iMyFone D-Back よくある質問

iMyFone D-Back

体験版と登録版はほぼ同じ機能ですが、少し違いがあります。体験版は、iOSデバイスのスキャンのみとその失われたデータをプレビューすることをサポートしています。登録版は失われたデータをプレビューするだけではなく、そのデータをプログラムに回復するのも可能です。

オペレーティング・システム:Microsoft Windows 10(64&32ビット)/ 8.1(64&32ビット)/ 8(64&32ビット)/ 7(64&32ビット)/ Vista(64&32ビット)/ XP(32ビット)。
iOS:iOS 7.0および最新のiOS 14を含むiOS 7.0以降のバージョン。
ハードウェアの要件:
CPU:1GHz(32ビットまたは64ビット)。
RAM:256 MB以上のRAM(1024 MB推奨)。
ハードディスク:200 MB以上の空きストレージ容量。

iPhoneのロックを解除し、iPhoneに「このコンピュータを信頼する」ダイアログが表示されます。「信頼する」オプションをクリックしてください。適切なUSB経由でiPhoneを再接続します。

復元または出荷時の設定にリセットすると、iPhoneのすべてのデータが消去され、iPhoneが新しいデバイスになります。このため、iPhoneから失われたデータを直接回復することはできません。iMyFone D-Backを使用するとiTunesおよびiCloudバックアップファイルから失われたデータを取り戻すことができます。

データが失われた後もデバイスを使い続けているため、新しいデータが古いデータを上書きしてしまいます。

注:データを削除した後、携帯を継続して使用しないでください。

D-Back(iPhoneデータ復元)はコンピューターでのみ実行できるため、iPhoneまたはiPadにはインストールことはできません。

1つの原因は、デバイスが正常に動作しておらず、コンピュータに接続されているときにiTunesがそれを認識できないのです。

この原因ではない場合は、他の理由となり、またiTunesがデバイスを識別した後の解決策を以下に示します。

  1. USBポートまたはケーブルが機能していません。他のUSBポートとケーブルで接続することを試してください。
  2. デバイスとコンピュータ間の接続が悪い。マウスとキーボード以外のすべてのUSB接続を切断し、またはiPhoneとコンピューターの両方を再起動します。
  3. コンピュータの互換性が低い。 別のコンピューターを試してください。
  4. ウイルス対策ソフトウェアは、その機能を制限します。ウイルス対策設定を変更するか、回復プロセスで無効にします。

これは、すべてのメッセージ文字列と連絡先が同時に削除された場合に発生する可能性があります。特にSMSの前に連絡先が復元されなかった場合は、連絡先情報と日付が完全に一致しない場合もあります。ただし、すべてのメッセージは「不明」セクションまたは他の電話番号文字列の下にあります。

ソフトウェアを解読するためのパスワードを持っている状況でのみ、D-Back(iPhoneデータ復元)は機能します。

デバイスをコンピューターにあるiTunesと同期すると、新しいデータが以前のデータを上書きするため、そうすることはお勧めしません。

iMyFone D-Backが動作しているコンピューターをiOSデバイスから信頼します。それからそのiOSデバイスを再起動していない場合は、iMyFone D-Backがそのデバイスに接続し、データを回復することは可能です。プログラムがロックされたiOSデバイスに接続できないが、iTunes / iCloudバックアップからデータを回復するのに役立ちます。

デバイスが無効である場合は、D-Back(iPhoneデータ復元)はそのデバイスからではなく、iTunesバックアップからデータを復元します。

D-Back(iPhoneデータ復元)はiOSデバイスで削除または失われたデータを集約するツールですが、iOSデバイスの電源を切るまたはiOSデバイスで新しいデータを輸入した場合は、削除または失われたデータの上書きを引き起こしやすいです。また、データが上書きされると、何のデータ復旧ツールとしてもiOSデバイスからデータを復旧できなくなります。

ここで入力する必要があるのは、暗号化されたiTunesのパスワードです。下の写真をご覧ください。iOSデバイスからデータを回復する場合、プログラムはデバイス上の既存のデータにアクセスするためにAppleのドライバーを必要とします。これはiTunesのパスワードを入力する原因です。

入力したパスワードが正しいかどうかを確認してください。iCloud.comでiCloudアカウントにログインしようとしましたか?また、Apple IDにニ要素認証を設定しましたか?した場合は、Apple IDの二要素認証をオフにする必要があります。

これは、アプリケーションフォルダにiMyFone D-Backをインストールする代わりに、Macに保存した後にソフトウェアをダブルクリックした場合に発生する可能性があります。この問題を解決するには、アプリケーションをアプリケーションフォルダーにこぴーし、インストールした後にプログラムを実行する必要があります。

メールとライセンスコードをコピーして貼り付けると、問題が発生する場合があります。登録する前に、ライセンスコードをコピーして.txtに貼り付け、誤ったテキストを削除してください。また、メールとライセンスコードの前後にスペースがないことを確認し、メールとライセンスコードを正しくコピーしてください。

iPhoneをプログラムに接続するには、まずiPhoneがコンピュータを信頼する必要があります。そのため、プログラムがiPhoneに接続できるかどうかを確認する前に、iPhoneから信頼したコンピューターに無料の試用版をダウンロードすることをお勧めします。さらに、プログラムはiOSデバイスからデータを回復できないかもしれませんが、iTunes / iCloudバックアップからデータを回復するのに役立ちます。

最近、私たちのウェブサイトとサーバーはより安全な環境のためにアップグレードしており、一部のユーザーは誤ったプロンプトを受け取りました。実際、iMyFone D-Backをアップデートするための新しいバージョンはまだリリースされていません。システムのバグについては申し訳ありませんが、修正に取り組んでいます。プロンプトを無視し、閉じてください。

現在、iOSデバイス上のデータが上書きされないため、iMyFone D-Backは回復したデータをiOSデバイスに転送しません。

ポップアップが表示されるのはiMyFoneヘルパーからのものです。 そして、それを削除したい場合は、「C:\ Program Files(x86)\ iMyFone」に移動し、またiMyFoneフォルダー全体を削除してください。そうすると、ポップアップが表示されなくなります。

ネットワーク速度が良好でも、iCloudアカウントにログインできない場合は、Apple IDに二段階認証設定したのが原因である可能性があります。AppleはiCloudバックアップの暗号化方式を変更し、二段階認証を設定したユーザーである場合は、iMyFone D-Backを使用してもiCloudのデータにアクセスできません。このため、正しいログイン詳細を入力しても、常に失敗します。実際、現時点では、二段階認証を設定したApple IDでバックアップされたiCloudデータにアクセスできる「データ復旧ツール」はありません。

コンピューターを再起動し、またソフトウェアを再度インストールしてみましょう。依然として機能しない場合は、コンピュータシステムをアップグレードすると、多少助けになります。コンピューターに組み込まれている自己更新機能を使用し、簡単にアップグレードできます。

会話のテキストコンテンツがシステム環境と互換性がよくない可能性があり、乱雑なコードが表示されます。ファイルのエンコードモードを変更できます。 開いたHTMLファイルを以下の手順で操作してみましょう:メニューオプションをクリックし、[その他のツール]をクリックします。→現在のエンコーディングを表示するために、エンコーディングします。Unicode(UTF-8)から需要な適切なエンコーディングに切り替えます。HTMLファイルを再度開くと、コンテンツが正常に表示されます。

WeChatのオーディオファイルを再生したい場合には、コンピューターに「楼月微信语音播放器」というアプリをダウンロードする必要があります。このアプリを利用し、オーディオファイルを再生できます。WhatsAppのオーディオファイルを再生する場合は、ファイル拡張子に従い、対応するプレーヤーをダウンロードしてインストールします。またはファイルをほとんどのプレーヤーで開くことができる形式に変換するのも再生できます。たとえとすれば、オーディオメッセージがopusファイルの場合、プレーヤーのfoobar2000を使用して再生できます。

修正に失敗した後、iPhoneの電源がオフになることになります。デバイスを次の手順でDFUモードにして、プログラムにiPhoneを認識させることができます。
1、ホームボタンと電源ボタンを同時に10秒間押します。
2、電源ボタンから離し、ホームボタンを約15秒間押し続けます。
DFUモードに入ると、プログラムは修正インターフェイスを表示します。「開始」をクリックし、iPhoneを修正します。

Macでプログラムを実行すると、ポップアップが表示され、「ライセンスコードを受け取ったので、今すぐ登録します」をクリックし、送信されたライセンス情報を入力して「登録」をクリックします。

1.「スタート」オプションを右クリックし、表示されたメニューから「実行」を選択します。または、キーボードのWindows + Rボタンを同時に押し、実行ウィンドウを呼び出します。

2.「実行」ウィンドウで「regedit」と入力し、Enterキーを押すと、 レジストリエディタが表示されます。

3.レジストリエディターの左側のペインから、iMyFoneフォルダーが見つかるまで下にドラッグします。 フォルダをクリックし、その下に、使用している製品のフォルダを見つけます。

4.製品フォルダを右クリックして、メニューを表示します。 「削除」を選択し、以下の通知が表示されたら「はい」をクリックします。

5.古いインフォメーションを削除した後、プログラムを再起動し、新しい登録コードで再度登録することができます。

以下の手順を実行する前に、プログラムを再起動して試したことを確認してください。

手順は次のとおりです:
ステップ1、最新のiTunesとiMyFone D-Backがインストールされていることを確認してください。
ステップ2、デバイスとコンピュータ間の接続が安定していることを確認してください。
ステップ3、今からiTunesを使用し、デバイスをバックアップします。
古いiTunesのバックアップが新しいバックアップによって上書きされることに注意してください。紛失したくない場合は、古いiTunesのバックアップファイルを別のフォルダに移動してください。

Windowsコンピュータ上のiTunesバックアップファイルのパスは次のとおりです。C:/Users/UserName/AppData/Roaming/AppleComputer/MobileSync/Backup/「文字と数字で名前が付けられたフォルダー」です。

Mac上iTunesバックアップファイルのパスは次のとおりです。
/Users/User name/Library/ApplicationSupport/MobileSync/Backup/「文字と数字で名前が付けられたファイル」

ステップ4、iTunesのバックアップが正常に作成されると、iTunesを閉じてiMyFone D-Backを開いてください。これで、左側のパネルから3番目のオプション「iTunesバックアップから復元」を選択し、スキャンしたばかりの新しいiTunesバックアップを選択できます。スキャン後、デバイス上で削除または失われたデータをプレビューできます。

注:事実上、この方法は、iTunesが削除または紛失したデータをバックアップするため、デバイスで削除または紛失したデータを取り戻すのに役立ちます。その結果は、デバイスを直接スキャンして回復できたものと同じです。

右上隅にある歯車のアイコンをクリックし、キャッシュファイルを保存するために選択したパスを確認してください。
パスに英語以外の単語で名前が付けられたフォルダがある場合、このエラーが発生しますので、「選択」をクリックして別のフォルダを選択します。または英語新しいフォルダを作成します。

それが完了したら、iMyFone D-Backを使用してデバイスを正常にスキャンできます。

iMyFone D-Backを使用してデバイスをスキャンすると、いくつかのキャッシュファイルが存在します。

キャッシュファイルを保存するロケーションを選択してください。 Windowsでは、プログラムの右上隅にある歯車のアイコンをクリックして設定する必要があります。Macでは、メニューの「設定」オプションをクリックする必要があります。 以下のスクリーンショットを参照してください。ロケーションを手動で選択しなければ、プログラムは空き容量が最大のハードドライブを選択します。

キャッシュファイルを保存するために選択したハードドライブの空き容量は、使用中のストレージよりも多くする必要があります。ハードドライブのスペースが十分でない場合、データの回復は失敗します。

これを修正する方法は次のとおりです:
Macを使用している場合は、不要なファイルをいくつか削除し、選択したハードドライブに十分なスペースがあることを確認してください。 ハードドライブの空き容量が、デバイスの使用済みストレージより多いことを確認してください。
Windowsを使用している場合は、キャッシュファイルを保存するために選択したハードドライブ上の不要なファイルを削除するか、代わりに別のハードドライブを選択することにします(以下のスクリーンショットを参照してください)。

iMyFone D-Backを使用してデバイスをスキャンすると、いくつかのキャッシュファイルが存在します。
キャッシュファイルを保存するロケーションを選択してください。 上記のエラーコードを満たしている場合は、キャッシュファイルを復元するために選択したパスが無効であることを意味します。 別のパスを選択する必要があります。
パスが英語の文字で構成されており、キャッシュファイルを保存するフォルダがまだ存在していることを確認してください。 パスを確認する方法は次のとおりです。
Macでは、iMyFone D-Back => Preferencesをクリックします。 次に、キャッシュファイルと復元されたデータを保存するパスを選択するオプションが表示されます。
Windowsコンピューターでは、右上隅にある歯車のアイコンをクリックします。 次に、オプションを表示できます。

以下の手順を実行する前に、プログラムを再起動して試したことを確認してください。

手順は次のとおりです:
ステップ1、最新のiTunesとiMyFone D-Backがインストールされていることを確認してください。
ステップ2、デバイスとコンピュータ間の接続が安定していることを確認してください。
ステップ3、今からiTunesを使用し、デバイスをバックアップします。 古いiTunesのバックアップが新しいバックアップによって上書きされることに注意してください。紛失したくない場合は、古いiTunesのバックアップファイルを別のフォルダに移動してください。

Windowsコンピュータ上のiTunesバックアップファイルのパスは次のとおりです。
C:/Users/User name/AppData/Roaming/Apple Computer/MobileSync/Backup/「文字と数字で名前が付けられたフォルダー」

Mac上iTunesバックアップファイルのパスは次のとおりです。
/Users/User name/Library/Application Support/MobileSync/Backup/「文字と数字で名前が付けられたファイル」

ステップ4、iTunesのバックアップが正常に作成されると、iTunesを閉じてiMyFone D-Backを開いてください。これで、左側のパネルから3番目のオプション「iTunesバックアップから復元」を選択し、スキャンしたばかりの新しいiTunesバックアップを選択できます。スキャン後、デバイス上で削除または失われたデータをプレビューできます。

注:事実上、この方法は、iTunesが削除または紛失したデータをバックアップするため、デバイスで削除または紛失したデータを取り戻すのに役立ちます。その結果は、デバイスを直接スキャンして回復できたものと同じです。

100%安全

256ビットSSL経由で購入

30日間

返金保証を提供

生涯無料

カスタマサポート

1700+

権威メディアからの信頼

2,000,000+

忠実な顧客

top icon