質問
誰か助けてくれますんか?iPhoneのアプリが落ちます。それを開くとすぐホーム画面に戻ります。そして、問題はダウンロードされたアプリのみにあり、プリインストールされているアプリにはありません。

それは確かに迷惑の問題です。私たちはアプリに依存しているデジタル時代に生きているが、アプリが落ちる場合、うんざりしていることは自然なことでしょう。

この記事では、iPhoneアプリが開かない問題に直面しているユーザーに解決策を提供します。対処法に進む前に、先ずはアプリの落ちる原因を説明します。

iPhone アプリ 落ちる 開かない

Part 1.iPhoneアプリが落ちる原因は何?

iPhoneアプリが開かないことは、通常、iPhoneオペレーティングシステムによる問題です。例えば、更新中ソフトウェアは問題が出るため、アプリが起動できません。これはプリインストールされないアプリのみ問題が発生します。

まとめて言えば、iPhoneアプリが落ちる理由は以下の4つがあります。

  • 1.アプリのバージョンが古い:アプリを更新せずにバージョンが古くなったまま使っていると、アプリが正常に起動しなかったり、落ちたりすることがあります。
  • 2.iOSのバージョンが古い:iOSのバージョンが古い場合、iPhoneの処理全体に影響します。
  • 3.iPhone本体の容量が足りない:画像や動画などのデータファイルやアプリが増えて、iPhone本体のストレージの空き容量が少なくなってくると、アプリが落ちたり動作が遅くなったりすることがあります。
  • 4.iOSに不具合が生じる:アプリとiPhone本体を確認して修復してみてもこの問題が解決できない場合は、システムにエラーが出来た可能性が高いです。

Part 2.アプリが落ちる問題を修正 ― アプリ側

iPhoneでアプリが開かない場合は、まずアプリ側からチェックしましょう!

1開かないアプリを更新

iPhoneのアプリが頻繫に落ちる場合、アプリを更新してみてください。アプリを更新するだけで問題が解決されるかもしれません。それはアプリメーカーは定期的にアップデートを提供する原因です。ここではアプリを更新する方法を示しています。

ステップ1:「App Store」に移動します。

ステップ2:右下の「更新」をタップします。

ステップ3:最後に、「すべてを更新」をタップします。

Tips:

利用可能なアップデートがない場合、アプリは最新版であることを意味します。

2アプリを手動で終了

音楽、ビデオ、写真、他のアプリは、大量のメモリとバッテリーを占有することに気付かずに、バックグラウンドで実行されているから、アプリが落ちる可能性があります。それを解決するには、次の手順を実行します。

「ホーム」ボタンを2回を押し、マルチタスクが開きます。上にスワイプし、バックグラウンドで実行されているアプリを閉じます。

3アプリを削除して再インストール

上記の解決策を実行してもiPhoneアプリが落ち続ける場合、問題が出るアプリを削除してから再インストールしてみてください。特定の一つアプリで問題が発生した場合、アプリ開発者に確認する必要があります。

アプリを削除してインストールする手順は次のとおりです。

ステップ1:問題があるアプリのアイコンをタップし、揺れるまで押し続けます。そしてアイコンのコーナーにある「ー」マークをタップします。

ステップ2:「削除」を押して確認します。

ステップ3:「ホーム」ボタンを押し、「App Store」に移動します。

ステップ4:先に削除されたアプリを再度ダウンロードします。

アプリを削除する

Part 3.アプリが落ちる問題を修正する方法 ― iPhone本体側

上記の方法を実行してもアプリが開かない問題が解決できない場合は、iPhone本体に不具合があるかもしれません。こんな時、以下の方法を順番に試して対処しましょう。

1iOS不具合を修復

iPhoneアプリが落ちる場合、システム障害も重要の原因の1つです。特に新しいiOSバージョンに更新した後、不安定のためこの問題がよく発生します。こんな時、アプリが開かないことを修正するに、iOSシステムを修復するのは必要です。

迅速に修復作業を完結したい方に、強力なツール「iMyFone Fixppo」が非常におすすめです。これはiPhoneでアプリが落ちる、反応しない、フリーズしたなど、数多くの使用中の不具合からiPhoneを通常の状態に戻すことができる専用のiOS修復ソフトです。

Fixppo  iPhone不具合修復
Fixppoの優れた機能!
  • 既存のデータを損害しないでアプリが落ちる、リンゴループ再起動の繰り返しなど100以上のiOS問題を解決
  • 操作はシンプルで、専門知識はない初心者でも自宅で手軽にiPhoneを修理
  • 脱獄なしでiOSを前のバージョンにダウングレードするのは可能
  • WindowsとMacの両方、最新のiPhone 13シリーズ/iOS 16を含む、すべてのiPhone/iPad/iPodをサポート
無料ダウンロード 無料ダウンロード

Fixppoを使用してiPhoneのアプリ落ちる問題を修理する手順

ステップ 1.上記のボタンからソフトをパソコンにダウンロードして起動します。次に、「標準モード」を選択して開始します。

標準モード iPhoneを修復

ステップ 2.次に、iPhoneをパソコンに接続します。

ステップ 3.後はファームウェアをオンラインでダウンロードすることです。ここでiPhoneにインストールするiOSバージョンを決定できます。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ 4.すると、「開始」ボタンをクリックすると、Fixppoがファームウェア情報を分析し、それを使用してアプリが落ちる問題を修理します。

iPhoneを修復する

少し待ってから、修理完了のiPhoneが自動的に再起動します。アプリが無事に開けるかどうか確認しましょう。

2iPhoneを再起動する

これは、多くのソフトウェアの問題を取り除くための最も簡単な方法です。多くのバグは、デバイスを再起動するだけで修復されます。デバイスの電源をオフにしてからオンにすると、すべてのアプリが再起動されます。それはiPhoneアプリが落ちる問題に役立ちます。

再起動するには、「スリープ/スリープ解除」ボタンを押し、画面に「スライドして電源を切る」が表示されるまで押し続けます。スライダーをドラッグして、iPhoneの電源を切ります。しばらく待ってから、Appleロゴが表示されるまで「スリープ/スリープ解除」ボタンをもう一度押し続けて電源を入れます。

iPhoneを再起動する

3iPhoneの空き容量を増やす

iPhoneの空き容量が不十分な場合、アプリが完全に開くことができないため、落ちる可能性があります。したがって、音楽、動画、アプリなど、めったに使用しないデータを削除してください。これにより、空き容量が増え、iPhoneアプリが落ちる問題が解決されます。

iPhoneの空き容量の不十分

4すべての設定をリセット

設定の問題により、アイフォンアプリが落ちる可能性はあります。したがって、すべての設定をリセットしてみましょう。これを実行してもデータの損失はないのでご安心ください。リセットする手順は次のとおりです。

ステップ1:「設定」を開き、「一般」をタップします。

ステップ2:「リセット」に移動し、「すべての設定をリセット」をタップします。

ステップ3:パスコードを入力し、リセットを確認します。

すべての設定をリセットする

5iOSを更新

実際に、iOSのバージョンは古すぎると、アプリは互換性がないため、同様に落ちるかもしれません。さらに、問題が発生しなくても、デバイスのオペレーティングシステムが最新版であることを保証する必要はあります。したがって、iOSが新しいアップデートがあるかどうかを確認してください。iOSを更新する手順は次のとおりです。

ステップ1:iPhoneで「設定」を起動し、「一般」をタップします。

ステップ2:「ソフトウェアアップデート」に移動し、アップデートはあるかどうかを確認します。

ステップ3:利用可能なアップデートがあれば、「ダウンロードしてインストール」をタップします。

ソフトウェアアップデート


まとめ

iPhoneアプリが開かない、または落ちる問題が出る場合、落ち着いてください。ソフトウェアの問題はよくあり、また解決策もいっぱいあります。上記はいくつかの簡単なヒントを提供しました。お役に立てれば幸いです。

また、紹介したiPhone不具合修復ツールが特におすすめです。対応できるiOS問題が多いので、iPhoneユーザーなら1つを持てば安心ですね。無料体験版もありますが、ぜひここでダウンロードしてゲットしよう!