<質問>
「うちのiPadは何か充電できなくなったが、パソコンに接続できる。復元してたが、結局は駄目だった。私にとって大切な親友のラインのデータが失った大変(涙)、どうやって復元かな、皆さんどうか助けてください(T_T)」
– 西野OOさん

LINEを毎日使用する方は多いですね、上記の状況に合う皆さんには、対処法はご存知ではないんでしょうか。いくら電源ボタンを押しても、電源が入らないという状況でお困りでしょう。その中、大切なラインでの思い出として家族との写真を取り戻したいと焦って、大事な恋人と話したライントークを救いたくて戸惑う方も困っているかもしれません。又は機種変更時にLINEトーク歴史を引き継ぎたい方が多いと思います。

心配御無用!今からiPadは電源が入らなくでもその中からLINEデータを復元する方法の二つをご解説します。対応策は最新iPadOS 14を実行しているすべてのiPadに適していますので、復元する手順は記事の本文に記載されています、お助けになれば是非ご参考ください。

1.iPadの電源が入らない際にデータ復旧はどうしよう

1.1 iPad用電源インターフェースを検査

まずアルコールでiPadのLightning コネクタと電源コネクターをきちんと拭いて、再開して出来なっかたら次へ

1.2 室温でケーブルを替えて蓄電

iPadの充電は、温度に関わっている為、蓄電する前に、室温は22℃であれば一番効能しやすいです。過酷な寒いと暑い場合でiPadは充電できません。そして、ちんとApple 認定の充電ケーブルや USB アダプタに、断線や端子が曲がっているなど、損傷の兆候が見られないか確認し、破損したアクセサリは使わないでください。

iPadをさらに半時間で蓄電して、反応しない場合は次に

1.3 HPでiPadOSを更新

iPadの電源が入らない場合やフリーズする場合 に記載されたチュートリアルご参照ください。

ご注意

電源の入らないiPadは、パソコンに接続できるかどうか先にご確認ください。

  • 「i」、パソコンに接続出来なく、早めに上記のAppleサポートにお問い合わせください。
  • 「ii」、パソコンに接続できるiPadには、これ以下の対応策を進んでください。

2.専門ツールで電源の入らないiPadからLINEデータを復元

上記の書き通りのように、iCloudでiPadをバックアップしていなっかた方々どうしよう?ご心配なく、iPad専用のデータ復元ツール「iMyFone D-Back」があれば、もう焦慮しない!バックアップが有無ても全データをiPad本体から簡単に直接復元できますので、D-Back経由でデータを復元するのは、初期化や上書き保存が一切ないため、他のデータに影響を与えなくて無難です。その魅力はなんでしょうか。

大人気の理由

データ復元

800万以上のダウンロード

D-Backの特徴:

  • バックアップなしでもiPadデバイスから多種類のデータを復元できます。
  • 検索結果の一覧表示をプレビューして、iPhoneからデータを選択的または完全に復元できます。
  • ウイルス攻撃、誤削除、損失、またはiPadシステムのアップグレードなど、さまざまな理由により失われたデータを回復できます。
  • ラインのトーク、連絡先、メッセージ、ボイスメモビデオ、WhatsAppメッセージなど、iOSデバイスから20種類以上のファイルに対応しています。

順番の示すように、思ったより簡単な操作を見てごらん。

ステップ1.D-Backを起動してiPadをコンピュータに接続し、左にある「iOSデバイスからリカバリー」をクリックします。

iOSデバイスからりかばりーする

ステップ2.「LINE」項目をチェックして、右下の「スキャン」ボタンをクリックしてデータの読み込みを開始します。

ラインのデータを回復する

ステップ3.データの検出済んだ後、検索結果の一覧表示をプレビューして、ライン・データをを選んで「リカバリーする」に進みます。これで削除されたトーク履歴が回復されます。

ラインのデータをりかばりーする

3.iTunesからiPadのLINEデータを復元する手順

    専門ツールを使わなくても予てよりiTunesのバックアップがあれば、或いは今すぐバックアップすれば、その中にはLINEが含まれるので、LINEの全データ等も復元できます。

ステップ1.まず、お持ちのiPadをiTunesに接続して、iPadのアイコンをクリックします。

iPadのアイコンを押す

ステップ2.バックアップセクションで「このコンピュータ」と「ローカルバックアップを暗号化」をチェックします。出てきたタブでパスワードを入力し、「パスワードを設定」をクリックします。暗証番号がない方はこれを略して次へ

ステップ3.画面での「今すぐバックアップ」というボタンをクリックします。

ステップ4.他のiOSデバイスをiTunesに接続してバックアップセクションで「バックアップを復元」を選択し、パスワードを入力します。そしたら「OK」をクリックして、復元の完了まで待ちます。

バックアップから回復する

メリット:

  • アップル社によるiPadの標準管理ソフトで、優先順位に考えて使うデータ復元ソフトです。

デメリット:

  • iTunesでバックアップが取っていたが、上書きや初期化で既存のデータを消去するのが避けるがちますので、皆さんにとって嫌だかもしれません。そして手数もかかりそうで、本文では推薦しない。

Note:

だが、本ソフトの「iCloud / iTunesバックアップからリカバリー」機能利用すれば、復元したいデータかだけを抽出して復元することができます。手順は上記とほぼ同じで、簡単なステップで済ませます。

Tips:iPadの故障によるデータの利用不能を回避

多数のiPadは、使っているうちに経年劣化していく為、不具合のくせにかつは使用者もバックアップすることに嫌だ、それを忘れてしまうことになるかもしれません。もしかすると更にリンゴループになったり、起動不能になったり、結局修理センターへ送付して、全データを失って、持ち主は悔しくてしょうがないでしょう。

なので、定期的なバックアップは大事にしておきなさい。そして、データ復旧の際にはD-Backに任せて無難です。

まとめ

以上は、電源が入らないiPadからLINEデータを復元する対応策です。デメリットを予防し、安全性と速さとすれば、一番推薦する効率的な対策はiPadデータ復元ソフトiMyFone D-Backでござります。試用版を無料で、復元する前に結果をプレビューしで、iTunesより不可欠なiPadデータ管理ツールとしてパソコンに入れておいて損はないと思います。

先頭の問題を防止する最善の方法は、定期的にiPadをバックアップすることです。けれどもiMyFone D-Backがバックアップファイルの有無にかかわらず、電源が入らないiPadから消えたメモを取り戻すことができます。本製品は無料体験版はございますので、今までまだ迷っている方是非下記のダウンロードページへご試用ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。