iPhoneをお持ちの場合、Apple IDは最も重要なものになります。 iPhone関連の作業のほとんどはApple IDを必要とするので、Apple IDでサインインできないのは非常に迷惑なようです。 パスワードを忘れるのは別のことだが、パスワードを知っていてIDに問題がない場合、この煩わしさは耐えられないでしょう。 これを考慮して、AppleIDがサインインしない問題に対処するための非常に役立つヒントをいくつか紹介したいと思います。ガイドに従って、これらのエラーを取り除くことで生活を楽にしましょう。

1.Apple IDからサインアウトし、再度サインイン

Apple IDがサインインしない場合は、まず、Apple ID自体を調べて問題を解決しましょう。 そもそも、デバイスでApple IDを使用してサインアウトして再度サインインしてみてください。 場合によっては、単に無効化/有効化、アンインストール/再インストール、サインアウト/サインインするだけで、多くの問題に対処できます。 したがって、このような問題が発生した場合は、前述の操作を試すことをお勧めします。

これを行うには、【設定】を開き、上部にある自分の名前をタップします。 下にスクロールし、【サインアウト】をタップします。 iCloudのパスコードを入力し、【オフにする】をタップします。 必要に応じてデータのコピーを保存し、もう一度【サインアウト】をタップして確認します。 次に、もう一度サインインし、問題がないかどうかを確認してください。

Apple ID サインアウト

2.購入したアプリを確認

Apple IDでサインインできない場合の別の解決策は、購入したアプリを確認することです。 ダウンロードの途中などでフリーズしているように見えるアプリを見つけた場合、これはApple IDがサインインしない問題を説明するためのヒントです。

【App Store】≫【プロファイル】≫【購入済み】をタップし、全てのアプリを確認する必要があります。

3.すべての設定をリセット

デバイスの設定全体をリセットし、デバイスの新たな始まりを作成することもできます。 これを行うと、Apple IDがサインインしない問題に対処できます。手順は次のとおりです。

  • 【設定】を開き、【一般】をタップします。
  • 【リセット】に移動し、【すべての設定をリセット】を選択します。 求められたらパスコードを入力し、アクションを確認します。

iphone すべての設定をリセット

4.iPhoneを強制的に再起動

この方法について聞いたことがあるかもしれないが、AppleIDがサインインしない問題を修理するためにこの方法を試したいと思っているはずでしょう。 実際には、これは最も役立つ対処法であり、これを実行することで問題を解決できることを願っています。 手順は次のとおりです。

  • 古いiPhoneの場合は、【電源】ボタンと[ホーム]ボタンをすべて押し、Appleロゴが表示されるまで押し続けてください。
  • iPhone 7/7 Plusの場合、【ホーム】ボタンの代わりに【音量小】を押し、残りの手順は古いiPhoneの場合と同じです。
  • iPhone 8/8 Plus以降(iPhone X/11/12/13を含む)では、【音量大】ボタンを押してすばやく放し、次に【音量小】ボタンを押して放します。 Appleのロゴが画面に表示されるまで、【電源】ボタンを長押ししてください。

iPhoneを強制的に再起動

5.iMessageとFaceTimeを一時的に無効にする

Apple IDがサインインしない場合、問題はiMessageまたはFaceTimeアプリで発生したアカウント設定の問題の結果である可能性があります。したがって、これらのアプリは、使用しない場合でも毎回Apple IDを使用し、アカウント情報とアクティベーションの問題を引き起こす可能性があるため、これらのアプリを無効にすることをお勧めします。 つまり、iMessageとFaceTimeをオフにしてみてください。すべてがうまくいき、無効にした後でApple IDでサインインできる場合は、iMessageとFaceTimeを再度アクティブにすることができます。

  • 【設定】に移動し、【メッセージ】をタップすると、iMessageをオフにするスイッチが表示されます。
  • 設定で、FaceTimesのオプションが表示されたら、それをタップします。 次に、ボタンをオフに切り替えることでFaceTimeを無効にできます。

6.Apple IDのパスワードをリセット

上記の手順を実行してもApple IDがサインインしない場合は、必要に応じてパスワードをリセットすることを検討してください。 以下は、Apple IDのパスワードをリセットする手順です。

Safariを開き、appleid.apple.comにアクセスします。その後、画面下にある【Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?】をクリックします。

それをクリックしてから、電子メール認証を選択するか、セキュリティの質問に答えてください。

最後にプロンプトに従い、新しいご希望のApple IDのパスワードを入力してください。パスワードをもう一度確認しから、すべてが終了します。

パスポート リセット

7.iMyFone iOSシステム修復を使用して問題を解決

【AppleIDがサインインしない】問題はiOSの不具合が原因である可能性もあるため、おすすめしたい解決案はiMyFone Fixppo(iOS 15、iPhone 13)を使用することです。これは、わずか4つの簡単な手順でiOSの様々な問題を解決できるようにする第三者のツールです。このツールを使用すると、システムエラーが削除され、Apple IDにサインインできるようになるはずです。

この評判の良いシステム修復ツールは、iPhoneの様々な問題からユーザーを解放するために特別に設計された3つの異なるモードを提供します。 標準モードを使用すると、デバイス上のデータが失われることはありません。 最新のiPhone13を含むすべてのiOSデバイスがサポートされています。 このツールを使用して問題を修正する手順は次のとおりです。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ステップ1:インストール後にプログラムを開き、iOSデバイスをPCに接続します。 メイン画面から【標準モード】をクリックします。

ios修復

ステップ2:このステップの後、iOSデバイスがプログラムによって検出され、プログラムはデバイスに一致するファームウェアをダウンロードするのにします。 次に、【ダウンロード】をクリックし、残りの全てをiMyFoneに任せてください。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3:最後のステップとして、【修復を開始】ボタンをクリックすると、デバイスにすべてのバグや問題が完全になくなるはずです。

apple id ログインできない

8.iTunes経由でiPhoneを工場出荷時の設定に復元

デバイス上のすべてのデータを失ってもかまわない場合は、AppleIDがサインインしない時に試すことができる別の代替案があります。 この方法は、iTunesを介してデバイスを復元することです。 工場出荷時の状態にリセットすると、迷惑なものが削除されます。これらのものは、このApple IDの問題を含むデバイスのパフォーマンスを低下させると考えられているためです。

itunes iphoneを復元

最後に

以上はApple IDがサインインできない時の対処法を紹介しました。

iPhoneのユーザーにとって、Apple IDはiPhoneのすべての機能を楽しむには欠かせないものです。Apple IDが急にサインインできなくても、一時的な不具合の場合は自分でも対処できる場合があります。まずは再起動やiOS不具合修復をやってみて、症状が改善するかどうか試してみましょう。自分で対処しても直らない場合は、なるべく早く修理店へ持っていくことが復旧への近道です。

無料ダウンロード 無料ダウンロード