ネットに接続しているのに、App Storeを開く時にいきなり「App Storeに接続できません」と表示され、「再試行」ボタンをタップしても全く効果がありません。iPadやiPhoneユーザーなら、このような経験はありますか?

ゲーム、SNSアプリ、YouTubeなど、App Storeから入手できるアプリは山ほどあります。急に接続失敗して使えなければかなり不便でしょう。

そこで今回は、iPhoneまたはiPadでApp Storeに接続できない時の原因と対処法をまとめて紹介しています。

iPhone iPad App Storeに接続できません

結論から言えば、Part 3の方法は強力的でApp Storeに接続できない問題を修正できる可能性が一番高いです。事前に基本処置を行ってもこの問題を解決できないなら、目次で直ちにシステム修復の部分に飛ぶことがおすすめです。

Part 1.なぜApp Storeに接続できないのか?

iPhoneやiPadがアップルストアに接続できない理由はさまざまあるが、大体以下の3種類に分けられます。

  • App Store側の問題
    アプリの一時的な不具合、サーバーの混雑などが出来た時に大規模な接続障害が起きる可能性があります。
  • ネット接続の不具合
    WiFiまたはモバイル通信の自体に問題があるか、ネット設定が不適切か、Appストアに接続できないエラーを引き起こします。
  • デバイス側のトラブル
    データの蓄積やシステムのエラーなど、iPhoneまたはiPad自体の原因でApp Storeに接続できません。

Part 2.iPhone・iPadがApp Storeに接続できない時の対処法 ー 基本

以下はいくつかの処理対策を説明します。それらを試した後、役に立たない場合、Part 3で紹介するサードパーティのツールの利用がお勧めです。それでは、始めましょう。 

1App Storeを再起動

App Storeに接続できない時に、まずはこのアプリの一時的な不具合があったと考えましょう。これを解消する一番簡単の方法はアップルストアを再起動することです。

モデル別に、iPhoneやiPadのホームボタンを2回押すか、画面の下側から上にスワイプするか、起動しているアプリ一覧を開きます。そこでAppストアを上にスワイプして閉じて、後はホーム画面でそれをタップして開いて接続状況を確認しましょう。

アプリ 閉じる

2Apple公式でApp Storeのシステム状況を確認

時々、App Store側のサービスが利用できないことがあります。この場合は、大規模な接続障害が起きます。そのため、一度アップル公式サイトでシステム状況を確認しよう。

Apple システム状況

もしApp Storeで不具合があれば、それが正常に機能するまで待つしかないです。

3Apple IDの再サインイン

アカウントを再サインインすれば、App Storeに接続できない問題を解決できることが報告されます。Apple IDを使用してApp Storeにサインアウトしてからサインインしてみてください。

  • ステップ 1:ホーム画面から「App Store」を開きます。 
  • ステップ 2:画面右上のアカウントアイコンをタップします。
  • ステップ 3:下にスクロールして、一番下にある「サインアウト」を選択します。
  • ステップ 4:しばらく待ってから、もう一度ログインします。

App Store サインアウト

4日付と時刻を自動的に設定

App Storeのアクセス許可と機能は国や地域によって異なるため、誤った日時設定によってApp Storeにアクセスできなくなる場合があります。以下は修正手順を示しています。

  • ステップ 1:「設定」に移動し、「一般」をタップします。 
  • ステップ 2:「日付と時刻」をタップします。
  • ステップ 3:次に、「自動設定」に選択します。

日付と時刻を自動的に設定

日付と時刻を正しく設定すると、問題が修正される可能性があります。

5ネットワークを接続し直す

iPhoneやiPadがApp Storeに接続できないのは、ネットワークが安定していない可能性があります。モバイル通信とWiFiの切り替え、再接続を試してみてください。また、機内モードのオンオフやネットワーク設定のリセットも改善方法の1つです。

ネットワーク設定をリセットする方法

  • ステップ 1:「設定」に移動し、「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順でタップします。 
  • ステップ 2:パスコードを入力します。
  • ステップ 3:確認メッセージでもう一度確認します。

ネットワークをリセット

6デバイスをハードリセット

iPhoneまたはiPadがApp Storeに接続できない場合、ハードリセットするか、強制的に再起動することを試してみましょう。モデル別の手順は次のようです。

iPhoneの場合

  • iPhone 6以前:電源ボタンとホームボタンを10秒以上長押しします。
  • iPhone 7シリーズ:電源ボタンと音量を下げるボタンを10秒以上長押しします。
  • iPhone 8以降:音量を上げるボタンを押したらすぐ放し、音量を下げるボタンを押したらすぐ放します。後はAppleロゴが表示されるまでサイドボタンを押します。

iPhone 強制再起動

iPadの場合

  • ホームボタン搭載のiPad:ホームボタンと電源ボタンを同時に押し、Appleロゴが表示されるまでそのまま押し続けます。
  • Face ID搭載のiPad:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。そして、デバイスが再起動するまで電源ボタンを押し続けます。

iPad 強制再起動

Part 3.まだApp Storeに接続できない?システムを修復しよう ー 効果的

上記のすべての操作を試した後、まだ「App Storeに接続できません」と表示され、iPhoneやiPadがApp Storeに繋がらないままの状態なら、デバイスのサーバーが何か問題があるかもしれません。こんな場合、「iMyFone Fixppo」というプロなソフトを使ってシステムを修復するのは可能です。

Fixppoのおすすめ理由!

Fixppo iPhone不具合修復

800万以上のダウンロード

  • 【データを失わない】既存のデータを損害しないでApp Storeに接続できない問題を修正できます。また、リンゴループ再起動の繰り返し、画面真っ暗など50以上のソフトウェア関連の問題も解決できます。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。
  • 【成功率が高い】システム関連の問題を確実に解決できる2つの修復モードを提供して、iTunesでは解決できない問題の改善にも役立ちます。
  • 【完全な互換性】WindowsとMacの両方とも使えて、最新のiPhone 13シリーズ/iOS 15を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポートします。

Fixppoを使用してアップルストアに接続できない問題を修理する手順

ステップ 1.上記のボタンをクリックしてソフトをダウンロードします。起動したら、ホーム画面の3つの修復モードから「標準モード」を選択します。

Fixppo 標準モード

ステップ 2.Appストアに接続できないiPhoneあるいはiPadをパソコンに繋がります。デバイスが検出された後、「次へ」をクリックします。

デバイス 接続

ステップ 3.利用可能なファームウェアが表示されます。1つを選定して、「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 4.ダウンロードが完了したら、「開始」をクリックすると、App Storeに接続できない問題の修復が始まります。

ipad 修復完了

完了すると、デバイスを再起動し、App Storeに接続できるかどうかをチェックしましょう。


終わりに

ここまでiPhoneとiPadがApp Storeに接続できない問題を修正する効果的な方法を紹介しました。心当たりのある人は、ぜひこの記事を参考にして、App Storeに繋がるように状況を改善していきましょう。

問題が大きく、或いはソフトウェアに問題ある場合、専門の不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」が依然として最高の選択に違いないです。ぜひここでダウンロードして試してみてくださいね!