iPadやiPad Proを使っていると、以前に比べてバッテリーの減りが早くなったと感じませんか?それは日常使用で、電池消耗を激しくする習慣を付けるからかもしれません。また、電子機器といえば、長年使用していると経年劣化してきます。これは避けることができません。

ただし、「新品のiPadなのに充電の減りが早い!」「iPadが充電しているのに逆にバッテリーが減る!」、こういう怪しい事象も時にあります。今すぐ本文でこれらの不具合の原因と対処法を確認しましょう!

iPad バッテリー 減りが早い

直感的に対処法を学びたい方はこの動画ガイドを見て⇩

iPadバッテリー減りが早い

Part 1.iPadバッテリーの減りが早い原因と対処法 ― 日常編

あまり考えたことはないかもしれませんが、以下の4つのことはiPadの電池消費を早くします。iPadのバッテリー減りが早いと感じる時、まずはこれらをチェックして修正しましょう。

1アプリを大量に開いている

1つのアプリに対して電力を消費していきます。特にTwitterやInstagramなどのようなSNSは常に通信を行なっているので電力消費が激しいです。ゲームアプリも容量が大きい分、バッテリーをどんどん減っていきます。

対処法:電池を多く使用している不要なアプリを閉じる

  • ステップ 1.「設定」>「バッテリー」をタップする。
  • ステップ 2.「24時間以内」または「過去10日」にApp毎のバッテリー使用状況が確認できる。その中で電池消費量が多いが、あまり使わないアプリがあるか調べる。
  • ステップ 3.ホームボタンを2回素早く押すか、画面の中央下から中部までスワイプして、アプリ一覧を開く。
  • ステップ 4.不要なアプリは上方向へスライドすると、アプリを閉じる。

iPad アプリ 閉じる

2アプリの自動更新がオンになっている

アプリは、各開発会社から新しくリリースされています。常に新しいバージョンのアプリが望ましいため、自動更新がオンになっていることがあります。自動更新がオンになっていると、無意識のうちにアップデートが実行されるため、バッテリー消費が激しくなります。

対処法:アプリ自動更新をオフ

  • ステップ 1.「設定」アプリを起動し、「一般」>「Appのバックグラウンド更新」をタップする。
  • ステップ 2.「Appのバックグラウンド更新」をオフにする。
  • ステップ 3.「設定」に戻って、「App Store」を選ぶ。
  • ステップ 4.「自動ダウンロード」欄で「Appのアップデート」をオフに切り替える。

iPad アプリ 自動更新 オフ

3位置情報やGPSが使用されている

GPSを使ったアプリは、通信を常に行なっています。Google Mapや位置情報ゲームのポケモンGOなどはバッテリー消費が大きいため、不要であれば先ほど紹介した手順でアプリを閉じておきましょう。また、位置情報を無効にすることもiPadのバッテリー減りが早い問題の改善に役立ちます。

対処法:GPSの設定を無効にする

  • ステップ 1.設定アプリを起動し、「プライバシー」から「位置情報サービス」を選択する。
  • ステップ 2.GPSを使用しているアプリの一覧が表示される。
  • ステップ 3.アプリごとに設定することもできるし、全てのアプリに対してGPSをオフにすることも可能。必要に応じて設定しよう。

iPad アプリ 閉じる

4極端な温度環境でiPadを使う

Appleの製品は、最適な温度の利用環境が通知されています。こちらによると、『0度〜35度の間が最適な温度』とされています。その範囲外の温度環境で利用している場合、バッテリーのパフォーマンスが低下して、電池の減りが早くなる可能性があります。

対処法:iPadの利用環境を改善

利用環境が極端に温度差があるなど過酷な状況であれば、iPadを常温に近い環境にしばらく置いて、再利用しましょう。ちなみに保管であれば-20度〜45度の間であれば問題ないようです。

Part 2.iPadバッテリーの減りが早い原因と対処法 ― iPadOS不具合編

上記のことを修正しても、iPadの電池の減りが変わらずに早い場合は、次のようにiPadOSに問題が生じたと考えられます。

1電池消耗が激しいiPadOSバージョンをインストール

iPadOSのバージョンによっては、電池消耗が激しいバージョンが報告されています。消費電力量を修正したバージョンが更新されていることもあるので、もし古いバージョンを利用している場合は、アップデートしましょう。

対処法:iPadOSをアップデート

  • ステップ 1.設定アプリを起動し、「一般」を選択し「ソフトウェア・アップデート」をタップする。
  • ステップ 2.「ダウンロードとインストール」をタップし、パスコードを入力、利用規約に同意するとダウンロードが開始する。
  • ステップ 3.しばらく待つとダイアログが表示される。「今すぐインストール」をタップすると最新版のiOSがインストールされる。

iPadOS アップデート

Tips:

今のところ、iPadOS 16のベータ版がリリースされました。それをインストールした後、iPadバッテリーの減りが早くなってしまうことが報告されます。そんな時、逆にiPadOSをダウングレードする必要があります。

関連記事:『iOS/iPadOS 16をダウングレードする方法』

2iPadシステムに不具合が出る

iPad電池の減りが早い原因のもう1つは、今使用しているiPadOSに不具合があることです。そんな時、「iMyFone Fixppo」というiPad不具合修正ツールを利用すれば簡単に対処できます。このソフトは強力で、既存のデータを損害しないでiPadOSを迅速に修復するのは可能です。バッテリーどころか、iPadそのものの動作がおかしいことに完璧に対応します。

Fixppo iPad不具合修復
Fixppo ロゴ Fixppoの優秀なポイント!
  • バッテリー減りが早い問題の他、タッチパネルが反応しない再起動の繰り返しなど50以上の不具合も解決可能
  • 特別な知識は必要なく、自宅でも素早く修正を完結
  • 無料でワンクリックだけでリカバリーモードを起動・解除できる
  • WindowsとMacの両方、最新のiPad/iPadOS/iPhone/iOSに対応済
無料ダウンロード 無料ダウンロード

Fixppoを使ってiPadOSを修正する手順

ステップ 1.上記のボタンからソフトをダウンロードして起動したら、ホーム画面で「システムを修復」>「標準モード」をクリックします。

修復モードを選択

ステップ 2.修正したいiPadをパソコンに接続して、「次へ」をクリックします。

ステップ 3.インストールできるiPadOSバージョンから、希望するものを選択して「ダウンロード」をクリックしましょう。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 4.確認したら「開始」ボタンをクリックして修復を始めます。デバイスが自動的に再起動するまでは操作せず、再起動後に電池の消費状態を確認します。

修復開始

Part 3.iPadバッテリーの減りが早い原因と対処法 ― 電池編

上記のような対処法を実施しても改善しない場合は、バッテリー本体がすでに劣化したことは確定的だと言えます。iPadを100%充電した後すぐになくなったような電池の減りが異常に早いこと、またはiPadが頻繫に熱くなることは電池劣化の症状です。

数年使用している場合は、バッテリーが物理的に消耗していることは避けられませんね。お近くの修理業者へ問い合わせて交換してみましょう。

Part 4.iPadバッテリー減りによくある質問

ここでは、iPadのバッテリー減りについて、ユーザーがよく抱える疑問をまとめて答えていきます。

Q1.新品のiPadですが、充電の減りが早いのはなぜ?

購入したばかりなのに充電の減りが早い場合は、バッテリーの初期不良である可能性が高いです。購入したお店に問い合わせて交換・返金処理などをしてもらうよう手続きをしましょう。

Q2.iPadを充電しているのにバッテリーが減る、どうして?

電力供給量よりも、iPadが消費している電力が大きいことが考えられます。不要なアプリを削除、自動更新をオフにするなどして、iPadの処理をできる限り減らしましょう。

また、電源を切った状態で充電すると効率的に充電できます。さらに、充電ケーブルの接続端子にある汚れを拭き取ったり、別のライトニングケーブルを利用してみたりするのも1つの解決策です。

Q3.iPadのフル充電時間はどのくらい?

購入時に付属している純正の充電アダプタを使用すれば、充電0%から100%になるまで4〜5時間ほどかかります。

急速充電対応のUSB-C充電器を使用すると、2時間かからずに100%充電できます。


最後に

今回はiPadバッテリーの減りが早い問題を中心に、原因や対処法などを詳しく解説しました。もしお役に立てれば幸いです。どうしても修正できなくて仕方ない場合、一度電池交換も検討してください。

そして、iPad本体の問題だと感じてそれを修正したい方は、おすすめした各種の問題にも対応できるiPad不具合修復ツールをぜひ利用してみてくださいね。無料でダウンロードできるうえ、高度な機能を提供しています!ここで入手して試してみよう!