今日では、iPhoneで撮った写真はデジカメよりも美しいと言えます。ただし、たまに「カメラアプリは起動するが、画面が真っ暗のまま撮影ができない」という症状が発生することがあります。

そこで本記事では、iPhoneでカメラを起動しても真っ暗になる症状の解決策を紹介します。

1.iPhoneのカメラが真っ暗になる原因とは?

iPhoneのカメラが真っ暗になる原因はソフトウェアとハードの問題が考えられます。

  • 1.カメラアプリ自体の故障
  • 2.カメラアプリを起動するシステムの不具合
  • 3.iPhoneシステムの不具合/li>
  • 4.カメラパーツの初期不良や故障
  • 5.iPhone本体基盤の損傷

2.iPhoneカメラが真っ暗になった時の対処法

2-1.カメラアプリを再起動

①ホームボタンをダブルクリックした後、カメラアプリをスワイプします。

②マルチタスクの一覧から削除します。

③カメラを再起動してみて治るか確認します。

2-2.iPhoneを強制再起動

iPhone 6以前

  • スリープボタンとホームボタンを10秒以上長押しします。

iPhone 7シリーズ

  • スリープボタンと音量を下げるボタンを10秒以上長押しします。

iPhone 8以降

  • 1.音量を上げるボタンを押したらすぐ放します。
  • 2.音量を下げるボタンを押したらすぐ放します。
  • 3.Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押します。

iphone 強制再起動

2-3.iOSを最新バージョンにアップデート

iOSを最新バージョンにアップデートすればバグが解消されるかもしれません。

①「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」と進み最新iOSバージョンの配布を確認して下さい。

②「ダウンロードとインストール」をタップしてパスコード入力後にでアップデートを開始されます。

③インストールは時間がかかるため、夜間インストールを選択すると良いでしょう。

2-4.iOS修復ツールでカメラの問題を修復

もしiOSのアップデートにも失敗する場合、iPhoneシステムの不具合かもしれません。iOSを修復しなければなりません。iMyFone Fixppoをご利用すれば、iPhoneのカメラが真っ暗になる不具合を手軽に修復できます。

このプロのiOS不具合ツールで、強力な機能を持っており、カメラ真っ暗の問題だけではなく、起動ループ、アップデート失敗などiOSに関するすべての問題、あるいはiOS 14を更新する際に発生する可能性のある他の問題をすべて修正することができます。 操作はとても簡単で、初心者でも簡単に使用できます。

無料で試す無料で試す

詳しい操作手順を見てみましょう。

ステップ1.コンピューターにiMyFone Fixppoツールをインストールして起動します。次に、「標準モード」を選択して、iPhoneをコンピューターに接続します。

標準モード iOS修復

ステップ2.お使いのデバイスが自動的に検出されます。「ダウンロード」をクリックし、修復用のファームウェアがダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.最後に「修復開始」をクリックし、iPhoneが再起動します。そうしてから、iPhoneのカメラ画面が真っ暗になる問題をデータを失うことなく問題を修復ます。

iOS修復開始

2-5.アップルサポートセンターに連絡

もしiOS修復ツールでもiPhoneのカメラが真っ暗ままに解決できない場合は、iPhoneの基盤を損傷していた可能性が大きいです。この問題を解決するために、Appleサポートセンターにサポートを連絡してください。彼らはハードウェア関連の問題を解決するために最善を尽くします。

まとめ

いきなりカメラが真っ暗になって困った方も多いでしょう。

ソフトウェアの問題をクリアにする前には、データ消失をする作業もありますので、バックアップをしっかりと行ってから始めて下さい。

iPhone本体の対処法を試しても直すことができなかった場合は、iOS修復ツールでカメラの問題を修復するのも1つの手なので、ぜひを試してください。

無料で試す無料で試す