して、機種変更など行なえば安心です。


最後に

iPhoneはいつどこで紛失や故障が起きるか分かりません。

重要なデータや個人情報が含まれることも多いので、予めバックアップを取っておくことが大切。「iMyFone D-Back」は、誰にでも分かりやすい簡単な方法でiCloudバックアップを確認・復元できます。

カテゴリごとの分類や自由に好きなデータを選んで保存できる非常に便利なサービス。まだiCloudバックアップデータを取っていない・確認していない方は、このソフトでご自身の状態を確認しませんか?