WiFiマークがあるのに繋がりません!このように、普段使っているiPhoneが突然にWiFiに接続できなくなったことはありませんか?

現在はインターネットに依存する時代であり、iPhoneがWiFiに繋がりにくいとかなり面倒に感じるでしょう。短時間スムーズに動作した後、iPhoneが再びWiFiに接続失敗したという文句を言うユーザーも少なくないです。

この記事では、iPhoneがWiFiに繋がらない原因とその有効な解決策の7つを解説します。最後に読めば、あなたの悩みを解消できるはずです!

iPhone WiFi 繋がらない

Part 1.iPhoneがWiFiに繋がらない原因は?

iPhoneがWiFiに接続できないトラブルの原因として、次のようなものが考えられます。

  • WiFiルーターの問題
    サーバーの混雑、内部の断線、回線契約の終了など、WiFiルーター自体の原因で電波を発送しない場合は、もちろんiPhoneもネットに繋がりません。
  • iPhoneネット接続のエラー
    長時間にWiFiに繋がると、膨大なデータ量が溜まっているのでWiFiに接続できないことが発生しやすいです。
  • iPhoneシステムの不具合
    iOSのアップデート失敗、使用上のバグなど、ソフトウェアにエラーが起きるかもしれません。(最速のiOS修復方法へ)
  • iPhoneハードウェアの損害
    基盤などの部品が衝撃を受けたり、劣化したりすれば、WiFiに繋がらない可能性もあります。色々な方法を試しても問題が解決できない場合はこの原因を考えて、専門店の修理を頼みましょう。

Part 2.iPhoneがWiFiに繋がらない時の対処法 ー ネット側

素早く本文で紹介する対処法を把握したいなら、以下の動画マニュアルをご覧ください!

iPhoneがWiFiに接続できない時、まずはネット側の原因を疑いましょう。解決策も比較的に簡単です。

1WiFiルーターを確認

ルーターの不具合でiPhoneがWiFiに突然繋がりにくくなったり、速度が遅くなったりしてしまうことがありますので、一応別のiPhoneを使って接続してみるか、または別のWiFiに接続して、ルーターが正常に作動するかどうか確認しましょう。

そして、ルーターを再起動してみましょう。WiFiルーターはほぼ全モデルとも独自の電源ボタンがあるため、それを抜いて、5分ほど放置してから電源を入れ直してみてください。

2iPhoneの機内モードを一度オフ

上記のことをチェックして、WiFiルーターが問題ないと確認した場合は、iPhoneのネット接続は一時的な不具合がは発生する可能性があります。機内モードのオン・オフを切り替えたらこの問題が解決できるかもしれません。

具体的な手順は以下となります。

ステップ 1.iPhoneのコントロールセンターを開いて、「機内モード」のアイコンをタップします。

ステップ 2.飛行機のアイコンがグレーから緑になるとオンになります。数秒後もう一度タップしてそれをオフにします。

ステップ 3.iPhoneがWiFiに接続できるかどうか確認します。

iPhone 機内モード

3WiFiを接続し直す

繋がらないWiFiを一度削除して、データをリフレッシュすれば、再接続したら正常に作動できることもあります。次の手順に従ってやってみよう。

ステップ 1.iPhoneで「設定」>「Wi-Fi」に移動します。

ステップ 2.表示されるネットのリストから、接続中の問題があるWiFiの右側にある「i」をタップします。

ステップ 3.「このネットワーク設定を削除」>「削除」をタップします。

ステップ 4.もう一度WiFiをタップしパスコードを入力して、接続します。

iPhone WiFiを接続し直す

4iPhone設定でネットワークをリセット

iPhoneがWiFiに長時間接続できない場合、すぐにネットワーク設定をリセットしてみてください。

やり方は簡単です。iPhoneの設定から「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」へとすすみ、端末のネットワーク関連の設定を一度リセットします。ここでパスコードを入力すればリセットが実行されます。

ネットワークをリセット

Part 3.iPhoneがWiFiに繋がらない時の対処法 ー iPhone側

iPhone本体のソフトウェア不具合によってWiFiに接続できないことがあります。これを修復する方法は以下の手3つがあります。

1iPhoneを強制再起動

iPhoneのWiFiが突然繋がらなくなったら、強制再起動を試してみましょう。

強制再起動を行うことで、一時的なiOSのエラーが解消します。iPhoneはモデルによって強制再起動の手順が変わります。下記の手順に従ってiPhoneを再起動してください。

iPhone 6以前:スリープボタンとホームボタンを10秒以上長押しします。

iPhone 7シリーズ:スリープボタンと音量を下げるボタンを10秒以上長押しします。

iPhone 8以降: 音量を上げるボタンを押したらすぐ放し、音量を下げるボタンを押したらすぐ放します。後はAppleロゴが表示されるまでサイドボタンを押します。

iPhone 強制再起動

2iOS不具合修復ツールでWiFiの問題を修正

iPhoneのシステム不具合を修復したいものの、データを失ってしまうことを心配しているなら、プロなiOS不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」の使用がおすすめです。このツールはiPhoneがWiFiに繋がらないトラブルを含む、ほとんどすべてのiOS不具合を修復するのは可能です。しかもデータの損失はありません。

Fixppoを推薦する理由!

Fixppo iPhone不具合修復

800万以上のダウンロード

  • 【幅広く対応】WiFiに繋がらにくい問題以外に、リンゴループ再起動の繰り返しなど50以上のソフトウェア関連の問題も解決できます。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。
  • 【修復率が高い】システム関連の問題を確実に解決できる2つの修復モードを提供して、iTunesでは解決できない問題の改善にも役立ちます。
  • 【完全な互換性】WindowsとMacの両方とも使えて、最新のiPhone 13シリーズ/iOS 15を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポートします。

Fixppoを使用してiOSシステムを修理する手順

ステップ 1.上記のボタンからソフトをダウンロードして起動したら、ケーブルでiPhoneをコンピューターに接続します。次に、メイン画面から「標準モード」に選択します。

Fixppo 問題修正

ステップ 2.Fixppoはデバイスを識別する能力を持っているので、それに適したファームウェアを自動的に提供します。「ダウンロード」をクリックしましょう。

ファームウェア ダウンロード

ステップ 3.ダウンロードが完了したら、「開始」をクリックしてください。すると、修復が始まり、修正後にデバイスが再起動します。そして、iPhoneがWiFiに接続できるかどうかを確認します。

iPhone WiFi 繋がらない 修正

3iPhoneを工場出荷時の設定に復元

iPhoneがWiFiに接続できない場合、最後の方法はデバイスをリセットすることです。iPhone上のアプリやデータに不明な問題があって、iPhoneがWiFiに接続できなくなると考えられるため、iPhoneを出荷時の設定に復元する必要があります

そうすると、デバイス上のすべてのデータが消去されるが、注意してくださいね。ステップは以下のように示しています。

ステップ 1.iPhoneをコンピューターに接続し、iTunesを開きます。

ステップ 2.上部のデバイスアイコンをクリックし、「概要」をクリックします。

ステップ 3.「iPhoneを復元」を選択し、もう一度確認します。

iTunes iPhoneを復元


まとめ

これまで、iPhoneがWiFiに接続できない問題について、原因と修復する方法を詳しく説明しました。いかかでしょうか?もしデバイスのWiFi接続に関連する他の問題があるなら、コメント欄に残しておいてください。できる限りのお手伝いをします。

また、本文でおすすめするiOS修復ツールはiOSの多数の問題を修正でき、またデータが失われることはないので、世界中の多くのメディアサイトから強く推奨されています。ぜひここでダウンロードして試してみてくださいね!