iMyFone LockWiper よくある質問

iMyFone LockWiper

ステップ1:iMyFone LockWiperをコンピューターにダウンロードして開いてください。

ステップ2:右上隅にあるユーザーアイコンをクリックし、「登録」を選択してください。「登録」ウィンドウがポップアップ表示され、登録が求められます。

LockWiper製品登録

ステップ3:そちらにコピーしたライセンスのメールと登録コードを貼り付けてください。次に「登録」をクリックしてアクティブにします。これからLockWiperのすべての機能を利用できます。

注:登録コードの最初または最後にスペースがコピーされていないことを確認してください。

はい、画面パスコードの解除とApple IDの解除はデバイスのデータを削除します。それに、画面パスコードのロックを解除するのはデバイスのシステムを最新のiOSバージョンにアップデートさせます。

次の状況では、パスコードなしでiOSデバイスのロックを解除する必要があるかもしれません。

  • iDeviceのパスコードを忘れたが、それにアクセスしてさらに操作を実行したい場合。
  • 画面がロックされた中古のiPhone / iPadを入手し、使用する前にロックを解除する必要がある場合。
  • iPhone / iPadの画面が壊れていて使用できない場合。
  • 他の人によってiPhone / iPadパスコードが設定され、パスワードがわからない場合。

はい、iMyFone LockWiperを使用するときは、iTunesをコンピュータにインストールしたままにしてください。iTunesをインストールしなければ、デバイスがプログラムに認識されないのです。PC / MacにiTunesがない場合は、公式サイトにアクセスして、最新バージョンのiTunesをダウンロードしてください。

iPhone / iPadがLockWiperに接続できない場合は、次の4つのことをしてみましょう。

  • 1.デバイスのプラグを抜き、再度差し込みます。プログラムを再起動して、再度接続してください。
  • 2.USB接続を確認して、元のUSBケーブルで別のUSBインターフェイスに接続してみてください。
  • 3.iTunesがデバイスを認識できるかどうかを確認してください。iTunesがデバイスを認識できない場合は、iMyFone TunesFixを使用して接続の問題を修復してみましょう。
  • 4.それでもデバイスが認識されない場合は、デバイスをDFUモードまたはリカバリモードにして、検出されるようにしてください(画面パスコードのロック解除モード)。

iMyFone LockWiperを使用すると、以下のようなすべてのタイプのiPhone / iPadパスコードを簡単に解除できます。

  • 4桁のパスコード
  • 6桁のパスコード
  • Touch ID(指紋認証)
  • Face ID(顔認証)

LockWiperの体験版をダウンロードして、PCまたはMacで起動します。デバイスをデバイスに接続したら、Apple IDロック解除モードを選択します。Apple IDを削除できる場合は、「ロック解除の開始」をクリックしてプロセスを続行できます。Apple IDを削除できない場合は、「お使いのデバイスはサポートされていません」というメッセージが表示されます。

はい、デバイスにアクセスできる場合、iMyFone LockWiperを使用すると、パスワードなしで古いApple IDを簡単に削除できます。その後、別のApple IDでログインするか、新しいIDを作成するかもできます。

このソフトウェアはApple IDをiDeviceから削除/削除するように設計されていますが、Apple Serverからは削除されないことに注意してください!したがって、完全に削除されるわけではありません。すべてのコンテンツと設定を消去せず、削除後にiTunes経由で更新または復元しないでください。

はい、iPhone、iPad、iPod touchをワイヤレスで最新のiOSバージョンに更新できます。ただし、PCまたはMacからファームウェアを更新できない場合があります。

LockWiperを使用して、以前のユーザーのiCloudアカウントを削除できます。 iOS 11.3以前のバージョンを搭載したデバイスの場合、LockWiperは、「iPhoneを探す」がオンになっているかどうかと関係なく、それを削除するのに役立ちます。 これらのiOS 11.4以降の場合、このプログラムは、「iPhoneを探す」がオフの場合にのみ削除できます。

以前のApple IDを削除すると、自分のApple IDを使用できるようになります。そのため、前の所有者はデバイスの場所を追跡できなくなります。

以前のApple IDを削除すると、自分のApple IDを使用できるようになります。したがって、前の所有者はデバイスを紛失モードにすることができなくなります。

デバイスがLOSTまたはSTOLENであると報告された場合は、デバイスはアクティベーションロック状態であるため、iCloudアクティベーションロックを解除できないかもしれません。

LockWiperは、すべてのAppleデバイスからのApple IDの削除できます。詳しくは、LockWiperの技術仕様ページをご参照ください。

LockWiperは、「iPhoneを探す」が無効になっているときに、すべてのiOSバージョンのAppleデバイスからApple IDを削除することができます。「iPhoneを探す」がオンになっている場合、iOS 11.3およびもっと前のバージョンのみがサポートされます。iOS 11.4以降のバージョンからApple IDを削除する場合は、「iPhoneを探す」がオフになっていることを確認する必要があります。

はい、私たちは100か国以上から約200万人の顧客にサービスを提供している会社です。LockWiper Apple ID削除ツールは、お客様にとって完全に安全で合法です。私たちは、お客様が問題を解決するとプライバシーを保護するのを支援するだけです。

iPhoneはアクティベーションロックのところにスタックしている場合は、Apple IDとパスワードを見つける必要があります。このプログラムは、デバイスに正常にアクセスできる場合にのみ、Apple IDを削除するのに役立ちます。

1.プロセス全体を再試行し、すべてのステップを正しく実行していることを確認してください。 (正しいファームウェアをダウンロードし、ディスクに十分なスペースがあることを確認してください。)

2.再起動し、必要に応じてプログラムを再インストールし、すべての手順を再試行してください。

3.ログファイルとスクリーンショットを使用してフィードバックを直接送信し、サポートチームに連絡します。またはsupport_jp@imyfone.comに詳細情報を連絡してください。

プログラムがデバイスに適したファームウェアを自動的に検出するため、提供されているファームウェアを一つ選択してください。 検出に失敗した場合は、そのページで利用可能なものを選択して、自分でダウンロードするのもできます。

はい、できます。スクリーンタイムのパスコードと制限パスコードはiOS12前後のバージョンにそれぞれ同じ作用を果たしています。LockWiperは、iOSデバイスのスクリーンタイムのパスコードと制限パスコードの両方のロック解除をサポートしています。

いいえ、削除しません。LockWiperはスクリーンタイムのパスコードと制限パスコードを素早く解除します。データは損失しません。

iOS 12および以降のバージョンの場合には、LockWiperはScreen Timeパスコードを直接削除します。

iOS 11および以前のバージョンの場合には、LockWiperはデバイスの現在の制限パスコードを取り戻します。

心配はいりません。100%安全です。LockWiperは、スクリーンタイムのパスコードと制限パスコードを保存または使用しません。さらに、LockWiperでスクリーンタイムのロックを解除しても、デバイスのデータは失われません。

iMyFone LockWiperは、iOS10.2および以降のデバイスのMDMアクティベーション画面をバイパスします。

100%安全

256ビットSSL経由で購入

30日間

返金保証を提供

生涯無料

カスタマサポート

1700+

権威メディアからの信頼

2,000,000+

忠実な顧客

top icon