「Q:iTunesでiPhoneをiOS 14にアップデートしたら、「iPhoneをアップデートできませんでした。不明なエラーが発生しました(4000)。」が出ました。エラー内容が不明なのですが、内容と対応をご存知の方は紹介いただけますでしょうか?」

iPhoneをアップデートや復元すると、失敗して不明なエラーが出てしまうことは珍しくありませんね。iTunesエラー4000は、よく報告されるエラーコードの一つです。この文章では、このエラーの意味と対処方法を説明したいと思いますます。iOS 14のアップデート中に同じ問題が発生する場合は、ぜひ以下の方法を試してみてください。

iPhoneアップデート中のiTunesエラー4000とは?

iTunesエラー4000は、iTunes経由でiPhoneをアップデートや復元しようとする時に発生するエラーです。この問題は、アップデートまたは復元の最中にiOSデバイスとiTuneとの接続が切断された場合に起こることが多いようです。他に考えられる原因は以下の通りです。

  • iTunesのバージョンが古すぎます。
  • iOSまたはiTunesに関連するレジストリーが破損しました。
  • 他のソフトウェアの影響によりiTunesが動作不安定になってしまいました。

万が一iPhoneは最新のiOS 14へのアップデートに失敗して、iTunesエラー4000が出た場合は、下記5つの方法で修正することが可能です。

iTunesエラー4000

iOS 14アップデート失敗後のiTunesエラー4000を修正する方法

方法1.iTunesを最新バージョンに更新

iTunesのバージョンは最新ではないとアップデートや復元にエラーが発生することが多いですので、エラー4000が出た場合はまずiTunesは最新版にアップデートしてください。

iTunesウインドウ上部のメニューバーから、「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」の順に選択し、画面の指示に従えば簡単に更新できます。Macの場合は、App Store ウインドウの上部で「アップデート」>「インストール」をクリックします。

iTunesを最新バージョンに更新する

方法2.iPhoneまたはコンピュータを(強制)再起動

iPhoneやコンピュータを一度再起動、または強制再起動することで一時的な動作不良を解消し、iTunesエラーが修正されることもありますので、とりあえずデバイスの再起動を実行してください。iPhoneを強制的に再起動する場合は、下図をご参照ください。

iPhoneを強制再起動する

方法3.USB接続状態を確認(別のケーブルや端子を変更)

USBの接続状態が良くないとエラーが発生しますので、次にするべきのはUSBの接続を確認することです。方法は簡単です。別のUSBケーブル、または別のUSBポートに変更して、iPhoneが正常にアップデートできるか試してみてください。

方法4.ウイルス対策ソフトウェアを一時に停止

一部の他社製ウイルス対策ソフトウェアはiTunesと競合するためiPhoneのアップデートに失敗してエラーコード4000が表示される場合もあります。その時は、インストールされたウイルス対策ソフトウェアが実行中かどうかを確認しましょう。そして、ソフトを一時的に無効にして、iPhoneが無事にアップデート完了してからまたソフトウェアを起動します。

方法5.強力な修復ツールでエラー4000を修正

上記の方法をすべて試しても解決しない場合は、iOSに関連したどんな問題も修復するために作られたiOS専用修復ツール「iMyFone Fixppo」を利用することをお勧めします。

このFixppoを使うことによって、iOS 14アップデート中のiTunesエラー4000だけではなく、更新失敗で起こしたリンゴループやブラックアウト、起動障害など、あらゆるiOS不具合の解消に対応できます。

それでは、Fixppo経由でiTunesエラー4000を修正する詳しい操作手順を見ていきましょう。

無料で試す無料で試す

ステップ1.プログラムを上記よりインストールして起動し、「標準モード」をクリックしてください。

標準モード iPhoneを修復

ステップ2.修復の前にデバイスに利用可能なファームウェアを取得する必要があります。最新のiOS 14が検出されたら、「ダウンロード」をクリックしてください。

ファームウェアをダウンロードする

ステップ3.ファームウェアがダウンロードされるまで待ちます。修復の「開始」をクリックするとすぐに、デバイスの修復が始まります。2、3分ほど経つと、デバイスは通常の状態に戻り、正常に起動するはずです。

iPhoneを修復する

これで、iTunesのエラー4000が修復される同時に、iOS 14へのアップデートも完了しました。まさに一石二鳥です。

方法6.ワンクリックでiTunes不具合を解消

iMyFone TunesFix」と呼ばれる専門のiTunes修復ツールを使用して、iPhoneのアップデート、バックアップ、復元などに関する問題を迅速に修正できます。このソフトウェアを使用して問題をすばやくスキャンし、[修復]ボタンで修復できます。TunesFixは、iTunesの修復以外にも、iTunesの迷惑メール/一時ファイルを消去し、iTunesのパフォーマンス上げるのに非常に役立ちます。さらに、TunesFixを使用してトラブルシューティングのためにワンクリックでiTunesを完全にアンインストールできます。全体として、iMyFone TunesFixは、iOSのすべてのユーザーに必要な究極のiTunes修理およびメンテナンスツールです。

このiTunes修復ツールは、不明なエラー4000など100種類以上のiTunes問題を自動検出し、iTunesをすばやく修復できます。操作とても簡単で、ソフトをインストールして実行しすればコンピュータ上のiTunesが自動的に検出されます。iTunesに問題がある場合は、下の画面が表示されます。

TunesFixを起動する

そこで「修復」をクリックします。そして、iTunesの修復作業が実行され、数秒でiTunesが修復されます。

最後に

以上は、iOS 14へのアップデートが失敗してiTunesエラー4000が表示される時の対処方法です。中では、「iMyFone Fixppo」が最も簡単で効果的です。iTunesエラー修復だけではなく、アップデート後に発生する様々なiOS不具合の修復にも役立ちますので、おすすめします。

無料で試す無料で試す