日常ではiMessageの履歴はiPhoneの誤削除・不具合・初期化・機種変更で思わぬメッセージ紛失が起こる場合も決して少ないものとは言えません。バックアップなしの場合は、iPhoneメッセージだけを復元する手立てをご存知でしょうか?

iPhoneバックアップ対策に万全を期するとともに、そのリスクを冒してまで復元しなければならないメッセージかよく考えてみましょう。本文は、iOS専用データ復元ソフトを用いてiPhoneのメッセージだけを復元するソリューションについて提案いたします、どうかご参考いただければ幸いです。

1.iPhoneのメッセージだけを復元する裏ワザ

例え誤削除にしてもお気遣いなく、今から世界中にいる何百万人から勧められた専門ツール「iMyFone D-Back」を無料でチェックしましょう!

D-back iPhoneデータ復元

8,000,000+ Downloads

超強力iOSデータ復元

  • 【無料でプレビュー】 機種変更、不具合で復元できないまたはバックアップを取っていない場合は、メッセージの復元が無料で閲覧できます。
  • 【選択的にコンテンツをエクスポート】 エクスポートする前に欲しいデータのみ選択し、エクスポートして一括で復元することができます。
  • 【多種類対応】 メッセージ以外、LINEのトーク履歴写真、連絡先、メモなど18種類以上のデータを復元できます。
  • 【安全かつ操作しやすい】 高度な技術で高い成功率を保証し、ほぼすべてのiOS端末や最新のiOSバーションをサポートしています。

万が一、iCloud/iTunesのバックアップを取っていなかった、或いはiPhoneの既存のデータを失いたくない場合は、専門ソフト「D-Back」を使ったほうがいいです。メッセージを復元する前に、まず無料試用版をダウンロードして、削除したメッセージを読み込んでご覧ください。

では早速、以下の示すように操作順番をご覧ください。

iOSデバイスからりかばりーする

ステップ1.iPhoneをPCに接続し、スキャンします。

復元したいメッセージのデータを選ぶ

ステップ2.「メッセージ」を選択して読み込み、iPhoneからそれを復元しましょう。

復元したいメッセージのデータを選ぶ

ステップ3.データの検出ができた後、結果枠内で復元したいメッセージのデータをを選んで「リカバリーする」をタップします。復元済みまでお待ちください。これで消えたメッセージ記録が復元されます。

ご注意

※ メッセージを削除した後、まずはiPhoneの使用をお控えください。そうしないと、削除されたメッセージは上書きされ、回復できなくなる可能性があります。

※ 本製品の「iCloud / iTunesバックアップからリカバリー」機能を利用して、バックアップから復元したいデータだけを復元でき、手順は上記とほぼ同様に数分で済ませます!

※ iPhoneのメッセージ機能は主にiMessage・SMS・MMSの3種類で、D-BackでiMessage・SMSしか回復できませんので、ご了承ください。

iPhone「iMessage」で優先されるサービスの仕組み:

iPhone「iMessage」で優先されるサービスの仕組み

メリット

  • 復元する前に、検出されたデータをプレビュー表示し、確認してから必要なメッセージだけを選択して自由に復元できます。
  • データの検出した上で「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば結果を絞ってご覧になれます。
  • 3つのステップで手間を省いて、メッセージだけを取り戻すことが可能です。
  • 最新のiOS 15とすべてのiOSデバイス(iPhone 13/mini/Pro/Pro Maxを含む)をサポートします。

2.公式的にバックアップからiPhoneのメッセージを復元

2.1. iCloudバックアップからiPhoneのメッセージを復元

事前にiPhoneのバックアップを取っておくなら、焦らずにiCloud/iTunesバックアップから簡単にメッセージを復元できます。ところが、公式の方法はiDeviceをリセットしなければなりません、つまり、メッセージだけ復元することは不可能となります。「一文惜しみの百損」の損失を避けるため、既存のデータを事前にバックアップのは不可欠です。

Apple社のiCloudサービスを利用すると、WiFiと電源に繋がっている限り、iCloudで毎日デバイスのバックアップを自動的に作成して、損傷したときも大切な情報のコピーがあるので安心です。失われたメッセージを復活させる前に、まず図示をチェックしてiCloudの設定でメッセージのバックアップをオンにするかどうか確認してください。下記の手順に従ってiPhoneのメッセージを復元します。

詳細的な順番:

iPhone/iPadの場合:

  • ステップ1. iPhoneの設定画面の「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
  • ステップ2. 画面の指示に追って、iPhoneを工場出荷時の状態に戻します。
  • ステップ3. リセットができたら、初期設定の「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選びます。

iPhoneのリセットとデータ復元

2.2. iTunesバックアップからiPhoneのメッセージを復元

パソコンを持っている人には、iTunesを使ってiPhoneのデータを定期的にバックアップしている場合、メッセージ履歴もその中に含まれているため、iTunesバックアップからiPhoneのデータを復元すれば、失われたメッセージの回復されます。

精しい操作法:

iPhone/iPadの場合:

  • ステップ1. コンピュータにiPhoneを接続して、iTunesを起動します。
  • ステップ2. iPhoneのアイコンをクリックして、概要画面へ移動し、バックアップ欄の「バックアップを復元」をタップします。
  • ステップ3. 画面指示に従って進めます。処理が終了すると、メッセージデータはiPhoneに復元されます。

iTunesバックアップからメッセージを復元

メリット

  • iTunesでバックアップしたすべてが復元され、無料でお使いのデバイスに保存されます。

デメリット

  • 復元するバックアップはiPhoneの既存のデータに上書きしますので、メッセージだけ復元することは無理です。
  • バックアップしたデータをプレビューして確認することができません。いらないデータも一緒に復元されるかもしれません。
  • 復元する前に、iCloudのアカウントとパスワードを入力して、「iPhoneを探す」をオフにしなければなりません。

3.メリット・デメリットをまとめ

判断目安 D-Back iTunes iCloud
復元率
選択肢だけを復元 × ×
バックアップなしで復元 × ×
iTunesバックアップから復元 復元前にプレビュー プレビュー不可 ×
iCloudバックアップから復元 復元前にプレビュー × プレビュー不可
コンピューターの有無 必要 必要 不要
難易度 簡単 困難 困難
推奨レベル

最後に

今回は、iPhoneから削除されたメッセージだけを復元する奇策を提供いたしました。iOSデータ復元ソフト「iMyFone D-Back」は選択するオプションだけでデータを復活でき、復元する前に結果も確認できますので、必須なiPhoneデータ管理ツールとしてパソコンに入れておいて損はないと思い、皆さんにこの一番安全で効率的なツールを推薦いたします。

試用版が提供しておりますので、今すぐ無料版を試してみましょう!