皆さんはiPhoneを使う時に、一部のビデオがなくなった、または、ビデオアイコンが消えたに遭ったことがありますか?そんな時、けっこう慌ただしいでしょう。

デバイス上のビデオを一部失ってしまう原因にはかなり多くの状況が考えられます。誤って削除したり、ソフトの誤動作やハードウェアの損傷によりビデオが損失したりすることもあります。また、自分ではどうしようもない理由や気付いていない原因のせいでデバイスからビデオが消えてしまう場合もあります。

動画がなくなった理由が何であれ、それを取り戻そうとするのは、失った動画のバックアップがない場合は特に悪夢のように思えるね。この記事では、動画がデバイスから消えたときの対処法をちゃんと説明します。

iPhoneのビデオが消えた時の対処法

まずは基本的な対策について説明していきます。もし事前にこのような方法を試してもこの問題を解決できなければ、直接的に復元率が高い解決法を見に行きましょう!

1 最近削除したフォルダーを確認

写真やビデオを意図せず削除してしまった可能性があるが、iPhoneの動画が消えた時に、まずは「最近削除した項目」フォルダーを確認しましょう。そこにあれば、直接的に復元するのは可能です。具体的には以下の手順に従ってください。

Step 1.「写真」>「アルバム」>「最近削除した項目」に移動します。

Step 2.消えたビデオが見つかった場合は、それをタップして「復元」をタップします。

iPhone 最近削除した項目 動画復元

2 ビデオが非表示になっていないかチェック

ビデオが見つからないのは、非表示アルバムに入っていることが原因とも考えられます。再表示の仕方は以下の通りです。

Step 1.写真アプリを開き、「アルバム」にタップします。

Step 2.「ほかのアルバム」の下にある「非表示」をタップします。

Step 3.再表示したいビデオを選び、左下のアイコンをクリックして「再表示」を選択してください。

iPhone ビデオ 再表示

3 iCloud写真をオンにする

別のデバイスからビデオにアクセスしようとしている場合、iCloudフォトがオフになっていると表示できない可能性があります。それを再びオンにする方法は以下の通りです。

Step 1.「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」にタップします。

Step 2.「写真」をタップして、「iCloud写真」の項目をオンにします。

※iPhoneの容量を節約するように、「iPhoneのストレージを最適化」を選択するがおすすめ

iPhone iCloud写真 オン

4 iPhoneのすべての設定をリセット

設定のリセットは、このような設定を取り払ってデバイスを再び正常に機能させる良い手段であり、これによってiPhoneの動画が勝手に消える問題を解決する場合があります。方法は以下の通りです。

Step 1.「設定」>「一般」に移動します。

Step 2.下にスクロールして「リセット」をタップします。

Step 3.「すべての設定をリセット」をタップし、確認画面で承認します。

iPhone すべての設定をリセット

Tips.

iOS 15では、「設定」>「一般」>「転送またはiPhoneをリセット」>「リセット」>「すべての設定をリセット」という順でタップしてください。

5 強力の専門ソフトでiPhoneのビデオを復元

以上の方法を試みてもiPhoneから消えたビデオを見つけられなければ、ビデオが完全に削除された可能性が高くなります。この場合、ビデオをデバイスに復元する力になるデータ復元ツールが必要です。

これに最適なツールは「iMyFone D-Back」です。ビジネスにおいて最も効果的なデータ復元プログラムの1つでありながら、使いやすさも抜群です。これを使えば、バックアップがなくてもiPhoneから直接的にビデオを復元するのが可能です。さらに、上書きなしでiCloudまたはiTunesのバックアップから動画を取り出すこともできるが、安心で利用できるでしょう。

このプログラムを使用して消えたビデオを復元するには、以下のシンプルな手順に従えばいいです。

iOSデバイスからビデオを復元する

Step 1.上記のボタンでソフトをダウンロードして起動したら、メインウィンドウから「iOSデバイスからリカバリーする」を選んで「開始」をクリックします。

iOSデバイスからリカバリーする

Step 2.次のウィンドウで、復元したいデータの種類(この場合はビデオ)を選択します。「スキャン」をクリックして続行してください。

写真 選択 スキャン

Step 3.スキャンが完了したら、結果ページから復元したいビデオを選択し、「リカバリーする」をクリックしてパソコンに保存します。(「削除したファイルのみ表示」をクリックして結果を絞ることもできます。)

iPhone ビデオ 復元

このように簡単にiPhoneから消えた動画を見つけることができます。また、iTunesやiCloudバックアップからデータを復元する方法を知りたい方は、D-Backの公式ガイドを参考にしてみてください!

iPhoneのビデオアイコンが消えた時の対処法

1つのビデオだけではなく、写真アプリ全体がデバイスから消えてしまう場合もあります。iPhoneの写真アプリが見つからない時は、以下を試してみると解決できるかもしれません。

1 「写真」アプリが新しいフォルダーに移動していないか確認する

最初にすべきなのは、フォルダーを全部チェックして、誤って「写真」アプリを別フォルダーに移動していないか確認することです。アプリが別のフォルダーにあるなら、見当たらなかったのは当然でしょう。

また、「ビデオ」アプリ「TV」アプリに置き換わったことにも注意しましょう!

2 ビデオアプリを検索する

見つからない時は検索をかけることもできます。「検索」をタップして「ビデオ」を入力し、自分が求めているものに最も合うアプリを開いてください。

iPhone ビデオ 検索


終わりに

上記はiPhoneのビデオを消えてしまった時の原因と対処法を紹介しました。非表示、最近削除した項目に残したら、簡単にビデオを取り戻し可能です。

ただし、どうしてもiPhoneの中に見つからない場合は、データ復元ソフトの使用をお勧めします。今回おすすめする「iMyFone D-Back」はiOSデバイスだけではなく、iCloudやiTunesバックアップからプレビューしながら選択的にビデオの復元もできます。ぜひここでダウンロードしてiPhoneの動画が消えた悩みを解消してみてください!