iOSをアップデートするとよく、アップデートが終わらない/進まない問題が発生しますね。例えば、iPhoneをiOS 14にアップデートしようとしていますが、「アップデートを要求しました…」というメッセージがずっと表示されていて、ソフトウェアがダウンロードできず、 何数日間も同じ画面にとどまっているだけです。

今回の記事では、ワイヤレスでiOS 14へアップデート中に「アップデートを要求しました」から進まない場合の原因や対処方法をご紹介します。

Q1.iOSのアップデート要求とは?

iPhoneまたはiPadにアップデート要求が表示された場合、お持ちのデバイスがAppleのサーバーに接続してiOSアップデートファイルをダウンロードしているということを指しています。

Q2.なぜiPhoneはアップデート要求から進まないですか?

デバイスを最新のiOSにアップデートするには、不具合が発生してアップデートが終わらない場合があります。よくあるのは、「アップデートを要求しました」から進まない問題です。「アップデート要求」から進まない理由はいくつかありますが、ネットワークに関連するのは一部だけで、全部とは限りません。アップデートに必要な空き容量が不足やバッテリーが十分に充電されていない、またはソフトウェアに関連している可能性もあります。

アップデートを要求しました

この記事で、iPhoneとiPadのアップデートにおいてよくある問題に対するいくつかの解決策を紹介したいと思います。 iOS 14にアップデートする時に「アップデート要求」から進まない状態になっていたら、下記の解決策は必ず役に立ちます。

方法1.iOSアップデートに必要なストレージ容量が足りているか確認

iOS 14へのアップデートには充分なストレージ空き容量が必要です。まずは、iPhoneで「設定」を開き、「一般」>「iPhoneストレージ」をタップしてストレージの使用状況を確認しましょう。もし、使用可能な空き容量が足りない場合は、要らないアプリを削除したり大容量のデータをパソコンに移したりして、空き容量を増やしておきましょう。

iPhoneの空き容量を確認

方法2.iPhoneを強制再起動

iPhoneを強制的に再起動するのは、最も迅速かつ簡単な解決策の1つで、ほぼ全部の軽度なiOS関連問題を修復できます。なので、「アップデート要求」で止まったときにiPhoneを強制的に再起動してみてください。

  • iPhone 6s / 6s Plusとそれより古い機種の場合:電源ボタンと真ん中にあるホームボタンを「スライドで電源をオフ」」(パワーボタン)が表示されるまで同時に長押しします。
  • iPhone 7またはiPhone 7 Plusを強制的に再起動する場合:画面にAppleロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量小ボタンを長押しします。
  • iPhone 8、iPhone X(Max)/ XR / XR、iPhone 11/11 Pro(Max)/ iPhone 12シリーズの場合:すばやく音量小ボタンを押してから音量大ボタンを押します。その後、画面にAppleロゴが表示されるまで電源ボタンを長押しします。

iPhoneを強制再起動

方法3.ネットワーク設定をリセット

ネットワークの原因でiOS 14のアップデートが「アップデートを要求しました」のまま動かない可能性もあります。その際は、ネットワーク設定をリセットして問題を解決することができます。ただし、この操作を行うと、すべてのWi-Fiネットワークとパスワード、モバイル通信の設定、VPNとAPN設定がリセットされますのでご注意してください。

デバイスで設定を開き、「一般」>「リセット」をタップし、「ネットワーク設定のリセット」を選択します。パスコードを入力して、もう一度「リセット」をタップすれば完了です。その後、Wi-Fiに再接続してから、もう一度お試しください。

ネットワーク設定をリセット

方法4.iOS修復を利用して修復&アップデート

OTA経由でiPhoneをアップデートできない場合、またはiOSアップデートが終わらない場合、iTunesを利用できますが、動作が不安定で途中でリンゴループや文鎮化なども問題を引き起こすことよくあります。iTunesを使わいでこれらのアップデート問題を解決するなら、安全でパワフルなシステムリカバリーツール「iMyFone Fixppo」をおすすめします。

このツールは様々なiOS不具合を修復できるだけではなく、IPSWファイルをiPhone、iPad、iPod touchにインストールする時もかなり便利です。操作方法はシンプルで、思ったより使いやすくて、システムの問題を解決する効果が抜群です。

無料で試す無料で試す

下記は、この解決方法を使ってエラーとなる原因を解消する簡単な手順です。

ステップ1.まず、パソコンにFixppoをインストールします。プログラムを起動すると、修復するモードが3つ表示されます。「標準モード」を選択し、USBケーブルを使ってiPhoneをパソコンに接続します。

標準モード iPhoneを修復

ステップ2.プログラムがデバイス状態を検出し、適用する最新のiOS 14ファームウェアが表示されますので、「ダウンロード」をクリックしてファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.ダウンロードが完了したら、「開始」をクリックと、デバイスの修復をすぐに開始し、修復が完成したらデバイスは自動的に再起動します。iPhoneが最新バージョンのiOS 14にアップデートされているか確認できます。

iPhoneを修復

これは、「アップデートを要求しました」から進まないiPhoneをアップデートさせる超効率的な方法です。やり方は非常に簡単ですぐ終わりますし、技術的な専門知識も必要ありませんので、初心者でも安心して利用できます。

iMyFone Fixppoがあれば、自宅でも手軽に対応できますので、今すぐiOS 14アップデートできない問題を解決しましょう。


方法5.iTunesでiOSをアップデート

ワイヤレス(OTA)でiPhoneをアップデートする以外、iTunesを利用して更新することも可能なので、どうしてもiOSアップデートが終わらない・進まない場合は、iTunesを使った方法を試してみてください。

操作方法は簡単で、iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動し、「概要」画面で「アップデート」をクリックし、画面の指示に従って進むだけです。

iTunesでiOSをアップデート

最後に

以上は、iOS 14へのアップデートが要求画面にフリーズして終わらない時の対処方法です。実際に起こった問題の症状や原因によって、適当な方法を選択して試してください。iOSアップデートに失敗し、デバイスが正常に動作できなくなったら、Apple Storeや修理店に持ち込むと修理費が高額になるので、まずはご自分でiOS不具合修復を試したほうがいいでしょう。

無料で試す無料で試す