<問い合わせセンター>
「昨夜、私はiPhoneをお風呂のお湯に落としました。干して長い時間を待ち、iPhoneがもう乾いただろうと思って、けれど電源を入れると失敗だった。僕のすべてのデータがiPhoneにあって同期していなっかたのです。どうやって水没させてしまったiPhoneのデータを取り出しますか?」
– モモさんから

今の時代、iPhoneが日常的に我々には不可欠になったのです。ただ写真とか、暗証番号などの大切なデータをiPhoneで保存されているが、こんな場合に大事なデータが失われる恐れがあります!

ご心配なく!本記事は水没されたiPhoneからデータを復元する解決策を解説します。利用するのはプロなiOSデータ復元ソフト「iMyFone D-Back(ディーバック)」です。最新iPhone 13を含むすべてのiPhoneに対応するが、ぜひ本文で復元する手順を参考にしてください!

1.誤解!iPhoneは防水ではない

アップル社により、iPhoneシリーズのうち、iPhone 7以降の機種には耐水機能が備わっています。これはSNSで炎上になっていた議論で、Youtubeでもよく「携帯の防水挑戦」という動画を見られていて、「iPhoneは防水だ」という視点を使用者に伝えているそうです。

しかしながら、真実は「耐水性能がある=本体の中に水が入れない」というわけではありません。

iPhoneの耐水機能を過信すると、結局お持ちのiPhoneは知らずに不具合になってしまいます。そういう検索ボリュームはグーグルで珍しくないです!なので、「iPhoneは防水だ」の結論として必ずないとは断言できません。

2.水没した時の緊急対応!iPhoneをセルフチェックすべきこと

水没したiPhoneからデータを自分で取り出す場合は、まずはiPhone水没時に適切な対処をおこなっている必要があります。できる限り早く完全にiPhoneを乾燥させることが重要です。

しかし、ドライヤーを使うのは避けましょう。風を当てることによって、水分が本体の奥の方にまで入り込んでしまう恐れがあるためです。乾かすつもりがかえって水濡れの範囲を広げてしまい、乾きづらくなってしまいます。

賢い手順は以下になります。

Note:

  • 電源をオフにする。
  • 水分をよく拭き取る!
  • SIMカードを抜き取る。
  • 乾燥剤或いは米の中で、二日間でビニール袋を包んで乾燥させる。
  • 応急処置後は修理に出す。

ご注意

  • 一般的に、iPhoneが水没した場合、上記に従えば本体の機能は大丈夫ですが、マイクとサウンドの機能に影響を与えるかもしれません。万が一、本体は不具合が出てきたら、お近くの修理センターへお直しください。正規店では、iPhone修理の際にデータのリセットが必須となり、データのバックアップが取れていないとデータはすべて消えてしまうのです。
  • 一方、非正規店は、店舗によって修理料金や修理メニューが異なるため事前に確認をすることをお勧めします。

3.データ復旧できるか?水に浸かって故障したiPhoneの修理方法

理論的に水没したiPhoneでも本体が壊れかねますが、もし問題があったら、iPhoneを乾燥させする上で、一応iTunesに接続してみてください。

  • 接続できない場合は、前の書き通りに直接お近くの修理センターへ。
  • 接続できる場合は、早めに水没したiPhoneをバックアップして、機種変更或いはデータを引継ぎの為に用意します。

公式サイトの説明に従って、iTunesでバックアップするのは普通です。だが、この方法は複雑で、手間がかかります。それ以外何かいい方法がありますか

4.秘密ツール - 水に壊されたiPhoneから素早くデータを救う対処法

そいう場合にもiOSデータ復元ソフト「iMyFone D-Back」を推薦します!

D-Backを使って、水に損害されたiPhoneのデータを取り出せます。このソフトは信頼できて、直接iPhoneをスキャンし、データを取り出すこともできiOSデバイスとiTunesやiCloudのバックアップファイルからデータを復活させる方法もあります。

さぁ!先に「D-Back」の魅力をご覧になってください。

専門特徴一覧:

  • 認識されたiOSデバイスから簡単に復元でき、加えてバックアップのないデータでも復元可能!
  • iTunesやiCloudのバックアップファイルからデータを復旧できる!
  • 公式的な方法より自由、バックアップからご希望のデータだけを復元できる。
  • 回復しでもiPhoneの既存データへの上書きする恐れが一切ありません。

下記の無料版先にをダウンロードして試してみましょう!

iCloud/iTunesのバックアップを取っているかどうかに関係ない!写真や連絡先を含む18種類以上のデータを対応していますが、初心者でも簡単に!前の問題に対してデータを復元する前に、まず無料試用版をダウンロードして、隠すデータの読込みができるかどうか確認してください。

復元手法一覧

続いてはこの大人気のデータ復元ツールで水没させたiPhoneのデータを取り出す手順を紹介していきます。

1接続とスキャン

iOSデバイスからリカバリーする

iPhoneをPCに接続し、ソフトのメイン画面での「iOSデバイスからリカバリーする」を選択し、「開始」を押します。次に、復元されたいiPhoneをパソコンにつなぎ、ソフトはデバイスを認識するまで待ちます。

2データ種類を選んで、復元をし続ける

すべてのデータ種類を選択

回復するファイルの種類一覧表で、復元したい種類を選びます。ここで、「全て選択する」にチェックが入れるだけでいいです。後は「スキャン」をクリックして続行します。

3少し待ってからデータを復元

スキャンしたデータを復元

完了済み後、結果一覧表から復元したいファイルを選んで「リカバリーする」をクリックし、PCに保存します。

PS.「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば結果を絞ることができます。

以上で完了致します。ただ数分でご希望のデータを取り出す、なんと便利でしょう。

メモ:

※ iTunesやiCloudでバックアップが取っている場合にも対応できます!本ツールの「iTunesから復元する」と「iCloudから復元する」の操作でデータを全部取り戻せます。公式的な回復法に対して、より解決できる対処法はD-Backでございます。データ回復はより便利より簡単!

結論

iPhoneが水没してしまったら、迅速に適切な対処をすることが何より大事です。電源を切ってしっかりと乾燥させて、iPhoneのデータを復旧できる確率も高まります。やむを得ない場合は、修理店に任せるしか推薦しません。適切な対処をした上で、修理店にiPhone修理を依頼して大切なデータを取り戻せます。

その一方、自分で「iMyFone D-Back」を実際にご利用の仕方もお勧めです!我が社が長年培ったデータ回復に関わる技術力を最大限に活かして、製品は効果的で素早く、どうぞ本文のように試用版でお持ちのiPhoneを回復してみてください。