iCloudアクティベーションロックをバイパスする前に、iPhone / iPad / iPod touchを脱獄させなければなりません。Windowsパソコンで脱獄させるやり方が少し複雑なので、やり方については次のチュートリアルで詳しく紹介したいと思います。

ご注意

1.脱獄可能なiOS 14デバイスモデル:iPhone 6s / 6s Plus / SE(第1世代) / iPad(第5世代) / iPad Mini 4 / iPad Pro(第1世代)。

2.macOS 10.13 - 10.15バーションのMacコンピューターをお持ちしたら、Macコンピューター使ってデバイスを脱獄させることをお勧めします。

3.デバイスがiPhone 5Sの場合、Windowsコンピューターですと脱獄できませんので、必ずMacで脱獄させてください。

WinddowsパソコンでiOSを脱獄する前に必要な準備事項

脱獄するための事前準備

WindowsコンピューターでiOSデバイスを脱獄するガイド

その1、Ubuntu用のUSBドライブを作成

ステップ1. USBフラッシュドライブをバソコンに挿入します。データが失われた場合に備えて事前にバックアップするのをお勧めします。

ステップ2. Rufusをダウンロードして起動します。 (注:Rufusをインストールする必要はありません。Rufusをダウンロードすると直接ソフトウェアを使えます。)

ステップ3. Rufusのインターフェイスで「選択」をクリックし、ダウンロードしたUbuntuイメージを選択します。その後、Boot選択の欄に「ubuntu-20.04-desktop-amd64.iso」と表示されます。次に、他のデフォルトを変更せずに、「開始」をクリックして続行します。

Ubuntuイメージを選択

ステップ4.「USBフラッシュ上のすべてのデータが破壊される」という警告がポップアップで表示されます。バックアップがすでに完了したていたら、「OK」をクリックします。次に、推奨モードを選択し、ISOハイブリッドイメージが検出されたら「OK」をクリックします。

iSOハイブリッドイメージ

ステップ5. RufusがUbuntu USBドライブを作成するのに2〜3分かかります。 USBフラッシュドライブがパソコンに接続されているかしっかり確認してください。

Linux ISOファイルをコピー

ステップ6.ステータスがREADYと表示されたら、「閉じる」をクリックします。

ライブUSBフラッシュドライブの作成を終了

ご注意:USBフラッシュが認識されないことを避けるため、USBフラッシュを再度接続することをお勧めします。


その2、WindowsコンピューターでUbuntuを起動

ステップ1.「Windows」>「再起動」に移動してパソコンを再起動します。

パソコンを再起動

ステップ2.パソコンがオペレーティングシステムに入る前に、F12キーを押してBIOS制御システムに入ります(通常はパソコンのロゴが表示されます)。

BIOS制御システムに入る

ご注意:F12が反応しない場合は、パソコンのブランドに適したキーを探しましょう。 異なるブランドのパソコンが異なるショートカットキーを使ってBIOS制御システムに入る仕組みになっているからです。

ステップ3.次に、BIOSインターフェースで先ほど作成したUbuntu USBフラッシュドライブを選択します。キーボードの矢印キーで正しい選択肢を選択します。 次に「Enter」を押して続行します。

USBフラッシュドライブを選択

ステップ4.Ubuntuシステムがロードを開始します。それはつまり、すべてのファイルシステムチェックが進行中です。

すべてのファイルシステムチェックが進行中

ステップ5.一つ目のを選択して、UbuntuでUbuntu OSを起動します。

Ubuntu OSを起動

ステップ6.起動プロセスが完了したら、「Ubuntuを試す」をクリックして、USBフラッシュドライブからUbuntuを起動します。

Ubuntuを試す

ステップ7. Ubuntuシステムに入ります。iOSデバイスをパソコンに挿入したままにしてください。

デバイスの接続を切断しない


その3、iPhone / iPad / iPod touchを脱獄させる

ステップ1.ダウンロードした「checkra1n-x86_64」のファイルを検索します。まだダウンロードしていない場合は、ここをクリックして脱獄ツールをダウンロードすることもできます。ダウンロードした後にcheckra1nを起動します。

ステップ2.Windowsでcheckra1nを起動するには、ターミナルを使う必要があります。 以下のコードをコピーするか、手動でコードをターミナルに入力します。

terminalを使用

  • 「 chmod +x 」と入力します(プラス記号の前とxの後にスペースがあります)。そして、「checkra1n-x86_64」ファイルをターミナルインターフェイスにドラッグし、「Enter」キーを押します。

  • 「sudo 」と入力し(sudoの後にもスペースがあります)、「checkra1n-x86_64」ファイルをターミナルインターフェースにドラッグしてから、もう一度「Enter」を押します。

脱獄ツールをターミナルにドラッグ

ヒント:ファイルをターミナルにドラッグできない場合は、Checkra1n脱獄ツールをコピーしてデスクトップに貼り付けることができます。次に、右クリックのメニューで「ファイルに表示」を選択してから、ファイルをもう一度ドラッグしてみます。

ステップ3.次の画面に示すように、Checkra1nが実行を始めます。

Checkra1nが実行

ご注意

Checkra1nの「開始」ボタンが灰色になっている場合は、「オプション」をクリックし、「テストされていないiOS / iPadOS / tvOSバージョンを許可する」を選択して「戻る」をクリックすると、「開始」ボタンが押せるようになります。

Checkra1nスタートボタンの灰色の問題を修正

ステップ4.Checkra1nを使えば、デバイスは脱獄に適用するためにリカバリーモードに入ります。 準備ができたら「次へ」をタップします。

デバイスをリカバリーモードにする

iOSデバイスがリカバリーモードに入ったら、「開始」をクリックします。 画面の指示に沿い、デバイスをDFUモードにします。

デバイスをDFUモードにする

ステップ5.次に、Checkra1nはデバイスの脱獄を始めます。このプロセスが完了するまで少し時間がかかります。また、完了するまでiOSデバイスを切断しないでください。脱獄が完了したら、「完了」をクリックします。

脱獄を実行

ご注意

Chcekra1nの「Right before trigger」の画面で止まった場合は、下記の方法でこの問題を直してみてください。

1.他のUSBフラッシュドライブに換え、チュートリアルガイドを繰り返します。

2.iOSデバイスをフラッシュし、パソコンを再起動します。

right before trigger画面

脱獄プロセスが成功しない場合は、iPhone / iPad / iPod touchまたはタブレットをパソコンの背面にあるUSBポートに接続してみてください。次に、脱獄を再試行してください。一般的に、背面にあるUSBポートはUSB2.0ポートのため、前面のUSB3.0ポートより、デバイスとの互換性が高いです。

ステップ6.脱獄が完了したら、Ubuntuを終了します。次のルートに沿ってパソコンを再起動します。(電源>電源オフ>再起動)

Ubuntuを終了してPCを再起動

ステップ7.USBフラッシュドライブを手動で取り外し、「Enterキー」を押します。

コオペレーティングシステムに入る

ステップ8.パソコンを再起動すると、パソコンは通常Windowsオペレーティングシステムに入ります。これで、脱獄が完了します。