「しまった!iPhoneが起動しなくなった!」と、iOS 15アップデート後に、予期せぬトラブルに見舞われることもありますよね。日常生活に不可欠のスマホは急に立ち上がらなくなったら、きっと不便でしょう。

幸いなことに、iOS更新のエラーを含め、各種の原因によるiPhoneが起動できないという問題は修理店に行ってなくても解決可能です。本記事では、その起動失敗のiPhoneを修復する色々な方法をまとめて解説します。早速問題を明らかにして自分で修理してみましょう!

Part 1.iPhoneが起動しない原因は?

迅速にiPhoneが立ち上がらない問題を解決するために、起きる主な原因を把握するのは必要です。ここではいくつか挙げるが、参考にしながら対応の対策法に飛びましょう。

  • iPhone電池の不具合
    バッテリーが経年劣化したり、非正規品の充電器を使用したりすることによって、iPhone内部で電力が供給されなくなった。(対応の解決法へ)

  • iOSシステムの故障
    iOS更新やバグ、スペックの低下など、何らかの要因でシステムにエラーが発生してiPhoneが起動できません。(対応の解決法へ)

  • iOSアップデート失敗
    更新する途中でWI-FIか電源か切れてアップデートは実際に失敗しました。(対応の解決法へ)

  • 部品などハードウェア損害
    水没や衝撃、物理的な損害によってiPhoneの基盤、画面が正常に作動できません。この場合は、専門の修理店にいかなければなりません。

iPhoneが急に起動しない原因は大体この4つがあります。

Tips.iPhoneが立ち上がらない違う状況

これからはiPhoneが真っ暗になって完全に起動できない問題に対する解決法を紹介するが、別の起動関連のエラーは以下の記事で確認してください!

Appleロゴはずっと表示されるようにiPhoneが起動しない ➡ 関連記事:『iPhoneリンゴループの原因と直し方の6つを解説!』

iPhoneが起動してから電源が落ちて、後は自動的に再起動する ➡ 関連記事:『iPhoneを再起動の繰り返しから復元する6つの対策』

画面で歯車アイコンが出来てiPhoneが起動しない ➡ 関連記事:『iPhoneがぐるぐるフリーズして再起動できない時の対処法』

Part 2.iPhoneが起動しない時の対処法5選

続いてはそれぞれの対策を詳しく見てみよう。

1iPhoneをしっかりと充電

ばかばかしいことかもしれませんが、iPhoneが起動しないのはバッテリーが死んでいるからかもしれません。間違った充電器を気づかず使っていたかもしれませんし、コンセントが充分に機能していなかったかもしれません。

そのため、お手持ちのiPhoneを他の方法で充電してみてください。接続したらきちんと充電画面が表示されるか確認し、その後起動できるまで充電してください。

電量不足

2iPhoneを強制的に再起動

iPhoneが全く応答せずスクリーンが起動しません!さらに、充電器に繋いでも充電画面にもなりません!この場合、強制的に再起動してみましょう。手順は以下の通りです。

  • iPhone 6s以前の場合は、スリープ/スリープ解除ボタンをと音量ダウンボタンを同時に押し、Appleロゴが出るまで長押しし続けます。
  • Phone 7とiPhone 7 Plusの場合は、音量を下げるボタンとスリープボタンを同時に押し、Appleロゴが出るまで長押しし続けます。
  • iPhone 8/8Plus/X以降の場合は、音量を上げるボタンを押してからすぐ離れ、音量を下げるボタンを押してからすぐ離れ、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhoneを強制再起動する


Appleロゴが出たら、お手持ちのiPhoneは正常に起動するはずです。もし、起動するのに正常に動作しなかったり、正常に立ち上がらない場合、特別なソフトウェアを用いるなどの手段が必要になります。

3アップデートによるiOS不具合を修復

もしiOS 15にアップデートした後、お手持ちのiPhoneが全く応答しないわけでなく、バッテリーも充電できているのに起動だけしない場合、システムまたはソフトウェアにエラーが発生した可能性が高いです。こんな時に、iOS不具合修復ソフト「iMyFone Fixppo」を使う方法があります。このツールはお手持ちのiPhoneを瞬時に修復できる多くの機能を備えています。

iPhone修復ツール

8,000,000+ Downloads

優れた特徴4選!

  • 【幅広く対応】最新のiPhone 13を含む、すべてのAppleモデルがiOS 15や以前のバージョンにアップデートした後で起動しないという問題を解決できます。
  • 【データを失わない】標準モードでデータを全く消去せずにiPhoneを修復することが可能です。
  • 【修復率が高い】iOSシステム関連の問題を確実に解決できる2つの復元モードを提供します。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ではありません。初心者でもワンクリックでiOSシステム修理できます。

Fixppoを使って起動しないiPhoneをデータを消去せずに修復する方法

ステップ 1.上記のボタンでソフトをダウンロードして起動したら、iPhoneをコンピューターに接続し、「標準モード」をクリックします。

標準モードを選択する

※ デバイスをリカバリーモードまたはDFUモードにすると要求画面が出たら。画面の指示に従って操作してください。

iPhoneをDFUモードにする

ステップ 2.ソフトウェアが最新のファームウェアを見つけ出すので、「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ 3.ダウンロードが完了後、「開始」ボタンをクリックすれば、そこからは、ソフトウェアが全てやってくれ、問題を解決してくれます。プログラムの動作が全て終わるまでデバイスを抜かないでください。

修復完了

もっと強力の方法で立ち上がらないiPhoneを修復する方法

もし最悪な状態で、標準モードも修理できない場合、最初の画面で「アドバンスドモード」を選択して、一からiOSを再インストールしましょう。手順は標準モードとほぼ同じです。しかし、この方法ではiPhoneの全てのデータを消去してしまうので気を付けてください。

アドバンスモードを選択する

この「アドバンスモード」を実行すると、iPhoneがハードウェア方面に問題がなければ、iOSのトラブルがすべて解決されるはずです。

4iTunes経由でiOS更新

もしiOSの新しいバージョンに更新する際に、何か問題が発生してアップデートが失敗すれば、iPhoneが起動できない可能性があります。その時、本体だけでアップデートすることではなく、iTunesを使って成功にiOSをアップグレードできると立ち上がらない問題が解説できます。

具体的な操作は次のようです。

  • iPhoneをiTunesがインストールされたパソコンに接続します。
  • パソコンでiTunesを起動して、左上のアイコンをクリックします。
  • 概要画面に移動されたら、「アップデート」をクリックして、表示されたポップアップで「アップデート」を選択します。
  • 続いて、画面指示に従って操作すれば、最新iOSのダウンロードとアップデートが始まります。

iTunes iPhone アップデート

5iPhoneをリカバリーモードにさせる

iPhoneが起動しないを修復するための最後の手段は、iTunesでリカバリモードを使用してiPhoneを初期化することです。この方法を使うとiPhone既存のすべてのデータは消えてしまうので、ご注意くださいね。

  • iPhoneをパソコンに接続し、iTunesソフトウェアを開きます。
  • iPhoneをリカバリーモードにします。
    iPhone 6/5の場合、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に長押しします。
    iPhone 7の場合は、スリープ/スリープ解除ボタンと音量小ボタンを長押しします。
    iPhone 13を含むiPhone8以降の場合は、音量大ボタンと音量小ボタン押した後、サイトボタンを長押しします。
  • リカバリーモード画面になったら、ボタンを放します。 iPhoneがリカバリモードで検出され、復元する必要があることを通知するポップアップメッセージが表示されます。
  • 次に、「復元」をクリックすると、iTunesはすぐにソフトウェアのダウンロードを開始し、iPhoneを初期化します。

iTunes リカバリーモード iPhoneを復元


まとめ

もしiPhoneがiOS 15にアップデートした後で起動しなくなった場合、それはデバイスが壊れてしまったわけではありません。おそらくそれは小さな問題で上記に紹介した少しの手順で直せるものです。もし問題がどうしても解決できない場合は、「iMyFone Fixppo」が助けてくれるでしょう。お使いのiPhoneを数分で新しく作動させ、データを犠牲にすることもありませんので、ぜひここでダウンロードしてご利用ください。