app_store

壊れたiPhoneから写真を取り出す方法は?

多くの優秀な機能を集めているスマートフォンは、人々の生活とますます切り離せなくなっております。その中に、最も使われるのは安全性と良いユーザー体験で有名になったiPhoneでしょう。

カメラの代わりにiPhoneを使って写真を撮る人はたくさんいるはずです。ただし、iPhoneは精密機械であり、落下や浸水などのトラブルにより、画面が壊れて動作しなくなるケースもよく見られます。生活に欠かせないiPhoneが壊れたら、一番心配するのはその中に保存しているデータでしょう。では、壊れたiPhoneから写真を取り出すにはどうすればいいですか?

よく見られるiPhoneの壊れ方

スマホが壊れたら、悩む人は少なくないでしょう。代表的なiPhoneの壊れ方には以下のようなケースが考えられます。

①落下による画面破損

②画面が映らない

③タッチ操作ができない

④水没した

⑤充電できない

上記のようなケースの場合は、自力で壊れたiPhoneから写真を取り出す可能性があるので、まずは最初にやるすべきことを紹介します。

iPhoneが壊れた時にまずやるすべきこと

Android端末と異なって、iPhoneはSDカードなどの外部記録媒体には対応していません。すべてのデータはiPhoneの基板と分離不可能なので、写真をデバイスから取り出す時はiPhone本体の操作も必要です。画面破損、操作ができないなどのトラブルが発生した場合は、まずは内蔵されていたデータの移行が重要です。

そのために、iPhoneがiTunesまたはiCloudと同期しているかどうかをチェックしてください。バックアップを取っているなら、バックアップから写真を取り出して復元できるので、心配する必要はいりません。

iCloudバックアップがオンにすれば、電源とWi-Fiに接続すると、お使いのデバイスのデータを自動的にバックアップをしてくれます。iTunesの場合は、USBケーブルを使って手動でiPhoneとパソコンを接続する必要があります。

もしデバイスはまだ操作できる状態なら、iTunesがインストールされたPCを用意して既存のデータをバックアップすることをお勧めです。

壊れたiPhoneから写真を簡単に取り出す方法

普段の方法ならバックアップの中身を確認することは難しいですし、iPhoneが操作できない場合は、バックアップを取ることも難しくなります。

iPhoneがまだコンピュータに反応している限り、iMyFone D-Backを使用して壊れたデバイスからデータを抽出可能です。しかもユーザーのニーズに応じて選択的にiPhone内の写真を復元することができ、非常に便利です。 さらに、このデータ復元ソフトは18種類以上のデータをサポートしており、もし壊れたデバイスの中に、メッセージ、トーク履歴など廃棄できない大切なデータがあれば、D-Backも簡単に復元できます。

そして、ほとんどすべてのiOSバージョンとiOS機種がサポートされています。詳細については、無料体験版をダウンロードして試してください。

無料で試す無料で試す

次は壊れたiPhoneから直接データを取り出して復元する方法を紹介します。

ステップ1:iMyFone D-Backを起動します。「iOSデバイスからデータ復元」オプションで「開始」ボタンをクリックしてから、iOSデバイスをパソコンに接続して、デバイスを自動的に検出されます。

iOSデバイスから写真復元

ステップ2:ファイルの種類で写真を選択してから「スキャン」をクリックします。データ復元ソフトは、端末から削除されたデータの読み込みを始めます。

データ スキャン

ステップ3:スキャンが完了すると、復元可能な写真と既存の写真はすべて表示されます。取り出したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

写真 取り出す

Tips

デバイスをパソコンに接続しても反応できない場合は、D-Backを使ってiCloud/iTunesバックアップから選択的に写真を復元可能です。アカウントをサインインした後、操作方法は上記のステップとほぼ同じで、ソフト内の画面指示に従うだけで簡単に写真などのデータを取り出して復元できます。詳しい手順は公式サイトにご参照ください。

無料で試す無料で試す