Macでファイルを削除しても、ファイルが直ちに消去されることはありません。誤った削除で後ほど復元したい可能性に備えて、消去される代わりにゴミ箱に移動されます。ただし、ゴミ箱から再び削除あるいはゴミ箱全体を空にした場合、削除されたファイルを復元するにはそれほど簡単ではありません。

最速の復元ソリューション⇒iMyFone AnyRecoverで即時に復元(操作方法はこちらへ)

無料ダウンロード 無料ダウンロード

1.空にしたMacのゴミ箱から削除されたファイルを復元できますか?

一言でいうと、「できます」です。ただし、完全に理解するには、ファイルの削除がどのように機能するかをはっきりする必要があります。

Macでは削除したファイルをまずゴミ箱に移動します。そして、ゴミ箱内の「元に戻す」オプションをクリックすると、簡単に復元できます。

次に、何らかの理由でゴミ箱内のファイルを再び削除あるいはゴミ箱を空にすると、ファイルは完全に削除されます(少なくとも完全削除のように見えます)。実際、ディレクトリから削除されているためアクセスはできませんが、物理ストレージドライブに小さな断片として残っています。そして、これらのフラグメントが上書きされていない限り、復元することができます。

2.AnyRecoverを使用して空にしたMacのゴミ箱から復元

AnyRecover Mac版は、世界中の多くのユーザーに人気のある強力なデータ復元ツールであります。世界中の(英語圏の国を中心に)ダウンロード数が100万を超えるこのツールは、ほとんどのデータ紛失状況に対応できます。AnyRecover Mac版の主な特徴は以下の通りです。

  • オールラウンドスキャン&ディープスキャン機能による高い復旧率
  • 独自のアルゴリズムによる高速スキャン
  • 写真、ビデオ、ドキュメントを含むあらゆる形式のファイルに対応
  • 様々なデバイスとデータ紛失のシナリオに対応
  • 三つのステップで復元操作が完了
  • データセキュリティを保証・情報漏れの心配無し
  • プレビュー機能を備え、ファイルを確認して復元

AnyRecoverを使用して空にしたMacのゴミ箱から復元するには、まずこのソフトウェアをMacにダウンロードしてインストールしてください。

ステップ1.選択

ソフトウェアを起動し、インターフェースから「ゴミ箱」オプションをクリックします。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

「開始」をクリックして、プログラムがこのディレクトリをスキャンするのを待ちます。 スキャンが完了すると、回復可能なファイルがリストに表示されます。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

復元したいファイルをダブルクリックしたらプレビューでき、「復元」オプションをクリックして復元したファイルを保存します。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

3.タイムマシンで空にしたゴミ箱から復元

失われたファイルをタイムマシン(Macの組み込みバックアップ機能)で削除する前にタイムスリップし、ご希望のファイルを復元できます。以下の手順に従ってください。

ステップ1:バックアップファイルが保存されているストレージデバイスをパソコンに接続します。

ステップ2:ゴミ箱を開き、メニューバーのアイコンをクリックして、「タイムマシンを入力」を選択します。

ステップ3:タイムマシンで復元できるバージョンがリストに表示されます。ご希望のバージョンを選んで復元します。

注意:
復元したいファイルが含まれていない場合、この方法は機能しません。この場合は、二番目の方法をチェックして、AnyRecoverがバックアップなしで失われたデータを復元するのにどのように機能するのかを確認してください。

4.よくある質問

Q1.ゴミ箱からファイルを復元する方法は?

これは非常に簡単です。ゴミ箱を開いて、回復したいファイルを探し出してください。復元したいファイルを右クリックし、「元に戻す」をクリックするだけで復元できます。これにより、削除されたファイルは元々保存された場所に戻ります。

Q2.今後、同じ問題が二度と起こさないよう対策を教えてください。

このような問題を防ぐために注意すべきことは以下のとおりです。

注意点1: ゴミ箱を空にする前、ゴミ箱内のファイルをしっかり確認すること。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、ファイルを削除する際には確認するのを忘れてしまうことがよくあります。誤削除のファイルがないかを定期的に、特にゴミ箱を空にする前には必ずゴミ箱フォルダを確認する必要があります。

注意点2: TimeMachineなどバックアップの機能を利用して事前に設定し、Macの定期的なバックアップを作成すること。

Q3.外付けHDDにゴミ箱はありますか?

外付けHDDにもゴミ箱があります。ただし、通常隠しフォルダとして存在しています。このフォルダにアクセスするには、Finderの設定から非表示フォルダの表示を有効にする必要があります。それが完了したら、外付けHDDのルートディレクトリに移動できます。中には「.Trash」という拡張子を持つフォルダが表示され、いわゆる外付けHDDのゴミであります。

結論

本文では、空にしたゴミ箱を回復するいくつかの方法を紹介いたしました。その中で、AnyRecover Mac版は、データ復旧に最も完璧なソリューションを提供しています。信頼できるデータ復旧の専門家と自負し、ゴミ箱を空にしたこと・HDDを初期化したこと・システムのクラッシュ/再インストールなど様々なデータ紛失のシナリオに対応できます。