iPhoneやiPadを使用する場合、Apple IDは最も重要なものになります。ただし、パスワードは合っているのにApple IDがサインインできない!機種変更してApple IDがサインインできない!このような問題も確実に存在しています。

iCloudのログインなど、作業のほとんどはApple IDを必要とします。パスワードを忘れるのは別のことだが、パスワードを知っていてIDに問題がない場合でも、サインインできないことの煩わしさは耐えられないでしょう。

これを考慮して、今回はApple IDがサインインしない問題に効果的な対処法をまとめて紹介したいと思います。本文で画像付きのガイドを確認して、このエラーを取り除くことで生活を楽にしましょう。

Apple ID サインインできない

1から5までは基本処置ですが、事前にそれらを実行してもApple IDがサインインできない問題は解決できないなら、iPhoneまたはiPadのシステムにエラーが発生する可能性が高いです。その場合は、直ちに目次で方法6の部分に飛んで専門のツールの利用がおすすめです。

1.Apple IDからサインアウトし、再度サインイン

パスワードが合っているのにApple IDがサインインしない場合は、まずApple ID自体を調整して問題を解決しましょう。場合によっては、単に無効化/有効化、アンインストール/再インストール、サインアウト/サインインするだけで、多くの問題に対処できます。

そのため、Apple IDをサインアウトして再度サインインしてみてください。手順は次のようです。

ステップ 1.「設定」を開き、上部にある自分の名前をタップします。

ステップ 2.下にスクロールし、「サインアウト」をタップします。

ステップ 3.iCloudのパスコードを入力し、「オフにする」をタップします。必要に応じてデータのコピーを保存し、もう一度「サインアウト」をタップして確認します。

ステップ 4.次に、もう一度サインインし、問題がないかどうかを確認してください。

Apple ID サインアウト

2.購入したアプリを確認

Apple IDでサインインできない場合の別の解決策は、購入したアプリを確認することです。ダウンロードの途中などでフリーズしているように見えるアプリを見つけた場合、これはApple IDがサインインしない問題の原因になります。

「App Store」>「プロファイル」>「購入済み」をタップし、全てのアプリを確認する必要があります。

3.すべての設定をリセット

iPhoneやiPadの設定全体をリセットすると、データをリフレッシュすることができます。これを行うと、Apple IDがサインインしない問題に対処できるかもしれません。手順は次のとおりです。

ステップ 1.「設定」を開き、「一般」をタップします。

ステップ 2.「リセット」に移動し、「すべての設定をリセット」を選択します。求められたらパスコードを入力して確認します。

すべての設定をリセット

4.iMessageとFaceTimeを一時的に無効にする

Apple IDがサインインしない原因といえば、iMessageまたはFaceTimeアプリでアカウント設定に問題がある可能性もあります。これらのアプリは開きなくてもApple IDを使用するが、アカウント情報とアクティベーションの問題を引き起こすかもしれません。

そのため、以下のやり方に従って、これらのアプリを無効にすることがおすすめです。

ステップ 1.「設定」に移動し、「メッセージ」をタップすると、「iMessage」項目でオフにするスイッチをタップします。

ステップ 2.「設定」に戻って、「FaceTimes」のオプションをタップします。次に、ボタンをオフに切り替えることでFaceTimeを無効にできます。

iMessageとFaceTime 無効

すべてがうまくいき、無効にした後でApple IDでサインインできるようになったら、iMessageとFaceTimeを再度アクティブにしてもかまいません。

5.Apple IDのパスワードをリセット

上記の手順を実行してもApple IDがサインインしない場合は、必要に応じてパスワードをリセットすることを検討してください。以下は、Apple IDのパスワードをリセットする手順です。

ステップ 1.Safariを開き、「appleid.apple.com」にアクセスします。その後、画面下にある「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。

ステップ 2.それをクリックしてから、電子メール認証を選択するか、セキュリティの質問に答えてください。

ステップ 3.最後にプロンプトに従い、新しいご希望のApple IDのパスワードを入力してください。パスワードをもう一度確認しから、すべてが終了します。

パスポート リセット

6.プロな不具合修復ツールを使用して問題を解決 ― 成功率高い

Apple IDがサインインしない問題はシステムの不具合が原因であるかもしれません。特にパスワードが合っているの にサインインできない場合はその可能性が高いです。この問題を解決するために、おすすめしたい最善の解決案は「iMyFone Fixppo」を使用することです。

これは、わずか3つの簡単な手順でiOSやiPadOSの様々な問題を解決できるようにする第三者のツールです。このツールを使用すると、システムエラーが削除され、Apple IDにサインインできるようになるはずです。

Fixppoのおすすめ理由

Fixppo iPhone不具合修復

800万以上のダウンロード

  • 【データを失わない】既存のデータを損害しないでApple IDがサインインできない問題を修正できます。また、リンゴループ再起動の繰り返しなど50以上のソフトウェア関連の問題も解決できます。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。
  • 【修復率が高い】特別に設計された3つの異なる修復モードを提供して、iTunesでは解決できない問題の改善にも役立ちます。
  • 【完全な互換性】WindowsとMacの両方とも使えて、最新のiPhone 13シリーズ/iOS 15を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポートします。

Fixppoを使用してApple IDがサインインできない問題を修理する手順

ステップ 1.インストール後にプログラムを開き、iPhoneやiPadをPCに接続します。メイン画面から「標準モード」をクリックします。

標準モード

ステップ 2.すると、デバイスがプログラムによって検出され、デバイスに一致するファームウェアが表示されます。次に、1つを選定して「ダウンロード」をクリックしましょう。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 3.最後のステップとして、「開始」ボタンをクリックすると、デバイスにすべてのバグや問題が完全になくなるはずです。

apple id ログインできない

7.iPhoneやiPadを強制的に再起動

この方法について聞いたことがあるかもしれないが、Apple IDがサインインしない問題を修理するためにこの方法を試したいと思っているはずでしょう。これを実行することで問題を解決できることを願っています。

手順は次のとおりです。

iPhoneの場合

  • iPhone 6以前:「電源」ボタンと「ホーム」ボタンをすべて押し、Appleロゴが表示されるまで押し続けてください。
  • iPhone 7シリーズ:「ホーム」ボタンの代わりに「音量小」を押し、残りの手順はiPhone 6以前の場合と同じです。
  • iPhone 8以降:「音量大」ボタンを押してすばやく放し、次に「音量小」ボタンを押して放します。Appleのロゴが画面に表示されるまで、「電源」ボタンを長押ししてください。

iPhoneを強制的に再起動

iPadの場合

  • ホームボタン搭載のiPad:ホームボタンと電源ボタンを同時に押し、Appleロゴが表示されるまでそのまま押し続けます。
  • Face ID搭載のiPad:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。そして、デバイスが再起動するまで電源ボタンを押し続けます。

iPad 強制再起動

8.iTunes経由でデバイスを工場出荷時の設定に復元

デバイス上のすべてのデータを失ってもかまわない場合は、iPhoneまたはiPadにApple IDがサインインしない時に試すことができる別の代替案があります。この方法は、iTunesを介してデバイスを復元することです。

工場出荷時の状態にリセットすると、迷惑なものが削除されます。これらのものは、このApple IDの問題を含むデバイスのパフォーマンスを低下させると考えられているためです。

itunes iphoneを復元


最後に

ここまでApple IDがサインインできない時の対処法を紹介しました。

iPhoneとiPadのユーザーにとって、Apple IDはデバイスのすべての機能を楽しむには欠かせないものです。Apple IDが急にサインインできなくても、一時的な不具合の場合は自分でも対処できる場合があります。まずは再起動やiOS不具合修復をやってみて、症状が改善するかどうか試してみましょう。便利な修復ツールを使えたいなら下でダウングレードすればいいです。

もし自分で対処しても直らない場合は、なるべく早く修理店へ持っていくことが復旧への近道ですね。