質問
iPhoneの問題についてお聞きしたいことがあるのです。昨日、iPhoneの画面がいきなりチカチカして点滅しているようになりましたけど、何度も再起動などを試したが、効果がありませんでした。あまり詳しいことはわからない人間なので対処法を教えていただきたいです。

多くのAppleユーザーは、iPhoneの画面のちらつきの問題に直面したことがありますね。幸いに、iPhone画面のフラッシュ問題を修正するために使用できる方法が多くなります。本記事では、スマホ画面がチカチカになる原因と対策を詳しく解説します。

Part 1. iPhoneの画面がちらつく理由

iPhoneの画面がちらつく理由はたくさんあるが、具体的にはソフトウェア不具合とハードウェア損害の2つに分けられます。

1ソフトウェア関連問題

  • iPhoneのソフトウェアにエラーが発生する可能性はあります。ソフトウェアが破損しているか、iOSのアップデートにバグがあることによって、iPhoneの画面がチカチカと見えます。(最速のiOS修復方法へ)
  • iPhoneのストレージが不足しているなど、メモリの問題がある場合、デバイスのディスプレイが応答しないか、パフォーマンスが低下するか、各種の問題が発生する可能性はあります。
  • インストールしたアプリとiOSの相性が悪い場合は、iPhoneがクラッシュする、画面がちらつく、アプリが遅れるなどの問題が発生するかもしれません。

2ハードウェア関連問題

  • バッテリーの経年劣化や膨張によって、iPhone内部の電力供給が不安定になっています。そのため、画面がチカチカと点滅しています。
  • 液晶画面や環境光センサーの故障がある場合、iPhone画面の明るさが正常に調節できなくなて、フラッシュ問題が起きました。
  • ディスプレイ回路基板のコンポーネントの破損による原因もあります。iPhoneを落としたり、水に浸したりした場合、すぐに気付かないかもしれませんが、デバイスに損害を与えた可能性がありますよ。

Part 2. iPhoneの画面のちらつきの問題を修正する方法

以上の問題を簡単に解決できる方法6選をそれぞれ説明していきます。

1データ損失なしでiPhone画面のちらつきを修正する

iPhone画面のちらつきが頻発すれば、iOSに不具合がある可能性が一番高いです。この場合、最も手軽にそれを修復する方法はプロなiOS修復ソフト「iMyFone Fixppo」を使うことです。これは、iPhoneやiPadを含む、すべてのAppleモデルとバージョンに適用できるツールです。さまざまなiOSの問題を修正でき、デバイスを通常の機能状態に戻させます。

Fixppoが最高のiOS修復ツールと呼ばれる理由

Fixppo iPhone不具合修復

800万以上のダウンロード

  • 【幅広く対応】iPhone 13、12、11、Xおよび7.0から最新のiOS 15までのiOSバージョンを含むすべてのiOSデバイスと完全に互換性があります。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。
  • 【修復率が高い】2つの修復モードがあり、100%の成功率でiOSのさまざまな問題を修正できます。
  • 【多様な問題が修復可能】iPhoneの電源が入らない、フリーズする、復元されない、黒い画面や白い画面などの不具合が修理できます。

Fixppoを使ってちらつきのiPhoneを修理する手順

ステップ 1.上記のボタンからソフトをダウンロードして起動します。ケーブルでiPhoneをコンピューターに接続し、ホーム画面から「標準モード」をタップします。

標準モードを選択

ステップ 2.デバイス情報と利用可能なファームウェアが検出されますので、確認ができたらそれをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ 3.「開始」ボタンをクリックして修復作業を実行します。数分後、iPhoneはリカバリーモード状態から復元して再起動します。

iPhone 修復完了

2iPhoneを強制再起動する

iPhoneで発生するほとんどの問題は、再起動するだけで修正できます。iPhoneモデルによって操作は異なるので、下の画像を参考にしてください。また、十分な電力を持つこと、またバッテリーが故障していないことを確認する必要があります。

iPhone 強制再起動

3iPhoneメモリのステータスを確認する

iPhoneの内部ストレージがプロセスを実行するのに不十分な場合、故障が出る可能性があります。iPhoneの画面がちらつくこと以外、画面がフリーズしたり、応答しなくなったりする場合があります。そのため、「設定」>「iPhoneストレージ」に移動して、一応iPhoneの容量状態を確認してみよう。

iPhoneのメモリストレージ

メモリのステータスがほぼいっぱいになったら、古いテキストメッセージやメディアファイル、他の役に立たないファイルや保存されている詳細データなどを削除する必要があります。また、アプリとiPhoneの相性の不具合を避けるために、最近インストールしたアプリを一回削除してみましょう。

4明るさを下げてiPhone画面のちらつきを修正する

iPhoneの明るさを下げると、iPhone画面の一時的なちらつきを簡単に修正できる可能性があります。次の手順を実行します。

ステップ 1.iPhoneの設定に移動し、「ディスプレイと明るさ」まで下にスクロールします。

ステップ 2.iPhoneの明るさを可能な限り下げてから、自動輝度調整を無効にします。

ステップ 3.その状態を約10分間維持し、明るさを元の状態に戻します。これにより、iPhone画面の点滅が停止します。

iPhoneの明るさを下げる

5iPhone画面表示を調整

これも、iPhoneの画面のちらつきに対する一時的な解決策です。タッチスクリーンが反応しない問題や画面がちらつく問題を解決できる場合があります。手順は次のようです。

ステップ 1.デバイスの設定に移動し、「アクセシビリティ」をタップします。

ステップ 2.「画面表示とテキストサイズ」をタップします。

ステップ 3.「コントラストを上げる」と「透明度を下げる」設定をオンにします。

iPhone画面表示を調整

Part 3. ハードウェア問題でiPhoneがちらつく場合の解決策

以上の方法を試してもiPhone画面のちらつき問題が解決しない場合は、ハードウェアに問題がある可能性があります。次の方法で問題を解決してみよう。

  • 画面にほこりや汚れがたまると、デバイスのタッチスクリーンが反応しなくなり、ちらつきの問題が生じる可能性があるため、iPhoneの画面がきれいであることを確認してください。
  • 欠陥のあるLCD画面によって、デバイスがフリーズしたり、画面が応答しなくなったり、使用時にチカチカと点滅する可能性があります。この場合はやはり専門の修理店に行って修理したほうがいいです。

まとめ

本記事ではiPhone画面のちらつき問題の原因と対処法6つを詳しく説明しました。その中で、iOS不具合解消ツール「iMyFone Fixppo」は一番安全で有効な対策なので、iPhoneがチカチカと点滅する場合はぜひここで一度ダウンロードしてご利用くださいね。