画面上の大きなウォーターマークがあるため、ビデオに集中できなく、迷惑に思う場合がよくあります。また、最初にウォーターマークを貼り付けても、今は迷惑に感じ、ビデオを元の状態に戻すことを考える場合もあります。皆さんもそれらの状況を経験したことがあるでしょう。

実はロゴ削除は多くのウォーターマーク除去ソフトにとって、非常に困難な作業です。数時間も費やしてしまっても、成功しない可能性があります。時間と労力を節約するために、この記事では、パソコンとスマホで、それぞれウォーターマークを除去する六つのソフトを簡単に紹介します。

最高のビデオウォーターマーク削除ソフト【PC編】

パソコンで、ビデオからウォーターマークを削除する四つ最高のソフトをご覧ください。(まとめ)

1. Filme-PCソフトでビデオからウォーターマークを削除する

動画編集ツールFilmeは、ウォーターマークやロゴを削除する最高のビデオ編集ソフトです。それにより、画像をトリミングしたり、ビデオにオーバーレイしたりして調整を行うことができます。

  • 初心者にもやさしい - Filmeは非常に使いやすいから、ビデオ編集に関する知識を持たない人でも手軽に利用されます。
  • 豊富なビデオ編集機能 - Filmeは、ビデオのトリミングの他に、クリップの分割、結合、速度の変更などいろいろの編集機能を備えています。
  • 使いやすい - キーボードショートカットでビデオの編集をコントロールできます。
  • 高級な編集能力 - さまざまなビデオエフェクトとトランジションを提供します。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

方法1:ビデオクリップをカットする

ステップ1:まず、タイムラインで、クリップを選択します。

タイムラインを選択する

ステップ2:次に、ツールバーで、「カット」をクリックします。それにより、カットのウィンドウを開くことができます。

動画をカットする

ステップ3:表示されたウィンドウで、長方形のいずれかの角を移動して、ビデオの一部をカットします。そして、ほかの調整を行います。

ステップ4:画面の左下隅に、比率オプションがあります。それをクリックしてビデオをカットすることができます。さらに、カスタム機能も備えています。数値を入力し、それに応じてカットが行われます。

動画のカットしたサイズ

ステップ5:トリミングが完了した後、「OK」を選択します。最後に、すべてを確認した後、「出力」をクリックします。

動画エクスポート

方法2:ウォーターマークをカバーするため、オーバーレイを追加する

画像をオーバーレイとしてビデオの中に追加することは難しいことではありません。以下は簡単なステップを示しています。

ステップ1:画像をビデオの上の新しいトラックにドラッグします。

新しいトラックにドラッグする

ステップ2:タイムラインで画像クリップを長くまたは短くに調整することによって、その持続期間を変更します。

ステップ3:画像をドラッグし、出現させたい位置に移動します。

ステップ4:アスペクト比を変更せずに、画像を回転させ、ビューのサイズ(スケール)を変更し、角度(オフセット)を調整します。また、プレビューウィンドウで画像のサイズを変更することもできます。

ウォーターマークをカバーする

2. Apowersoft Watermark Remover

Apowersoft Watermark Removerを利用すると、数回クリックするだけでウォーターマークを削除できます。では、その使用方法を見てみましょう。

  • 「ビデオからウォーターマークを削除」をクリックし、ローカルコンピューターまたはデバイスからビデオをアップロードします。Apowersoftは、さまざまなビデオおよび画像のフォーマットをサポートしています。
  • Aowersoftをクリックします。
  • 完了すると、プレビューウィンドウでビデオを見ることができます。そして、「ボックスを追加」をクリックし、そしてウォーターマークを覆うようにそのボックスのサイズや位置を調整します。
  • 次に、「削除」アイコンをクリックし、ウォーターマークを削除します。

ウォーターマークを削除するツール

注意:ウォーターマークを削除した後、ビデオに目立った汚れが残ります。

3. VSDC Video Editor

VSDC Video Editorがもう一つウォーターマークを削除するソフトです。時間がかからず、操作も簡単です。では、その利用方法を見てみましょう:

  • ファイルをソースからダッシュボードにインポートします。上部の「ビデオエフェクト」をクリックし、またドロップダウンメニューからフィルターを選択します。次に、「DeLogo」をクリックします。そして、画面にピクセル化された長方形の領域が表示されます。タイムラインには、DeLogoフィルター付きのタブも表示されます。
  • フィルターオブジェクトをクリックしてサイズを変更し、ウォーターマークのところに移動します。ピクセルからブラーまたはモザイクに切り替え、ブラーの強度または形状を調整することをお勧めします。これを行うには、「プロパティ」をクリックしてから、DeLogoフィルター設定を見つけ、五つのプリセット(ピクセル化、ボックスぼかし、ぼかしレンズ、モザイク、ガウスぼかし)から選択します。最後に、集中度を調整し、「プロジェクトのエクスポー」タブをクリックします。そのようにして、編集されたビデオが保存されます。

ウォーターマークを削除するツール

注意:プリセットが組み込まれていないと、プロセスが少し複雑になります。そのため、初めてウォーターマークを除去し試す場合、難しい作業に感じるかもしれません。

4. Video Watermark Removal Online

Video Watermark Removal Onlineは、完全に自動化されたウォーターマーク除去ソフトです。設定は選択や変更する必要がありません。必要なのはインターネット接続だけです。以下は利用方法を示しています。

  • ここをクリックしてVideo Watermark Removal Onlineサイトにアクセスします。そして「ファイルの選択」をクリックし、ビデオをアップロードします。
  • 「ウォーターマークを削除」をクリックすると、編集バーが見えます。ウォーターマークが自動的に削除されると、ダウンロードボタンがアクティブになります。それをクリックし、編集されたビデオを取得します。

オンラインでウォーターマークを削除するツール

注意:個人的な設置が欠けています。また、ウォーターマークが削除した後、汚れが残ります。そのほか、オンライン編集である以上、ビデオをアップロードするとプライバシーの漏洩が発生する可能性があります。

最高のビデオウォーターマーク削除アプリ【スマホ編】

iPhoneとAndroidで、それぞれ以下のアプリを試し、ビデオの透かしを除去しましょう。

デバイスでウォーターマークを削除するツール

iPhoneでビデオからウォーターマークを削除-Remove Logoアプリ

この無料のウォーターマーク除去アプリによって、ビデオやピクチャから不要な透かしやロゴが削除できます。iOS 8.0以降のiPhoneにインストールできます。では、利用方法を見てみましょう:

ここをクリックして、 Remove Logo From Videoアプリをダウンロードします。

  • 右上隅にあるプラスアイコンをタップし、ビデオをインポートします。
  • ビデオをクリックし、「ウォーターマークを削除」を選択します。
  • ウォーターマークを選択し、「開始」をクリックします。
  • 「ウォーターマークを削除」をクリックします。
  • 「処理済み」タブに移動して、ウォーターマークが削除されているかどうかを確認します。

Androidでビデオからウォーターマークを削除-Remove Logoアプリ

それは無料のビデオ削除アプリであり、Androidで非常たやすく利用できます。Android 4.3以降のデバイスがこのアプリをサポートします。では、利用方法を見てみましょう:

  • Remove Logoをダウンロードしてインストールします(ここをクリックして、Remove Logoアプリをダウンロードできます)。
  • そして、そのアプリを開き、「スタート」をクリックし、ビデオをロードします。
  • 次に、画面にピクセル化された長方形の領域が表示されます。それをウォーターマークのところにドラッグします。
  • 「ウォーターマークを削除」をクリックします。
  • 最後に、ビデオを再生し、透かしが削除されているかどうかを確認します。

最後に

上記のウォーターマーク除去ソフトを利用すると、パソコンでも、スマホでも、ビデオからウォーターマークをたやすく削除できます。また、それらはほとんど初心者向けのものですから、専門の知識を持たなくても、ビデオを編集できます。それらのソフトを使用すると、ビデオ編集は絶対に簡単なことになります。

無料ダウンロード 無料ダウンロード