ボイスメモは重要なものを思い出す便利な方法です。作成は簡単で、デバイスの容量もあまり使いません。従って、重要な情報が含まれている場合なら、ボイスメモをバックアップすることをお勧めします。このようにして、万が一それらが失われた場合でも、バックアップから復元できます。

「iCloudはボイスメモをバックアップできますか?」という疑問を持つ人がいるかもしれません。この記事では、iOSデバイスのボイスメモをiCloudでバックアップできるかどうか、またiCloudのボイスメモにアクセスする簡単な方法を紹介します。

ボイスメモがiCloudにバックアップされているかどうかを確認する方法 

「設定」→「iCloud」に移行して、ボイスメモのバックアップ機能をオンにします。そうして、iPhoneがWiFiネットワークに接続されている限り、ボイスメモがiCloudに毎日自動的にバックアップされます。

ただし、その間に他の問題が現れます。それは、どうやってボイスメモがiCloudにバックアップされているかどうかを確認できるかということです。

ある人は、公式の方法でデバイスを初期化し、iCloudバックアップからの復元を選択します。しかし、初期化すると、デバイス上のすべてのデータが消去されるから、危険でデータの損失に招く可能性があります。そこで、iCloudバックアップのボイスメモをアクセルしたり、コンピューターに導出したりするために、他の信頼できる方法を探す必要があります。

iCloudバックアップにアクセスしてボイスメモに復元する方法

幸い、iCloudバックアップからボイスメモのみをアクセスして取り出すできる優れた方法があります。それはiMyFone D-Backと呼ばれるデータ復元ツールを利用することです。このツールを使用すると、ユーザーはバックアップファイルにアクセスして、必要な任意のタイプのデータを復元できます。

データ復元ソフト

DL数8,000,000回突破

主な機能について:

  • iCloudにバックアップされたすべてのボイスメモをアクセスし、選択的に復元することができます。

  • iCloudバックアップを復元した後、お使いのiOSデバイスのデータ損失リスクはありません。

  • ビデオ、メモ、写真、メッセージ、連絡先など重要なファイルの復元にも適用されます。

  • 操作はとても簡単です。最新のiOS 14を含むさまざまなiOSバージョンを搭載しているすべてのiOSデバイスと互換性があります。

無料で試す無料で試す

以下に、iMyfone D-BackでiCloudバックアップからボイスメモをアクセルし、復元する簡単なステップを示します。

ステップ1:ソフトをコンピューターにインストールした後、それを起動し、メイン画面から「iCloudバックアップから復元」を選択します。そして iCloudアカウントにログインします。

icloud ログイン

ステップ2:iCloudバックアップを選択してから、「次へ」をクリックします。

icloudバックアップ 選択

ステップ3:データの種類で「ボイスメモ」を選択し、「スキャン」をクリックして続行します。

icloud ボイスメモ 取り出す

ステップ4:スキャンした後、iCloudバックアップに保存されているすべてのボイスメモを確認できます。ニーズに応じて、取り出したいボイスメモを選択し、「復元」をクリックしてコンピューターに保存できます。

icloud ボイスメモ 復元

注意

iMyfone D-BackでiPhoneまたはiTunesバックアップから直接ボイスメモを復元することもできます。操作は上記と類似しています。

Tips:ボイスメモをバックアップする2つの方法

1iCloudでボイスメモをバックアップ

iCloudでボイスメモをバックアップするのはとても簡単ですが、iCloudからすべてのバックアップを復元しない限り、バックアップの内容が表示できないという制限があります。

1.「設定」アプリを開きます。

2.「ユーザー名」→「iCloud」をタップし、ボイスメモのバックアップをオンにします。

3.「iCloudバックアップ」をタップし、iCloudバックアップをオンにして、「今すぐバックアップを作成」を選択します。

2共有機能でボイスメモをバックアップ

iCloudバックアップからボイスメモを復元する場合、データが失われる可能性があるため、共有機能に利用してバックアップすることをお勧めします。ボイスメモは、電子メールまたはメッセージで共有して、コンピューター/ Macに導入できます。以下の手順に従ってください:

1.ボイスメモを開き、コンピューターに転送したいボイスメモを選択します。

2.三つのドットをクリックし、「共有…」を選択します。

3.Mac(MacBook Air、Proなど)の場合:AirDropアイコンが表示されたらすぐにクリックし、ボイスメモをダウンロードフォルダーに転送します。 Windowsの場合は、メールアイコンをクリックして、ボイスメモを自分のメールアドレスに送信して、コンピューターにそれをダウンロードするだけでいいです。

デメリット

ボイスメモは手動でコンピューターに一つずつしか転送できないため、長い時間がかかります。

終わりに

「iCloudはボイスメモをバックアップできるか」について解説しました。iCloudに保存されているボイスメモをアクセスする方法を紹介するソリューションも提供しました。iMyFone D-Backの無料試用版を使用すると、iCloudがボイスメモを成功にバックアップしできるかどうかを確認できます。また必要に応じて、大事なボイスメモをiCloudから復元可能です。

無料で試す無料で試す