Macを使っている人のなかで、誤ってリカバリー(初期化)してしまい、データが消えてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

操作を誤ってしまったときもあれば、パソコンにウイルスが入ってしまいリカバリーせざるをえなかった、またデータが重いなどの動作不良がおき、リカバリーしたなどさまざまな理由があると思います。

Macでリカバリーしたときに使える復元ソフトについて紹介していきます。戻せないからと諦める前に、まずはデータをどうにか復元できないか試すことから初めてみましょう。

Macでリカバリーしてしまったときの復元ソフト

Windowsとは使い勝手も違うので、Macに慣れていないと戸惑うこともあるかもしれません。リカバリーしてしまったときは、諦めず解決できる方法を模索することも大切です。

本文では、Macでリカバリーしてしまったとき、どんな復元ソフトを使えばいいのかおすすめのものを3選紹介していきたいと思います。

1 iMyFone AnyRecover

Macのリカバリーはもちろん、ゴミ箱のデータ削除にも対応するなど幅広いデータ復旧が期待できるのが復元ソフトAnyRecoverです。初心者でも使いやすい簡単操作であること、有料版には30日の返金保証などもついています。

包括的なデータソリューションを実現すること、他のソフトよりも高い復旧率を誇ります。高速スキャンで時間のムダがないのは、独自のアルゴリズムによる高い機能性にあります。他では真似できない高い復旧率の期待できるソフトです。

AnyRecover ホームページ画面

無料ダウンロード 無料ダウンロード

無料スキャンから使えるMacのリカバリー復元ソフトです。事前に写真やドキュメントを使ってデータの内容が確認できるので、復元してから違うなどのトラブルもありません。

膨大なデータのなかでファイルを探しやすくする検索機能などもついています。復元ソフトをどれにしようか迷ったときは、AnyRecover Mac版を選んでおいて損はありません。

メリット:

  • データ復旧のための完全なソリューションを実現
  • HDDやUSBやSDカード、SSDなどMacのデータもしっかりと復旧
  • リカバリーしてしまった完全消去のデータの復元にも強い
  • 写真やビデオやドキュメント、アーカイブなどに対応
  • 3ステップだけで制限階数なくデータの復元ができます
  • 業者に依頼せずとも、自分の力でデータの復元ができて便利
  • 無料ダウンロードから試せるのでいきなり有料版を購入する必要もない

デメリット:

  • プレビューできる範囲が限定されているので、なかには物足りなく感じる人もいる

2 AnyMP4 データ復元

Macのリカバリーのことなら任せて問題なしの復元ソフトです。削除してしまったデータやパソコン上のなにか問題により消えてしまったときにも対応しています。

高度なスキャン機能を通して取り戻すこともできますし、ゴミ箱のなかにあったデータも問題ありません。他の復元ソフトよりも断然速くデータの復旧に務めてくれる優秀なソフトです。パソコンにデータの保存をしておきたいときにも使えます。

AnyMP4 データ復元 ホームページ画面

Macのリカバリーで他の復元ソフトを使っても取り戻せなかったデータが、戻せる高品質なソフトです。実際に使っている人の口コミがいいのもその証拠になり、データを復旧するまでの時間が無駄にならず、急ぎで取り戻したい人にもおすすめします。

メリット:

  • プロも愛用するMacのリカバリーデータ復元ソフト
  • ウイルスによってリカバリーするしかなかったデータも復元
  • システムクラッシュによるデータ破損に対してのリカバリーもOK
  • 強力な復元ソフトとして使える幅が広い
  • Macのゴミ箱に限らずデスクトップから消えたデータにも対応
  • 安全にデータの復元ができる分無駄のない動作ができる

デメリット:

  • 知名度が低い分、知らないと使わない人も多い復元ソフト

3 Disk Drill

Macのリカバリー復元ソフトとして、文章ファイルはもちろん、写真や動画にも対応しています。Macのゴミ箱から消えてしまったデータや、外付けハードディスク、カメラなどのSDカードにも対応しています。

無料ダウンロードからお試しでき、必要に応じて有料版にアップグレードして使用します。まずはお試しができるのもポイント。

Disk Drill ホームページ画面

全デバイスに対応している復旧ソフトになり、パソコンに限らずiPhoneやAndroidなどもデバイスも対象にしています。200種類以上のファイルの再構成ができること、フォルダやファイルの復旧にも強い優秀なソフトです。

メリット:

  • Macに対応する専門のデータ復旧
  • Mac以外にも対応している幅広さ
  • クリーンアップやハードドラブなどの複製にも対応
  • アプリやソフトのインストールも必要なし
  • 無料ダウンロードだけの簡単操作

デメリット:

  • 知名度としてはいまいちなので知らない人も多い

まとめ

Macのリカバリーでデータを削除してしまい、どうにか復旧したいと考えている人は、復元ソフトがおすすめです。あなたにとって使いやすいものを探してみてください。