iPhoneユーザーは急激に増加に伴い、現世では、より多くの重要な写真をiCloudストレージに保存していますが、iOSデバイス上の写真をうっかり削除していまうケースをよく遭いますか。事前にiCloudにバックアップしたら、それをデバイスに手軽く、かつ簡捷に復元できます。これも機種変更の際に写真を新しいiOSデバイスに導入する最善のソリューションです。

iCloudは便利の一方、データを復元する時に初期化する面倒が必要で、逆に不便だと思います。というわけで今回は、iCloudアカウントから写真・動画をダウンロードするさまざまな方法を紹介します。お役に立てれば嬉しいです。

1.iCloud経由で写真をダウンロードする手際

機種変更、アカウントの引き継ぎなどの場合は、パソコンを持っていない方も気軽に新しいデバイスへの写真を復旧できる措置があります。この方法はiCloudにサインインしてiCloud DriveをONにする必要があります。

iOSデバイスでiCloudを利用する場合:

詳細な順番は下記の通りです。

  • ステップ1:さきにiCloud Driveをオンにして、順に「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「写真」をタップします。
  • ステップ2:画面枠内で設定メニューの「iCloud写真」項目の横にあるスイッチをオフにしますをクリックします。
  • ステップ3:次に進んで、画面で「オリジナルをダウンロード」を選択して、それらの写真をコンピュータに読み込むと終わりです。

「オリジナルをダウンロード」を有効にする

操作にご注意

  • 「オリジナルをダウンロード」に設定すると、撮影した写真・ビデオがiCloudとiPhoneの両方に保存されます。
  • 「iPhoneのストレージを最適化」に設定すると、iPhoneで撮影したフル解像度の写真・ビデオはiCloudのみに保存され、iPhoneには低画質のサムネイル画像のみが保存されます。

2.iCloud.comから写真をダウンロードする手立て

iCloud.comから写真・動画をダウンロードする方法も頻繫に使用されています。iCloud.comの経由で写真・動画はHEIF/HEVCメディアファイル形式で抽出して、そしてPCに保存して、もしくはそれをサポートしているデバイスにアップロードします。

iOS端末の場合:

詳細な順番は下記の通りです。

  • ステップ1:さきにiCloud.comにアクセスし、 iCloudアカウントにログインして画面での「写真」->「選択してください」を順にタップします。複数の写真やビデオを選択するには、それらを次々にタップしていきます。
  • ステップ2:画面の左下にある歯車のアイコンをクリックし、ライブラリ全体を選択するには、順に「すべてを選択」->「ダウンロード」をクリックします。

icloud.com ホームページ

iCloud for Windows

iOS端末でエクスポートしたZIPファイルを開くには、HPでのiPhone、iPad、iPod touch でZIPファイルを開く方法をご参考ください。

デメリットまとめ

  • iDeviceを利用する場合はWi-Fi 環境が必要で、膨大な時間をかけるため、問題が起こる可能性があります。
  • データが必ずしも保証されるわけでは無い、なかなか起き得ないことではありますが、実際にはiCloudのシステムが故障した場合には、どうする事も出来ないのが事実です。
  • PCでiCloud公式サイトから写真の復元するとより安全ですが、メールを含めて少数の種類しか復元できません、復元する前にチェックすることもしかねます。

3.欠点を補う、復元せずに手っ取り早くiCloudから18種類以上のファイルを復元する

iCloudから写真を復元するには、よりいい替わりのソフトがあります!iMyFone社専用のD-Backというiosデータ復元ソフトを使って、手間なくiCloudからデータの復元ばかりでなく、事前にプレビューすることも、バックアップ無しさえ削除された18種類以上のデータを復元できます!

データ復元ソフト

ユーザー数: 8,000,000+ 人を超えた

D-Backが信頼できる理由

  • 「iOS復元専門家」:誤削除・不具合で復元できない或いはバックアップなしまでの場合は、iCloudの替わりに復元できます。
  • 「手間を省く」:プレビュー機能を備え、初期化しなくてもバックアップから写真などのデータを選択的に又は一括で復元できます。
  • 「幅広く対応」写真に限らず、動画連絡先メッセージなど18種類以上のデータを復元できます。
  • 「信頼できる保証」:無料で生涯アップグレードを保証できます!8,000,000+ユーザーが選んだ人気商品、iPhone 13/mini/Pro/Pro MaxやiOS 15を含めて、凡そすべてのiOS端末や最新のiOSバーションをサポートしています。

関連記事をご参考ください:「iMyFone D-Backは無料ですか?」の答えがここに!

写真を復元する詳しい手順

操作の面倒が嫌なら、iCloudから写真・動画を復元するチュートリアル動画もチェックしましょう。

写真や動画を復元する動画ガイド

ステップ1:はじめにソフトを起動して、プログラムでホーム画面の「iCloudから回復する」で「開始」をクリックして、iCloudにサイインインします。

iCloudから回復する

ステップ2:さらに、復元したいデータの範囲選択枠で、「写真」を指定し、スキャンを行います。

バックアップデータを選択する

ステップ3:終わりに、調べた結果画面に復旧したい写真の履歴を自由に選んで、右下隅の「リカバリー」をクリックして復元すると完了になります。

iCloud写真を復元する前にプレビューする

ご注意

  • ※ D-Backの「iOSデバイス / iTunesバックアップからリカバリー」機能を利用すれば、プレビューしながら18種類以上のデータを選択的に復元して、公式の作業より素早く済ませます!
  • ※ D-Backの機能を把握したい方は、iMyFone D-Back 使用ガイドご参考ください。

メリット・デメリットについて

判断目安 D-Back iCloud
安全性 より安全
18種類以上の選択肢だけを復元 ×
バックアップなしで復元 ×
iTunesバックアップから復元 復元前にプレビュー ×
復元前にプレビュー 一部がプレビュー可能
コンピューターの有無 必要 不要
難易度 簡単 複雑
値段 3,980円【生涯無料アップグレード】 5GBの無料ストレージ
推薦レベル

4.iCloudの復元に関するよくあるご質問

Q1iOS端末でiCloudから写真を復元する方法はいくつかありますか?

お勧めの対策は四つで、関連記事のiCloudから写真を復元する4つの方法(iOS 15サポート)を参考にしてください。

Q2iCloudから連絡先をダウンロードする方法を教えてください。

本文の手際と同じくて、関連記事のiCloudから連絡先などをダウンロードする方法を参考にしてください。専門回復ソフトで操作するとより高い安定性を保証できます。

Q3iCloudを使わずiPhoneを写真をバックアップする方法を教えてください。

状況に応じて復元する提案をいくつがあります。関連記事のiCloudを使わずiPhoneを写真をバックアップする方法を参考にしてください。

Q4削除されたiCloudバックアップを復元する方法?

復活可能です。ケースに応じて、関連記事の削除されたiCloudバックアップを回復する2つの簡単な方法をご参考ください。

Q5誤削除・不具合で写真を完全に削除してしまい、かつバックアップも取っていなっかた場合には、どうすればいいのでしょうか?

御心配無用、iOSデバイスから削除してもデータはスマホのストレージに残っているはずです。専門復元ソフトを使う限り、五年以上の過去データでも取り戻せます。関連記事の「最近削除した項目」から写真を復元する裏ワザを参考してください。

Q6D-Backの復元は無料で行えますか?

サードパーティ製ソフトの限り、業界では復元サービスは原則として有料となっております。ただし、無料体験版を提供してるため、復旧したデータをプレビューするまで無料で行けます。

最後に

いかがでしたか、iCloudの弱点を克服するには、iOSデータ復元する専門家に頼まなければなりません。バックアップに蓄積されている大事なデータは、不具合・紛失・機種変更時にトラブルを予防するために定期的にバックアップする必要がありますが、故障を避けたい、より安全及び速いツールを探す場合には、ぜひ「iMyFone D-Back」を試してみてください。