質問
新しいiPhone 13を買いましたが、バックアップの復元できないことをびっくりしました。大切な写真と仕事の連絡先などどうしてもなくしたくない資料があります。しかもすべてのデータを手動で作成したくなくて、何かいいバックアップを復元できる方法があるなら、どうか助けてください!

新品または中古のiPhoneを入手したり、機種変更したり、iCloudバックアップを復元したい場合、何度も繰り返し試してみても、「バックアップを復元できません」しか表示されません。その後、iTunesに目を向けましたが、いくつかの不明な理由により、iTunesのバックアップも復元できません。この記事では、iPhoneに「バックアップを復元できません」と表示される理由と、iPhoneのバックアップを復元できない問題を修正する方法について説明します。

Part 1:バックアップを復元できるデータ

なぜ復元したいかというとiPhoneのバックアップで引き続けるデータは何かあるかを紹介しなければなりません。

バックアップはiTunesとiCloud二種類の方法で取ることができます。

  • iTunesとiCloud両方とも復元できるデータはカメラで撮影した写真や動画、アプリとそのデータ、ホームへの配置、SMS・iMessage、着信音、ボイスメモやApple ID で購入した音楽、動画のコンテンツがあります。
  • またiTunes のみ復元できるデータもあります。暗号化有、無と関わらない場合、通話履歴、壁紙の設定、カレンダーに記入した内容を復元できます。iTunes 暗号化がある場合、保存されたパスワード、Web Site 閲覧履歴、ヘルスケア情報をデータ復元できます。

ただし、注意する必要があるのはアプリやゲームによっては、データ移行に特別な手続きを求められることがあります。必ず引き継ぎたいデータがあるアプリ・ゲームについては、新iPhoneを変える前にに事前確認を怠らないようにしましょう。

Part 2:バックアップ復元に失敗した原因

iCloudからバックアップを復元できない場合

  1. Wi-Fiに繋がっていません。
  2. Apple IDを複数利用しています。

iTunesからバックアップを復元できない場合

  1. iOSとiTunesは最新版ではありません。
  2. PCのネット環境は不安定またはUSBポートの破損。
  3. 古いバージョンのiTunesを使用している、またはまたはディスク容量が不足していることが原因で発生するか、バックアップが破損したと互換性がないことが原因である可能性があります。

Part 3:バックアップを復元できない問題を修正する方法 

1 iTunesからバックアップが復元できない時の最高対策

iTunesからどうしてもバックアップを復元できない時、いろいろ試さなくても、すぐ復元できるようになるのはiMyfone データ復元ツールD-Backをご利用いただけたら、簡単にiPhoneを初期化しなくてもすぐ直します。iTunesの最高の代替品とも言えます。この復元ツールの主な機能を簡単に紹介させていただきます。

データ復元ソフト

8,000,000+ Downloads

iMyFone D-Backをおすすめする理由:

  • 機種変更、不具合で復元できないまたはバックアップを取っていない場合は、LINEトーク履歴の復元が可能です。
  • LINEのトーク履歴をプレビューしながら、選択的に復元するか、一括で復元することができます。
  • LINEのトーク履歴以外、写真やビデオ、連絡先、WhatsAppなど18種類以上のデータを復元できます。
  • 最新のiOS 15とすべての iPhone / iPad / iPod touch(iPhone 13 / mini / Pro / Pro Maxを含む)をサポートします。

バックアップを復元する手順は以下の通りです。

Step 1. iMyFone D-BackをダウンロードしてPCにインストールします。 完了したら、アプリケーションを起動してiPhoneを接続します。「iTunesバックアップからリカバリする」を選択します。

itunesバックアップ データ 復元

Step 2. 「開始」をクリックし、復元したいデータを含むiTunesバックアップファイルを選択し、「次へ」をクリックします。

itunesバックアップを復元

Step 3. 表示されるウィンドウで、チェックしたいデータの種類を選択した後、「スキャン」をクリックします。

itunesバックアップをスキャンする

Step 4. データの検索が完了すると、iTunesバックアップの中にあるデータがすべて表示されます。必要なデータを確認してから「リカバリーする」をクリックしてPCに保存します。

itunesバックアップをスキャンする

2 別のUSBポート、PCを使い復元する

iTunesからバックアップを復元できない原因はバックアップの破損とは限りません。下記の簡単な行為を行えば、バックアップを復元できる可能性があります。

USBポートの故障はよくあることです。その際USBポートを確認するため、ライトニングケーブルを別のUSBポートに接続してみましょう。機会があれば、PCの故障を除外するために、別のPCを使ってiTunesからバックアップをもう一度復元してみる必要があります。

3 iOSを最新バージョンにアップデートする

iTunesからバックアップを復元できない場合は、iOSのバージョンを確認してみましょう。もし使用しているiOSが古いバージョンのであれば、最新バージョンへアップデートすることで復元が正常にできる可能性があります。

iPhoneのiOSバージョンの確認、アップデートは以下の通りです。

  1. ホーム画面で設定アプリを開きます。
  2. メニュー一覧から「一般」を選択して、次の画面で「ソフトウェア・アップデート」を選択します。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」画面で現在のiOSバージョンが表示されます。最新バージョンであれば「お使いのソフトウェアは最新です」と表示され、古いバージョンであれば最新バージョンへのアップデート画面が表示されます。

iOSを最新バージョンにする

4 iTunesを最新バージョンにアップデートする

iTunesのバージョンも確認してみてください。iPhoneと同様に、バージョンが古いことが原因かもしれませんので、最新バージョンへアップデートする必要があります。

iTunes(Mac)のバージョン確認・アップデート:

  • 1. MacパソコンでApp Storeを開くことから始めます。
  • 2. 次に、「アップデート」をクリックし、更新が利用可能かどうかを確認します。更新が利用可能になったら、それをインストールします。
  • 3. iPhoneを復元できるかどうかを確認します。

iTunes mac版を最新バージョンにする

iTunes(Win)のバージョン確認・アップデート:

  • 1. iTunesを開き、上からメニューバーの「ヘルプ」をクリックします。
  • 2. 「更新プログラムを確認」を選択します。 次に、利用可能な場合は最新バージョンをインストールします。

iTunes Win版を最新バージョンにする

5 Wi-Fi接続の安定性を確認する

iCloudからバックアップを復元したい時、Wi-Fiの接続が必要です。接続していないか、電波は悪いかなどの原因で、復元がうまく順調に進まない可能性があります。自身のネット環境を確認し、または別のネット環境でもう一度試してみましょう。

6 Apple IDとiPhoneの一致性を確認する

iCloudからバックアップを復元したい場合、Apple ID&パスワードを入力することが必要です。iPhoneの使用歴が長い人は、Apple IDを複数利用している可能性があります。

バックアップの復元するとき、Apple ID・パスワードの入力が必要にですが、複数のApple IDを持っている人は正しい入力できず、復元が停まってしまっているのかもしれません。いくつものApple IDを持っている人は、どのIDがご利用のスマホのIDなのかを事前に確認をしておきましょう。

結論

本記事では「iPhoneのバックアップを復元できない時の原因と対処法」を紹介しました。iTunesとiCloudからバックアップを復元できない原因は多くありますが、いろいろ試さなければなりません。ここでは、一番操作しやすいし、iPhoneを初期化しなくても簡単に復元できるバックアップを復元ツールiMyFone D-Backを強くお勧めします。ダウンロードして使ってみましょう!またiCloudから写真を復元したい場合、iCloudから写真を復元する4つの方法(iOS 15サポート)をご覧ください、お役に立てれば幸いです。