先日、ようやくアップル社はiOS 14正式版を配信しました。今回の最新iOS バージョンはみんなの期待に背かなく、車の鍵になる「CarKey」、iPhoneの背面を2-3回タップするだけでカスタマイズした操作が可能になる「背面タップ」、アプリを簡単かつ便利に管理できる「ウイジェット」と「Appライブラリ」などを含む、いろいろな新機能を追加しました。

これを見ると、きっとiOS 14へのアップデートを待ちきれないと思います。それでは早速、iPhoneをiOS 14にアップデートする方法や注意事項を一緒に見てみましょう。 

目次

iOS 14にアップデートするための事前準備

iOS 14では上記の機能に加えて、一部のオリジナルの機能がさらに使いやすく進化され、強化されていますので、ちょっと期待していますね。 ただし、アップデートをスムーズにするには事前準備の徹底が欠かせません。

⑴ 既存データのバックアップ:以前はシステムアップデートでiPhoneデータを失うことも珍しくありませんでした。iCloudを使ってデータのバックアップを取るのは便利ですが、バックアップできるデータは限られています。少し手間がかかるかもしれませんが、より多くのデータをバックアップできるiTunesをお勧めします。

⑵ 容量確保:ベータ版を使っていた時、「iOS 14は結構容量を食います」という話をよく聞いています。そのため、アップデートする前に十分な空き容量を確保しておき、利用可能な容量が少なすぎるとアップデートに失敗する可能性があります。

⑶ バッテリー残量:50%以上。電池残量を心配している場合は、充電状態でiOS 14にアップデートしてください。

⑷ 高速かつ安定性のあるWIFI:iOS 14へのアップグレードを安定した通信環境で楽しめます。

iOS 14にアップデートする方法について

1ワイヤレスでiPhoneを最新のiOSバージョンにアップデート

iPhone本体で iOS 14にアップデートするのが一番便利な方法です。事前準備ができたなら、下記の手順でアップデートを行ってください。

STEP.1 iPhoneのホーム画面から「設定」→「一般」→「ソフトウェア·アップデート」の順でタップします。

iphone アップデート

STEP.2 表示された画面で「ダウンロードしてインストール」を選択します。

STEP.3 パスコードを入力した後、「利用規約」が表示されましたら「同意する」をタップしてください。 

STEP.4 ダウンロードが完了した後、「今すぐインストール」をタップして、アップデートを開始します。完了するまで少し時間がかかります。

2パソコンを利用しでiPhoneを最新のiOS 14にアップデート

パソコンを経由して、手動でiPhoneをiOS 14にアップデート可能です。この方法を使用するには、iTunesのバージョンアップをすませておくことをお勧めします。Macの場合、操作方法は少しずれますので、ここでは、WindowsとMacでの操作方法を分けて説明いたします。

WindowsでiTunesを利用してアップデート

STEP.1 WindowsあるいはmacOS Mojave 10.14以前を搭載Macの場合、iTunesを立ち上げます。

STEP.2 お使いのデバイスのをパソコンに接続して、iTunesの左上のアイコンをクリックします。

STEP.3 概要画面で「アップデート」をクリックて、表示されたポップアップで「アップデート」を選択します。

itunes iphone アップデート

STEP.4 続いて、画面指示に従って使用許諾契約の同意など操作を行い、iOS 14のダウンロードが始まります。

STEP.5 ダウンロードが完了したら、自動的にiPhoneのバージョンアップが始まります。通常5分~10分程度はかかりますが、30分-1時間以上、非常に長い時間がかかる場合もあります。

MacでFinderを利用してアップデート

STEP.1 macOS Catalina 10.15を搭載したMacでは、Finderを開きます。

STEP.2 iPhone と Mac(コンピュータ)を接続しましょう。左メニューの「場所」→「iPhone」を選択します。

STEP.3 右の画面で「一般」または「設定」を選択して、「アップデート」をクリックします。

mac iphone アップデート

STEP.4 表示されているポップアップで再度「アップデート」をクリックしして、画面指示に従って操作を行い、ソフトウェアのダウンロードを開始いたします。

STEP.5 ダウンロードが完了したらインストールします。ポップアップで「OK」をクリックして、アップデートが完了するまでお待ちください。

iOS 14にアップデートする時の不具合対応策

iPhoneのアップデートに不具合が生じるとき、または本体やパソコンでのアップデートができないとき、どうすればいいですか。iOS不具合修復ツールを使って、システムをアップデートすることができます。 iMyFone Fixppoは簡単にアップデートする時に発生した不具合を修復して、最新のiOS 14バージョンにアップグレードすることが可能です。

  • 3つの機能を備えて、システムを修復する成功率を高めます。その中で、標準モードでは、データを失ずiPhoneの不具合を修復して、最新のiOSバージョンをアップデート可能です。
  • iOS 14をサポートしている機種(iPhone6s及びそれ以降)をすべて対応可能です。
  • アップデートの失敗以外、起動ループ、画面フリーズなどの不具合も修復できます。

無料で試す無料で試す

標準モードを使って、データを失ずiPhoneの不具合を修復して、バージョンアップを行う手順は下記の通りです。

STEP.1 デバイスをコンピューターに接続して、ソフトのホーム画面で、「標準モード」を選択します。

ios アップグレード できない

STEP.2 次の画面で、最新のファームウェアバージョンを選択して、「ダウンロード」をクリックします。

修復ファームウェア ダウンロード

STEP.3 ダウンロードが完了した後、「開始」をクリックしてiOS不具合の修復作業を行います。作業が終わたら、データを消去することがなく、自動的に最新のiOSバージョンに更新します。

ios 不具合 修復

注意

Fixppoのもう一つの機能「アドレスモード」を使って、標準モードで解決できない重大なシステムトラブルを修復することができます。ただし、データは全部消去されますので、事前にバックアップを取ることをお勧めします。

Tips:最新バージョンの iOSにアップデートしたことをチェックする方法

システムをアップデート後、iPhoneは自動的に再起動します。 起動後, パスコードの入力が求められる場合は、パスコードを入力して画面ロックを解除してください。そして、「設定」→「一般」→「情報」を選択して、「システムバージョン」項目で現在のiOSバージョンを確認できます。

毎回新しいバージョンをチェックしてアップデートするのが少し面倒なんでしょうね。「ソフトウェアアップデート」画面で「自動アップデート」を有効にすれば、システムをつねに最新の状態に保つことができます。


最後に

iOS 14にアップデートする方法を紹介しました。どうですか? 皆さんはもうiOS 14の機能を楽しんでいるのではないでしょうか? 今回のアップデートで一番便利な機能は何だと思いますか?iOS 13に比べるて、便利な機能は確かに多いですが、iOS 14は今ま不安定であり、不具合が発生する可能性が高いです。自分のニーズに合わせて、アップグレードするかしないかを選択できるようになっています。もしバージョンアップ中にバグが発生した場合は、 iOS不具合修復ツールFixppoを試して問題を解決することができます。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

無料で試す無料で試す