iPhoneを使用していてiOS 14または15の場合、アプリの使用中などにクラッシュする可能性があります。一度クラッシュしたアプリやファイルは繰り返してしまうので、再度立ち上げてもクラッシュのループが起こることもあります。

では、iPhoneがクラッシュするのはなぜでしょうか?本記事では、iPhoneクラッシュの原因から直し方までをまとめて紹介していきます。

iPhone クラッシュ

Part 1.iPhoneクラッシュの主な原因

iPhoneのホーム画面やアプリがクラッシュした主な原因となるのは、以下のような問題が挙げられます。直し方を実行する前に、これらの理由を把握して今後は注意するのも非常に大切でしょう。

  • アプリの不具合
    iPhoneにインストールしているアプリに不具合があると、アプリそのものを開くとすぐにクラッシュしてしまうことがあります。結果的にそのアプリが使用出来ません。

  • ストレージの不足
    空き容量が不足していると、動作が正常に保てずにiPhoneのクラッシュする原因になることも報告されます。日頃からこれを心掛けて、不要のデータを定期的に整理するのは大切です。

  • iOSシステムの問題
    前は正常にアプリを利用できるが、iOSをアップデートした後iPhoneのクラッシュ問題が出来たケースもあります。それはiOSバージョンに対応出来ないアプリを使用することが原因になるかもしれません。また、iOS更新失敗やバグの可能性もかなり高いです。

  • iPhone本体部品の損害
    データ上に異常がないという場合に考えられるのは、iPhone本体のクラッシュです。内部の部品である可能性も覚えておきましょう。いろいろな直し方を試してみても修理できない場合は、早めに専門店に頼んだほうがいいです。

続いてはそれぞれの原因に対応してiPhoneクラッシュの解決策を説明していきます。基本処置から始めるので、すでに対処したり、より強力な方法を使いたかったりする方は、直ちにiPhone修復ツールの利用の部分に飛ぶことがおすすめです。

Part 2.iPhoneがクラッシュした時の基本的な直し方

iPhoneがクラッシュした場合、最初に出来る直し方をご紹介していきます。もしもクラッシュした場合はまず以下の4つの方法を試してみましょう。

1問題あるアプリを再起動・再インストール

アプリの使用中にクラッシュしている場合には、一度アプリを再起動してみます。ホームボタンを2回押すか、タッチパネルの下部から上にスワイプしてアプリ一覧を開いてから、閉じたいアプリを上にスワイプすればいいです。

iPhone アプリ閉じる

それでもiPhoneのクラッシュが続いている場合には、一度ホーム画面をアプリのアイコンが揺れるまで長押して、「-」をタップしてアンインストールしましょう。後はApp Storeでそれを再度インストールしてみてクラッシュ問題を確認してください。

2アプリとiOSバージョンをアップデート

それでもiPhoneのクラッシュが改善しない場合、アプリのバージョンとiOSのバージョンが最新であるかどうかを確認してみましょう。

App Storeでインストールしたアプリのバージョン確認と更新ができます。手順は次の通りです。

  • ステップ 1:App Storeを開き、右上にある人形アイコンに数字が出ている場合はアプリに最新バージョンが出ていることを意味する
  • ステップ 2:それをタップして、「すべてをアップデート」をタップすれば更新できるアプリの全部がアップデートされる
  • ステップ 3:下にスクロールして、特定のアプリの右にある「アップデート」をタップして、単独に更新してもいい

iPhone アプリ更新

次の手順に従ってiOSバージョンもチェックしてアップデートしよう!

  • ステップ 1:iPhoneで「設定」>「一般」に移動する
  • ステップ 2:「ソフトウェアアップデート」をタップし、アップデートはあるかどうかを確認
  • ステップ 3:利用可能なアップデートがあれば、「ダウンロードしてインストール」をタップする

iPhone iOS更新

3iPhoneを再起動

バージョンアップなどでも改善しない場合には、iPhoneを再起動させてみましょう。電源が普通に落とせる場合は、通常のように電源を入れ直してみます。

クラッシュして操作出来ない場合は以下のような機種別の方法で強制再起動が可能です。

  • iPhone 6以前:スリープボタンとホームボタンを同時に長押しする
  • iPhone 7シリーズ:スリープボタンと音量を下げるボタンを同時に長押しする
  • iPhone 8~13:音量を大きくするボタンを押して離してから、音量を下げるボタンを押して離す。後はサイドボタンをAppleロゴが出るまで長押しする

iPhone 強制再起動

4空き容量を増やす

iPhone容量不足になると、どのようなアプリやソフトもクラッシュの原因になり得ます。設定からストレージを確認して、いっぱいであれば不要な写真やアプリのデータを消去して、空き容量を確保しましょう。iCloudやiTunesを利用してバックアップを作るのも1つの容量解放の方法です。

iPhone ストレージ

Part 3.iPhoneがクラッシュした時の効果的な直し方 - 編集者の選択

ここまで、iPhoneがクラッシュした時の基本処置を詳しく紹介しました。これらを実行しても問題が改善できない場合、より効果的に直す方法としてプロなiPhone修理ソフト「iMyFone Fixppo」を使うものがあります。これを使って、PCがあれば非常に早く、簡単に不具合が出来たiPhoneを正常の状態に復帰するのは可能です。

Fixppo iPhone不具合修復
Fixppo ロゴ Fixppoのおすすめ理由!
  • データ損失なしでクラッシュ、黒画面フリーズなど50以上のシステム関連問題を解決
  • 修復に専門的な知識を必要としない
  • ワンクリックでリカバリーモードをオン・オフに切り替えられる
  • WindowsとMacの両方、最新のiPhone 13シリーズ/iOS 15を含むほとんどのApple製品に対応
無料ダウンロード 無料ダウンロード

Fixppoを使ったクラッシュしたiPhoneの直し方

直感的に操作を学びたいなら動画マニュアル⇩

自宅でiOS不具合を修正

ステップ 1.上記のボタンからソフトをダウンロードして起動したら、ホーム画面で「標準モード」をクリックします。そして、iPhoneをパソコンに接続します。

修復モードを選択

ステップ 2.デバイスが自動的に認識されます。「次へ」をクリックして、表示されるiOSバージョンから、希望するファームウェアを選択して「ダウンロード」をクリックしましょう。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 3.確認したら「開始」ボタンをクリックして修復を始めます。デバイスが自動的に再起動するまで待ってから、まだクラッシュ問題があるかどうか確認しましょう。

修復開始


最後に

iPhoneのクラッシュは主にiOSとアプリのバージョンが合っていない時や、アプリ自体の不具合、iOSのエラーなどになっています。

簡易的なエラーは再起動だけで修復することもありますが、深刻なiOSのエラーの場合は推薦した信頼できるiPhone修復ツールを使うほうが安全かつデータ保護率も高くなれます。

使用中のiPhoneがクラッシュしたり別のシステム不具合が出来た場合には、ぜひここでツールをダウンロードして迅速に修復させてみましょう!