質問
iPhoneの問題についてお聞きしたいことがあるのですが。 昨日、写真をAirDropで送ろうとしたんですけど、なかなかできませんでした。 その後何度も試したが、効果がありませんでした。あまり詳しいことはわからない人間なので対処法を教えていただきたいです。

エアードロップ できない

この苦情はAppleに何度も報告されており、この問題は通常iOS 15へのアップデート後に発生することがわかっています。 今回は、この問題に直面している人々に提案をしたいです。 iPhoneのAirDropが機能しない問題の対処法について説明する前に、エアドロップがどのように機能するかについて説明したいと思います。

エアードロップの設定や使い方

AirDropは、書類、写真、ビデオ、Web サイト、位置情報などを近くの iPhone、iPad、iPod touch、Mac にワイヤレスで送信・受信するために使用される機能だが、多くの人はそれを認識していません。 iPhoneでAirDropを使用してファイルを送受信する方法を説明するが、使用する前に、有効にする方法を知っておくべきです。 (iOS 115を使用している場合でも、このガイドは適用できます)

1 AirDropをオンにする

  • まず、右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターに移動します。
  • AirDropオプションが下部に表示されます。 それをタップします。
  • 次に、【受信しない】、【すべての人】、【連絡先のみ】の3つのオプションから選択する必要があります。

iphone エアードロップ

2 AirDropを使ってファイルの送受信

iOSデバイスのほとんどのネイティブアプリには、AirDropを簡単に使用できるiOS共有ボタンがあります。ここでは、iPhoneの写真を例としてAirDropの使い方を紹介します。

AirDropで写真を送信:

  • iPhoneの写真に移動し、共有したい写真を選択します。
  • 【共有】ボタン≫【AirDrop】をタップすると、近くのAirDropデバイスが画面に表示されます。
  • 写真を送信するデバイスを選択すると、受信者は転送を受け入れる必要があります。

iphone エアードロップ 写真

AirDropで写真を受信:

誰かが写真やコンテンツを転送しているとき、転送を【受け入れる】か【辞退】するかを尋ねるプロンプトメッセージが画面に表示されます。

転送プロセスを完了するには、【受け入れる】をタップするだけで十分です。

エアードロップ 受信

iPhoneでAirDropできない時の対処法

iPhoneのAirDropが使えない・失敗した場合は、次の対処法をお試しください。

1 iPhoneを強制的に再起動

AirDropが使えない問題が発生している場合は、デバイスを強制的に再起動してみてください。 これは、iOSデバイスを再起動すると一般に問題の70%が解決するためです。

iPhone 6s以前:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを約10秒間、またはAppleロゴが画面に表示されるまで押し続けてください。

iPhone 7または7 Plus:このツールは、iOSの問題を修正する三つのすばらしいモードが含まれています。【標準モード】、或いは【リカバリモードを起動/解除】を利用する時、データの損失はありません。

iPhone 8以降のシリーズ:MacでもWindowsでも利用できます。iPhone 13 / iPhone 13 Pro / iPhone 13 Pro Max / iPhone 13 miniおよびiOS 15を含むすべてのiPhoneおよびiOSバージョンがサポートされています。

iPhoneを強制的に再起動

2 パーソナルホットスポットをオフにする

【インターネットを共有】が有効になっているかどうかを確認してください。両方が衝突してiPhoneのAirDropが機能しない可能性があります。

以下の手順に従って、パーソナルホットスポットを無効にし、AirDropが使えないiPhoneの問題を修理しましょう。

  • [設定]を開き、【インターネットを共有】をクリックします。
  • パーソナルホットスポットに移動し、【インターネットを共有】のスイッチを押してオフにします。

3 AirDrop設定の変更

iPhoneからMacまたは他のiOSデバイスにファイルをAirDropしたいのにデバイスが表示されない場合は、AirDropの設定を変更すると、iOSでAirDropができない・使えない問題を解決するのにも役立ちます。

  • 画面の下から上にスワイプし、コントロールセンターを開きます。 次に、AirDropをタップし、【受信しない】、【連絡先のみ】、【すべての人】の3つのオプションから検出可能性を設定します。
  • iOSデバイスを近くのすべてのデバイスに表示するための最もおすすめで便利なオプションは[すべての人]なので、これをオンにしましょう。

AirDrop設定

4 機内モードをオフにし、BluetoothとWi-Fiを再起動

AirDropを正常に機能させるには、BluetoothとWi-Fiの両方をオンにする必要があります。 一方、機内モードを有効にすると、BluetoothやWi-Fiを含むiOSデバイス上のすべてのワイヤレスネットワークが無効になり、AirDropが機能できなくなります。

機内モードをオフにする:画面の下から上にスワイプしてコントロールセンターを開き、飛行機アイコンをタップしてオフにします。

AirDropはデバイスのBluetooth機能を使用して2つのデバイス間の近接性を判断し、データを送信するにはWi-Fiが必要です。 BluetoothのみがオンでWi-Fiがオフの場合、またはその逆の場合、AirDropは機能しません。

機内モード

5 iCloudにログイン

デバイスのAirDropが【連絡先のみ】モードに設定されている場合は、送信デバイスと受信デバイスの両方がiCloudアカウントにログインしている必要があります。

また、送信側デバイスのAppleIDに関連付けられている電話番号またはメールアドレスのいずれかが受信側デバイスに保存されていることを確認してください。 そうでなければ、デバイスが検出されません。 また、自分のiDeviceの間にAirDropするファイルがある場合は、受信デバイスで送信デバイスと同じiCloudアカウントにログインしてください。

6 ネットワーク設定をリセット

それでもAirDropが機能しない場合は、ネットワーク設定をリセットすることを検討してください。 これにより、iPhoneでAirDropが機能しないなどの様々な問題が確実に解決されるが、デバイスに保存されているすべてのネットワーク設定が消去され、工場出荷時の設定に戻ります。 これは、以前に保存したWi-Fiネットワークをデバイスで再接続する必要があることを意味します。

  • 【設定】に移動し、【一般】をタップします。
  • 次に、【リセット】をタップしてから、【ネットワーク設定をリセット】をタップします。

ネットワーク設定をリセット

7 データ損失なしでAirDropができない・使えない時の対処法

上記のすべての対処法が機能しない場合は、iPhoneのiOSに問題がある可能性があります。この場合、iMyFone Fixppo iOS修復ツールを使用し、データを失うことなくAirDropが機能しない問題を修理することができます。 このソフトウェアは、その優れた機能により、最も人気のあるシステム修復ソフトウェアの1つと見なされています。

・データを失うことなく、エアードロップができない/Appleロゴなど、様々な種類のiOSシステムの問題を修理できます。

・個人情報は完全に保護されており、ソフトウェアは簡単に使用できます。

・様々なiPhone、iPad、iPod touchのモデルと互換性があります。

step1. choose recovery mode

無料ダウンロード 無料ダウンロード

最後に

AirDropは確かにAppleの優れた機能であり、ファイル共有のために効果的のある方法と見なされています。 前述の対処法はAirDropの問題を修理するための簡単なヒントでした。記事全体を読み終えたので、次は問題を実際に解決しましょう。