iPhoneユーザーは、誤削除、異常なエラーなどにより、頻繫に「最近削除した項目」の写真が消えてしまったことに遭うそうです。最近削除された写真/動画が30日間保存されますが、期限が切れると、バックアップから或いは専門復元ソフトを使うしか復旧できません。

そうはいうものの、従来のバックアップから復元する方法と比べて、手間を省くコツは一体化する回復ソフト「iMyFone D-Back」を推薦いたします。今回は、削除した写真を復元する手立ての三つ、及び保存する時の注意すべきポイントを紹介したいと思います。お役に立てて何よりです。

1.iPhoneから完全削除した写真を復元する三つの方法

旧来より、写真を復元したい場合には、通念上iTunesとiCloudの二種類しかを考えません。

それなのに、多くのユーザーはきっと気づかないうちに画像を失ったもので、しかも皆でほとんどバックアップを取っておく習慣がないかもしれません。ここで先によりコントロールしやすい、一気にすべての写真を端末から回復する専門回復ソフトを紹介いたします。

バックアップなしで完璧に削除したiPhoneの写真を復元

iPhoneから消えたデータを元通りに回復するため、iMyFone D-BackというiPhoneデータ復元専門ソフトを使うのがお勧めです。初心者向けて簡単で、写真とビデオを含む18種類以上のデータをサポートします。前にあった問題に対して写真を復元する前に、まず無料試用版をダウンロードして、過去の隠すデータの読み込んでご覧ください。

関連記事をご参照ください:「iMyFone D-Backは無料ですか?」の答えがここに!

データ復元ソフト

800万以上のダウンロード

D-Backの主な特徴:

  • バックアップなしでiPhoneの削除された写真又はアプリ内の写真を復元でき、復元する前に履歴をチェックできます。
  • 公式の方法より自由!iPhone、iPad、iPod touchでの隠す写真のデータを選択的に、或いは全体を復旧可能です。
  • iPhoneの既存データに影響を与えずに写真だけを復活でき、データの上書きする恐れが一切ありません。
  • 専門知識不要!たった3つのステップで初心者でもできます。
  • 写真以外、メッセージ、Safariの履歴など22種類以上のデータをサポートしており、ほぼ全てのiOS端末やiOSバージョンに対応しています。

復元手法一覧

ようやく大人気のデータ復元ツールで写真を回復する手立てをご紹介致します!iPhone上に見当たらない写真をスキャンするには、プログラムをダウンロードしてパソコンにインストールし、以下の順に追ってください。

直感的に詳しい操作手順を確認するために、まずは動画チュートリアルでご覧ください!

iOSデバイスから写真復元 ビデオガイド

1パソコンに接続し、iPhoneを認識させる

iOSデバイスからりかばりーする

ソフトを起動し、画面で「iOSデバイスからリカバリーする」を選択し、「開始」をクリックします。共に復元されたいiPhoneをパソコンにつなぎ、ソフトはiPhoneを認識済みまで待ちます。完了できたら「次へ」をタップしてください。

2「写真」を選んで、復元をし続ける

復元したい写真の種類を選択する

回復したいファイルの種類一覧表で、復元したいデータの種類を選びます。ここで、「写真」にチェックが入れるだけでいいです。そして 「スキャン」をクリックして続行します。

3プロセスが完了する前によく待つ

復元したい写真のデータを選ぶ

スキャンが完了したら、結果一覧表から復元したい写真をチェックしで「リカバリーする」を押し、PCに保存します。因みに、ここで「削除されたファイルのみ表示」をクリックすれば結果を絞ってご覧になれます。

以上で完了致します。ただ数分で失われデータを取り出すなんて、すごく便利でしょう。

ご注意

  • iTunesやiCloudでバックアップが取っているかどうか関係なく!「iOSデバイスから復元する」だけで失われたデータを救いできます。
  • iTunesとiCloudでバックアップが取っていた方もD-Backの「iTunesからリカバリーする」と「iCloudからリカバリーする」モードでデータを回復します。

iTunesバックアップから完全削除したiPhoneの写真を復元

1iTunesを開き、iTunesは最新バージョンではないかをチェックします。そうでない場合は、先にiTunesを更新することをお勧めします。

2USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

3iTunesに認識されたら、左上のアイコンをクリックして「概要」>「バックアップを復元」をタップします。

4そのままプロセスが終了済むまでお待ちください。完了したら写真アプリにほしい内容を確認できます。

iTunesからデータ復元

ご注意

  • この手法は、iPhoneはWindowsパソコンやMacに同期していたことに限りできます。
  • アイフォン上の既存のデータを上書きしますので、ご注意ください。
  • バックアップファイル内のデータはプレビューできないため、復元したいデータが中に入っていない可能性もあります。

iCloudバックアップから写真を取り戻す

事前にiCloud ストレージにバックアップを取っておくこと。

1Windows/MacパソコンでiCloudを起動させ、登録します。

2エクスプローラーウインドウを開き、「お気に入り」の下で「iCloudフォト」>「写真およびビデオをダウンロード」をクリックします。

3必要とする写真とビデオを選択して、「ダウンロード」をクリックします。これで、選択した写真とビデオが、iCloud の「写真オプション」で設定した場所に一括でダウンロードされます。

4ダウンロードが完了すると、パソコンの指定ダウンロードフォルダに写真が表示されます。

iCloudからデータ復元

ご注意

  • この方法は、5G以上のバックアップに対して無料で行えません。
  • iPhone上の現存のデータを上書きする恐れがあります。
  • バックアップファイル内のデータはできますが、WiFiの環境若しくはエラー、時間を無駄にしてしまいます。

メリット・デメリットについて

判断目安 D-Back iTunesで復元 iCloudで復元
成功率
バックアップなしで復元 × ×
iTunesバックアップから復元 復元前にプレビュー プレビュー不可 ×
iCloudバックアップから復元 復元前にプレビュー × プレビュー不可
復元オプション 選択的または完全に 完全に復元のみ 完全に復元のみ
コンピューターとの接続 必要 必要 不要
難易度 簡単 困難 困難

ご注意

    上記の公式の回復法に対して、より優れている対処法はD-Backです。データを回復はより便利より簡単!

    最も、上書きや初期化で既存のデータを消さたくない場合、ソフトの「iCloud / iTunesバックアップからリカバリー」機能利用すれば、復元したいデータかだけを抽出して復元できます。手順は上記とだいたい同じで、僅か数ステップで済ませます。

2.iPhoneの写真復元に関するよくあるご質問(FAQ)

1iTunesバックアップから写真を復元する際の注意点がありますか?

公式の方法だと、バックアップデータに上書きされ、膨大な時間をかけ、データは選択的に復元できないという欠点が言われています。ただ、復元ツールを利用すれば、こいう問題を避けて無難です。

2iCloudバックアップから写真を復元する際の注意点がありますか?

上記の注意点と同じように、その一方、有料なiCloudストレージプランはかなり徒費で、D-Backでそいう難題を回避できます。

3データ復元で、iPhoneのスキャン途中で止まっていますが…

ネットワーク、もしくはデバイスとの接続に問題が生じたかどうか一度確認ください。プロセスを終了して、デバイスを再起動してからやり直してください。

4本当に無料で削除したデータを復元するのは無理ですか?

はい。業界では、iPhone、iPadなどアップル製品に向かって、無料のデータ復旧ソフトは存在しません。

最後に

以上でiPhoneで「最近削除した項目」から写真を復元する方法を紹介しました。復元方法は複数ありますが、「iMyFone D-Back」を利用のがお勧めです!

我が社が幅広く持つ技術力や、長年培ってきたデータ回復に関するノウハウを最大限に活用することにより、プロダクトは何百万の人気を集め、世界的に有名です。試用版も提供し、皆さんを悩みから解放して申し上げます。ぜひiPhoneデータ復元ソフトを楽にご利用ください。