iPadの電池が切れた後、電源ケーブルを挿して充電しようとしたが、何時間が過ごしても雷みたいな充電マークを表示したまま、まったく使えない状態になりました。

最近、「iPadの電池の形に赤い印がついたマークが出ることは何を意味するのか」をオンラインで尋ねるユーザーがいます。また、Appleサポートの最近の投稿では、何時間がかかってもiPadは充電マークの状態で使用できないユーザーの苦情が見えます。

現在、私たちの生活はデジタルデバイスから離れられないでしょう。そのため、何か問題が発生し、それらを使用できなくなった場合、かなり困るかもしれません。本記事では、iPadが充電マークのままで充電できない時の対処法を紹介します。

iPadの赤い印がついた電池マークはどういう意味か?

ipad 電量不足

上記のような赤い印と雷をついた充電マークとは、iPadは完全放電の状態であるということです。通常、電力が十分に残っているiPadの電源を切っても、再び電源を入れてつえ可能だと思います。しかし、完全放電の場合には、そもそも起動に必要なだけの電力を蓄えていないので、再起動することはできません。

バッテリー残量が非常に少なくなっています。デバイスを電源に接続し、10分以上充電してからデバイスを使ってください。それ以降は、充電しながらデバイスを使うことができます。

と、アップル公式サイトで記載しています。

ただし、ライトニングケーブルを何回挿入しても、このマークが出たままで充電できなくなったケースも少なくないです。

iPadを修復する前に確認すべき2つのこと

1新しいケーブルを買い替え

電源を切る前にバッテリーの赤い印が3回点滅する場合、iPadが充電するのに十分な電力を受け取っていないことを意味します。これは通常、非正規のApple充電器とライトニングケーブルが使用されている、またはライトニングケーブルが損傷していた場合に発生します。

とりあえず、新しいケーブルを挿して見てみましょう。

注意事項:

① 純正のAppleライトニングケーブルや充電器を使用していることを確認してください。

② もう一度確認する前に、少なくとも一時間待ってください。

2iPadを強制的に再起動

iPadのソフトウェアまたはアプリがこの問題を引き起こす場合があります。iPadを強制的に再起動すると、これらのアプリをすべて強制的に閉じ、再起動します。以下のステップを試し、問題が解決できるかどうかを確認してください。

  • Touch IDを搭載している場合、トップボタンとホームボタンを同時に押し続けます。Appleのロゴが表示されたら、両方のボタンを離します。
  • Face IDを搭載している場合、音量大ボタンを押してすばやく放し、次に音量小ボタンを押します。次に、電源ボタンを押し続けます。Appleのロゴが表示されたら、ボタンを放します。

ipad 強制再起動

上記のように修正しても問題が解決できない場合、iPadOS不具合や物理的な損傷の可能性が高いです。次のセクションに進み、赤い充電マークを表示したままに充電できないiPadを修復する3つの効果的な方法を確認して順番に試してみよう!

充電マークのままに起動できないiPadを修復する3つの方法 

1iPadOS不具合ならデータが失われることなくiPadを修復

iPadのシステムが崩壊したら、完全放電状態になったり、画面真っ暗になったりすることがよく出てきましたね。こんな時、iPadOSを修復したら、iPadは正常の状態に戻って無事に起動できます。

データを失うことなく、赤い印と雷みたいな充電マークが表示されているiPadを修復したいなら、「iMyFone Fixppo」のご利用をお勧めします。これは高速で使いやすいプロのiPad不具合修復ツールです。

Fixppoの特徴4選!

  • 【各種の問題を解決】iPadが充電できない問題の他、リンゴループ画面真っ暗を含むすべてのiPadOS関連の不具合を確実に解決できる。
  • 【修復の成功率が高い】独自の技術による2つの修復モードで、iPadを完全に修復するのは可能。
  • 【自己修理】操作が簡単で、専門知識やスキルは必要ない。初心者でもワンクリックでiPadOSシステムを修理できる。
  • 【幅広く対応】最新のiPadOS 16とモデルを含む、すべてのiPad/iPhone機種とバージョンにサポート。

FixppoでiPadが充電マークを表示したままに充電できない問題を修復する手順

ステップ 1.上記のボタンからソフトをダウンロードして起動したら、「標準モード」を選択して、USBケーブルでiPadをパソコンに接続します。

標準モード iPadOS修復

ステップ 2.ファームウェアをダウンロードしてデバイスを修復します。プログラムは自動的にデバイスを検出し、適切なファームウェアを選択してダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 3.「開始」ボタンを押すだけでいいです。プロセスは短時間だけで完了し、そしてデバイスはすぐに稼働できます。

iPadOS 修復完了

それでおしまい!プロのiPadOS修復ツールを使用すると、誰でもわずか3つの簡単なステップでiPad不具合を修復できます。

Fixppoのユーザーレビュー:

Fixppo ユーザーレビュー

レビューをもっと見る>>

関連記事:『iMyFone Fixppoは機能するか?見逃せない公式なレビュー』

2iTunesを介してiPadをリカバリーモードで修復

この方法ではデータが失われる可能性があることに注意してください。無論、以前のバックアップからデータを復元できます(バックアップある場合)。

ステップ 1.修復する前に、iTunesのバージョンは最新であることを確認してください。

ステップ 2.付属のUSBコードでiPadをコンピューターに接続します。

ステップ 3.iTunesを開きます。ホームボタンとトップボタンを押し続けます。(Face IDの場合、電源オフのスライダーが表示されるまで電源と音量小ボタンを押し続けます。)

ステップ 4.iTunesで表示されているポップアップから「復元」を選択します。

iTunes リカバリーモード iPadOS 復元


FixppoとiTunesのとちらを選択すればいいですか?各自の特徴を以下でまとめるが、比較して見てみよう!


成功率 難易度 所要時間 データ損失 修正できるもの
iMyFone Fixppo 99% 簡単 速い なし すべてのシステム/ソフトウェアの問題
iTunesのリカバリーモード 80% 複雑 遅い あり ほとんどのソフトウェアの問題

3アップルサポートセンターに連絡

上記のすべての方法を実行してもiPadが充電マークのままに起動できない問題を解決できない場合は、iPad本体が損害されたかもしれません。残念ながら、このようなハードウェアの問題ではiPadOS不具合修復ツールが役に立ちません。

端子が壊れてたり、バッテリーが劣化したりする場合は、自力でも解決できない問題なので、Appleサポートセンターに連絡することをお勧めします。


結論

iPadを完全放電に置いたことをできる避けたほうがいいと思います。今のiPadに使われているリチウムイオン電池では、むしろそのような行為は電池の劣化に繋がるといわれています。

iPhoneが完全放電した後に、動かなくなってしまった場合や、いつまで経っても充電されない場合には、自力で解決するよりもiPhoneを修理に出すことをおすすめします。

iPadOSの原因で雷っぽいマークが出たまま充電すらできない場合、または他の問題が発生している場合、「iMyFone Fixppo」の体験版をダウンロードして直しみてください。