最近、一部のユーザーからiPhoneで写真を共有できないことが報告されています。AirDropで写真を共有しようとすると、画面に「共有の準備中にエラーが起きました。あとでやり直してください」というエラーメッセージが表示されます。

インターネット接続の問題や、iOSシステムの問題など、iPhoneで写真を共有できないエラーを引き起こす可能性があります。もし同じ問題に悩むなら、この記事を読み続けてください。AirDropで写真を共有できない問題を修正する最も効果的な解決策を提供します。

続いては簡単の対処法から解説し始めるが、結論といえば、最もおすすめのは方法3です。事前に基本処置を実行したり、修復率が高い対策を探したりする方は、直ちに目次でその部分に飛べばいいです。

AirDropで写真を共有できない時に確認すべき3つのこと

1.インターネット接続をチェックする

iPhoneで写真を共有するには、安定したインターネット接続が必要です。それによって、何よりも最初にチェックする必要があるのはインターネットの接続です。

セルラーデータを使用している場合、Wi-Fiネットワークの接続に変更してください。Wi-Fiを使用している場合、別のWi-Fiに切り替えてください。

wifi 接続

2.低電力モードをチェックする

周知のように、低電力モードがオンになる場合、写真が共有できない可能性はあります。「設定」>「バッテリー」>「低電力モード」に移動し、それがオンになっている場合、オフに切り替えましょう。

iphone 低電力モード

3.iCloudフォトライブラリの設定をチェックする

iCloudの原因で写真が共有できない場合もあります。その際は、iCloud写真を一度オフにしてからオンにします。そうすると、問題が修正される可能性はあります。

iCloud 写真

AirDropで写真を共有できない問題を修正する

上記の簡単なチェックでこの問題を修正できない場合、次の高度な方法をお勧めします。

方法1.サインアウトしてiCloudアカウントにログインする

iCloudで写真を保存している場合、iCloudアカウントからサインアウトしてからもう一度サインインすると、問題がたやすく解決される可能性があります。

ステップ 1.設定を開き、「ユーザー名」をタップします

ステップ 2.下部にある「サインアウト」をタップします。

ステップ 3.数分待ってから再度ログインして、問題が解決したかどうかをチェックしてください。

icloud サインアウト

方法2.iPhoneを強制的に再起動する

それでも解決できない場合は、iPhoneを強制的に再起動しましょう。iPhoneを強制的に再起動することは異常な動作を解除するのに役立ちます。

iPhone 8以降の場合-音量大ボタンを押してすばやく放し、音量小ボタンで同じ操作を行います。次に、Appleロゴが画面に表示されるまで電源ボタンを押し続けます。

iPhone 7シリーズの場合-Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量小ボタンを押し続けます。

iPhone 6s以前の場合-画面にAppleロゴが表示されるまで、ホームボタンと電源ボタンを押し続けます。

iPhone 強制再起動

方法3.データを失うことなくiPhoneで写真を共有できない問題を修正する

上記のすべての解決策が失敗した場合、サードパーティのiOSシステム修復ツールがお勧めします。その中に、最高の選択は効果的で使いやすく、優れた機能を備えた「iMyFone Fixppo」です。

Fixppoの特徴4選!

Fixppo iPhone不具合修復

800万以上のダウンロード

  • 【データを失わない】既存のデータを損害しないで写真共有できない問題を修正できます。また、リンゴループ再起動の繰り返しなど50種類以上のソフトウェア関連の問題の解決にも役立ちます。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。
  • 【修復率が高い】iTunesでは解決できない問題でも、iOSシステム関連の問題を確実に解決できる2つのリカバリモードを提供します。
  • 【幅広く対応】最新のiPhone 13シリーズ/iOS 15を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポートします。

データ損失なしでiPhone写真共有できない問題を修理する手順

ステップ 1.上記のボタンからFixppoをパソコンにダウンロードして起動します。次に、「標準モード」を選択して開始します。

Fixppo 標準モード

ステップ 2.USBケーブルでiPhoneをコンピューターに接続します。iPhoneモデルが検出されると、いくつかのファームウェアオプションが提供されます。その中で1つを選択して「ダウンロード」をクリックしてください。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 3.ファームウェアがダウンロードした後、「開始」をクリックすると、iPhoneの修復が始めます。 

iPhone修復率 開始

修復は数分かかります。その後、iPhoneは自動的に再起動するが、順調に写真が共有できるようになるはずです。


まとめ

iPhoneでAirDropを使って写真を共有できない問題が発生する場合、上記の解決策が問題が役立つことを期待しております。他にもっと良い解決策がある場合は、下のコメント欄に記入してください!

写真は共有できないことは大した問題ではないので、たやすく修正できます。もし基本処置を実行しても解決できない場合は、ぜひ推薦したiOS不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」をダウンロードして試してみましょう!