iPadがいきなりに「圏外」「検索中」になった経験がありますか?電波が「圏外」になると、電話ができなくなったり、モバイルデータ通信も出来なくて恐ろしいでしょう。今回は、iPadが「圏外」または「検索中」と表示した時の直し方を紹介します。

方法1:機内モードの切り替え

iPadに「圏外」が表示された場合、最初に試すべきのは機内モードを切り替えることです。機内モードをオフにしてからオンにするだけで、「圏外」バグなどを直し可能です。

ipad 機内モード

設定方法一:iPadを開き、右上)からスワイプし、コントロールセンターを開きます。上部の飛行機のサインをタップし、機内モードがオンになります。30秒に置いてから、機内モードをオフにします。

設定方法二: ホーム画面から【設定】を開き、【機内モード】でのスイッチを有効します。30秒程度時間を置いて、スイッチを無効に切り替えます。

うまくいけば、機内モードを切り替えるだけで問題が解決されます。それでも「圏外」が表示される場合、デバイスの再起動を試しましょう。

方法2:iPadの再起動

機内モードを試した後、iPadの「圏外」または「検索中」バグが修正されない場合、デバイスを再起動して見てみましょう。

手順1:スライダーが表示されるまで、iPadの電源ボタンを押し続けます。

手順2:スライダーが画面に表示された後、それをスワイプし、デバイスの電源を切ります。

手順3:しばらく待ってから、電源ボタンをもう一度押し、デバイスの電源を入れます。

ipad 再起動

方法3:ネットワーク設定をリセット

iPadのネットワークを工場出荷時の設定にリセットすると、iPadの「圏外」バグを含む多くのWi-Fiの問題を修正できることが報告されています。

 【設定】》【一般】》【リセット】の順にタップして、次の画面で【ネットワーク設定をリセット】をタップします。画面指示に従って、パスコードを入力してから再度確認し、ポップアップメッセージにも「同意」をタップします。

ネットワークをリセット

ネットワーク設定に本当に問題があった場合、リセット後にiPadが正常に作動できます。そのため、リセットが完了すると、デバイスを再起動してください。

方法4:利用可能なソフトウェアアップデートをチェック

iPadの「圏外」「検索中」バグが現れる時、まずiOSのアップデートを考えに入れるでしょう。無論、その前に利用可能なアップデートがあるかどうかを確認する必要があります。 

iOSデバイスをアップデートする方法は二つありますが、「圏外」バグがあるため、OTAでアップデートできません。従って、iTunesでアップデートするしかないです。

  • 手順1:iPadをUSBケーブルでコンピューターに接続します。iTunesを開きます。 
  • 手順2:iTunesパネルで、デバイスアイコンを選択して【概要】をクリックし、【アップデートを更新】をクリックします。
  • 手順3:次に、【アップデート】をクリックします。パスワードの入力を求められるなら入力してください。

ipad アップデート

iOSを最新バージョンにアップデートすることは役立つが、すべてのデータが消去される可能性があります。アップデートを開始する前に、必ずバックアップを作成してください。

方法5:プロのツールでiPadOSを修復

iPadOSのアップデートは確かに一つの処理方法であるが、新しいものは通常いくつかの変更を加えるから、古いバージョンに慣れた、またはデータの損失が嫌い人もいらっしゃるでしょう。

したがって、ソフトウェアに関連する問題を修正する最高の方法は、プロのiOS修復ツールiMyFone Fixppoを使用することです。iPadのすべてのiOS問題を修正できます。

fixppo iOS不具合修復

DL数8,000,000回突破

  • データを損失無しでiPad「圏外」「検出中」の問題だけではなく、リンゴループ、画面フリーズ、アップデート/ダウングレードなどの問題も修正できます。
  • 操作はとても簡単です。自宅でもiPadのトラブルシューティングを行うことができます。
  • iOS/iPadOS 14および12.9インチiPadProなど、すべてのiOSおよびすべてのiPadにサポートされます。
  • CNET、MUOなどの多くのメディアサイトから信頼され、推奨されています。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ステップ1.コンピューターにiMyFone Fixppoをダウンロードし、インストールし、起動します。二つのモードが利用可能ので、「標準モード」を選択します。 

ipados修復

ステップ2.次に、iPadをコンピューターに接続し、「次へ」をクリックします。

ipad 接続

ステップ3.Fixppoは自動的にインターネット上で検索し、検索結果を表示します。適切なものを選択し、「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ4.ダウンロード後、「開始」をクリックしてiPadOSの問題を修正します。修復が完了すると、iPadを再起動し、ネットワークが接続できます。 

ipad 修復完了

iMyFone Fixppoを使用している場合、iPadOSの最新バージョンをアップデートする必要はありません。元のバージョンで作業し、すべてのデータを保持するまま、問題を修正できます。 

方法6:すべてが失敗した場合、Appleサポートに連絡してください

上記の修正はすべて自宅で行うことができますが、修正できない問題がいくつかあることも否定できません。問題が深刻すぎる場合、専門家に助けを求める必要があります。

水による損傷やベースバンド信号の損傷などの物理的な損傷がある場合、iPadをAppleサポートに持って行き、修理を依頼する必要があります。使用時間が短く、また保証期間内にあるなら、心配する必要はありませんが、保証期間外にあるなら、修理費用を支払う必要があります。

結論

ハードウェアが問題ある場合、デバイスをAppleサポートに持っていく必要があることに違いないです。しかし、ソフトウェアは問題ある場合、自宅で簡単な解決策を試してください。特にiMyFone Fixppoはプロの修理ツールが最も便利な選択であるので、強くお勧めします。

無料ダウンロード 無料ダウンロード