iMessagesをチェックする時、誤って重要なメッセージを削除したら、ほとんどの人がすぐに慌てて、どうしたらいいのか分からなくなります。最初のパニックは非常に正常なことですが、その後、問題を解決しなければなりません。誤ってiMessagesを削除した場合に対して、この記事では、iCloudのバックアップからiMessagesを回復する方法を教えてくれます。

デバイスを初期化してiCloudからiMessagesを復元

以下の方法を試す前に、まずはiCloudにiMessagesがバックアップされたかどうかを確認しましょう。バックアップをしていれば、iPhoneを初期化してバックアップを復元するだけでいいです。詳しくは以下の手順を参照してください。

ステップ1:デバイスのホーム画面から「設定」>「一般」>「リセット」の順に進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。そしてパスワードを入力して、デバイスの初期化を開始いたします。

ステップ2:初期化されたデバイスを起動して、「Appとデータ」画面が表示されるまでセットアップ画面の指示に従ってください。「iCloud バックアップから復元」を選択します。

ステップ3:iCloudアカウントをサインインし、バックアップファイルを選択します。復元が完了するまで、Wi-Fiネットワークに接続したままにしてください。

icloud バックアップ 復元

注意

iPhoneデータをiCloudバックアップから復元すると、iPhoneの既存データが上書きされます。そして、バックアップの中身や内容はいちいちチェックできないので、すべてのデータではなく一部のiMessageを復元したい場合、この方法が適切ではありません。もしすべてのデータを復元したくない場合、バックアップファイルからこれらのメッセージのみを復元する方法を提供します。

初期化せずにiMessagesのみをiCloudバックアップから簡単に復元

 デバイスを復元せずに失われたiMessagesを回復したい場合に対して、iPhoneのデータ復元ツールiMyfone D-Backを通じて、メッセージを復元できます。他のデータ復元ツールとは異なり、三つのステップでiCloudバックアップから、すべてのメッセージを元の状態で簡単に復元できるように設計されるものです。 

 iメッセージのほか、写真、メモ、ボイスメモ、LINEトーク履歴など、ほとんどのiOSデバイス上の22種類以上のデータの復元をサポートしています。復元する前にデータを無料でプレビューする機能が付いています。選択的に復元することで、一部のiMessagesだけを復元できます。

無料で試す無料で試す

以下の簡単なステップに従って、iCloudバックアップファイルからiメッセージを復元できます。

ステップ1:メインウィンドウで、「iCloudバックアップから復元」を選択し、「開始」をクリックします。iCloudアカウントにログインします。

 iメッセージ 復元ツール

ステップ2:次のウィンドウで、削除されたメッセージを含むiCloudバックアップファイルを選択します。「次へ」をクリックしてから、メッセージを選択して「スキャン」をクリックします。

iメッセージ スキャン

ステップ3:次のウィンドウ上で削除されたメッセージをプレビューし、選択してから、「復元」をクリックします。

imessage 復元

最後に

ここでは、iCloudからiMessageを復元する2つの方法を紹介しました。データを消去せずにiMessagesを選択的に復元できますので、 iMyfone D-Backを強くお勧めします。