ほとんどの人はモバイルデバイスを使用してウェブサイトを閲覧しています。 iPhoneユーザーの間では、Safariはそのシンプルで応答性の高いUIのために最も好まれるブラウザです。

使用しているiPhoneのモデルに関係なく、デバイスのSafariが「ページが開けません」というエラーが表示される場合があります。このエラーが発生する理由は多数あります。

Safariが「ページを開けません」というエラーを修理するためのおすすめ7つの対処法を紹介します。 このガイドを試して問題を修正し、Safariを使用してインターネットを再度閲覧できるようにすることを検討してください。

Safariでウェブページをかけない時の7つの解決策

結論から言えば、方法7の修復率が高くて一番におすすめしたいです。事前に基本的な対処法を実行してもSafariのページを開けない問題が解決できない場合は、直ちにその部分に飛ぶことがおすすめです。

方法1.インターネット接続を確認

まず、デバイスのインターネット接続を確認することをお勧めしま

「設定」>「モバイル通信/ Wi-Fi」に移動します。両方の設定がオンになっているかどうかを確認します。Wi-Fiを使用している場合は、ルーターが機能しており、デバイスがWi-Fiの範囲内にあることを確認してください。

wifi

方法2.URLを確認

ウェブサイトのURLの小さな間違いでも、エラーの原因となる可能性があります。したがって、URLを手動で入力する場合は、正しく入力したことを確認してください。

方法3.iPhoneを再起動

多くの一般的なiPhoneの問題は、デバイスを再起動するだけで解決されます。

iPhone 8以前の場合、スライダーが表示されるまでサイドボタン又はトップボタンを押し続けてください。

iPhone XからiPhone 13までの場合、スライダーが表示されるまでサイドボタンといずれかの音量ボタンを押し続けてください。

iphone 再起動

デバイスの電源を入れ、Safariがインターネットに接続するかどうかを確認してください。

方法4.履歴とウェブサイトデータを削除

以前のブラウジングセッションがこのエラーの原因である可能性があります。Safariの履歴を消去することにより、この問題を対処できるはずです。

「設定」>「Safari」に移動し、「履歴とウェブサイトデータを消去」をタップします。

履歴 削除

方法5.ネットワーク設定をリセット

ネットワーク設定をリセットすると、すべてのWi-Fiパスワードが削除され、DNS設定がリセットされます。 ネットワーク設定は工場出荷時のデフォルトにリセットされます。

ステップ1:「設定」> 「一般」>「リセット」に移動します。

ステップ2:「ネットワーク設定をリセット」をタップします。 確認を求めるダイアログボックスが表示されます。もう一度「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

ネットワーク設定をリセット

方法6.DNS設定をリセット

DNSは【Domain Name System】の略語であり、ウェブページの読み込みを処理します。 Safariがサーバーに接続できないというエラーの理由は、信頼性の低いDNSサーバーを使用していることが原因である可能性があります。 DNS設定をリセットすることにより、問題が解決したかどうかを確認できます。

ステップ1:「設定」を開き、「Wi-Fi」をタップします。 選択したWi-Fiネットワークの(i)アイコンをタップします。

ステップ2:次に「DNSを構成」を選択し、「手動」をタップします。

ステップ3:「サーバーの追加」オプションで、Google DNSサーバーを8.8.8.8または8.8.4.4として追加します。

ステップ4:Safariブラウザを使用できるかどうかを確認します。

方法7.修復ツールでSafariでページが開けない問題を解除

上記の方法を試しても改善できない場合は、SafariがWebページを表示できないというエラーを修正する最良の方法の1つは、iMyFone Fixppo と呼ばれる専門的なツールを使用することです。これは、iOSの多くの問題を修正するための専門的な修復ツールです。

iPhone 修復ツール

DL数8,000,000回突破

iMyFone Fixppoの優れた特徴4選!

  • 【高い修復率】iTunesの最良の代替品です。その独自の技術による2つの復元モードで、iTunesでは解決できない問題も直すことができます。
  • 【データを失わない】大事のデータを影響することなくSafariがインターネットに接続できない問題を修復できます。
  • 【完全な互換性】iOS 7から最新のiOS 15までのすべてのiOSバージョン、およびiPhone 13を含むすべてのiOSデバイスがサポートされています
  • 【信頼できる】Macworld、Cult of Mac、Payetteforward、Makeuseofなどの雑誌によっておすすめされています。

Fixppoの標準モードでSafariの問題を修復する手順

ステップ1.上記のボタンからソフトをパソコンにダウンロードして起動し、「標準モード」をクリックします。次に、iPhoneをパソコンに接続し、「次へ」をクリックします。

ios修復

ステップ2.ソフトウェアはデバイスを検出し、利用可能なすべてのバージョンのファームウェアを表示します。いずれかのバージョンを選択し、「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.デバイスとファームウェア情報を確認します。次に、「開始」ボタンをクリックします。ソフトウェアは、iOSの問題を自動的に修正する手順を開始します。iPhoneを再起動した後、Safariページが正常に開けるはずです。

safari ページを開けません


結論

このガイドには、Safariでウェブページを開けないというエラーを解決するための多数の方法が紹介されます。是非、すべての対処法を検討し、問題を解決できると思われる方法をお試しください。この問題をすばやく修正するには、「iMyFone Fixppo」を試すことは非常におすすめですが、ぜひここで一度ダウンロードして試しましょう!

他に、このエラーを解決する何か別の方法がある場合は、以下にコメントを残してください。