技術に関するよくあるご質問

iMyFone KeyGenius

複合化のスピードは、パスワードの長さや複雑さ、PCパフォーマンスやメモリー空間、iTunesのメモリー空間、iOSのバージョンなど、さまざまな要素と密接に関連があります。

プロセスを速くするには、「ブルートマスクアタック」を利用してパスワードを探すための情報を提供することをお勧めします。

終了していないフォルダーや間違ったファイルを選択した時に発生します。正しいバックアップフォルダーは、小文字と数字を組み合わせた名前が付いています。

例:“53b8cccf1c5a6d0d6a19e26230d1d113472c3d48”.

フォルダー

いいえ、一度iMyFone KeyGeniusを購入されたらライセンスコードの有効期間内で無制限にバックアップファイルを解除することができます。

辞書ファイルは、文字と数字の考えられる組み合わせを多数内蔵しています。可能性のあるパスワードはワードリストとしてより正確に認識されています。iMyFone KeyGeniusは驚くべきスピードでパスワードをひとつひとつ自動的に探します。

いいえ。他のiTuensバックアップ解除ソフトウェアと異なり、iMyFone KeyGeniusは最新の進んだ技術でプログラムされているため、バックアップデータの100%の安全を保障します。

このソフトウェアは複合化スピードを改善して、平均より40倍速めるためにCPUリソースを使用します。これにより、コンピューターの速度が遅くなることがあります。コンピューターを他のことで必要な際は、2つの追加オプションがあります。

オプション1. 一時停止ボタンをクリックして解除システムを一時停止します。解除過程を自動的に保存します。

一時停止

オプション2. CPU使用率を減らす

CPU使用率を減らす

バックアップを暗号化する際、iTunesはパスワード(暗号化設定)をご利用のiPhoneに保存します。そして、作ったバックアップはデフォルトとして自動的に暗号化されます。一度パスワードを忘れると、暗号化されたバックアップからパスワードを取り戻すのに非常に時間がかかります。

いいえ、「パスワード無しで解除する」を使ってバックアップ暗号化設定を解除すると、iPhoneの再設定が必要になります。「Appとデータ」画面から「新しいiPhoneとして設定」を選んでデータの消失を防いで下さい。

「iPhoneを探す」をオフにするには、以下の手順に従ってください。

ステップ1.iPhoneのホーム画面から設定画面を開く

ステップ2.「名前」>「iCloud」>「iPhoneを探す」と進む

ステップ3.「iPhoneを探す」にある緑のスイッチをクリックしてオフにする

ステップ4.Apple IDを入力してプロセスを完了する

KeyGeniusはiTunesバックアップ解除の間、自動的に解除の進行を保存し、原因不明で進行が妨げられ、全ての進行を消失した場合に備えています。保存の間隔はデフォルトで5分となっています。

100%安全

256ビットSSL経由で購入

30日間

返金保証を提供

生涯無料

カスタマサポート

1700+

権威メディアからの信頼

2,000,000+

忠実な顧客