フル充電したのに、バッテリー残量が急になくなったのはなぜ?iPhone電池の減りが異常に早いには多くの原因が考えられます。本記事では、iPhoneのバッテリーの消耗が早くなってしまう理由を挙げ、iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツをご紹介しています。

Part 1:iPhone電池寿命・バッテリー容量を確認する方法

iPhone 電池の減りが早い原因で多いのは、電池の経年劣化です。

リチウムイオン電池が用いられるiPhoneは数年使い続けていれば、バッテリーを充電してもすぐ消耗してしまったり、急に充電ができなくなったりと不具合が発生している可能性が高いです。バッテリーの減りが早い原因と対処法を紹介する前に、まずiPhoneバッテリーの容量を確認しましょう。

確認方法:【設定】≫【バッテリー】≫【バッテリーの状態を】≫【最大容量】でバッテリーの寿命を確認できます

iphone バッテリー容量

▲機種:iPhone X(約1年半使用)

Part 2:iPhoneの電池の減りが早い原因

iPhoneのバッテリーの減りが早いと感じたら、次のような原因が考えられます。

  • iOSのアップデート直後、バッテリーのバッテリー消費が激しくなりがちです。
  • アプリの影響:iPhoneで多くのアプリやダウンロードを同時に扱うとバッテリーの消耗が早まります。不要ファイル、アプリのフラグメントなどがiPhoneに溜まっている場合もバッテリー消耗につながります。
  • iPhoneの設定によるもの:アプリのバックグラウンド更新、位置情報サービス、画面の明るさ、自動ダウンロードなどのせいでお使いのiPhoneのバッテリーがすぐに減ってしまいます。
  • バッテリーの劣化:iPhoneを長時使用すると、経年劣化が進むにつれて性能が低下します。バッテリーの交換をしなければならなりません。
  • リチウムイオン電池は、最低1ヶ月に1回は再充電が必要です。iPhoneのバッテリーが1ヶ月以上に充電されない場合、バッテッリー表示が不正確である可能性があります。

Part 3:iPhoneのバッテリーを長持ちさせるポイント5つ

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには、いくつか役に立つ予防的方法・目安があります。

1アプリのバックグラウンド更新をオフにする

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる上で、iPhoneやiPad、iPod touchのアプリのバックグラウンド更新を管理する仕方を知っておくことは大切です。「 アプリのバックグラウンド更新」をオフにすることで、アプリが大量にバッテリーを消耗してしまうのを最小限に抑えることが可能です。

ステップ1.iPhoneの【設定】を開きます。

ステップ2.【一般】から【Appのバックグラウンド更新】をクリックします。

ステップ3.【Appのバックグラウンド更新】のスイッチを左にスライドして【オフ】にします。(もちろん、アプリの一部だけバックグラウンド更新をオフできます)

Appのバックグラウンド更新

2位置情報サービスを無効にする

iPhoneの位置情報サービスは、バッテリーを大量に消費している原因の一つのです。iPhoneのバッテリー寿命を延ばすには、位置情報が常に稼働しているアプリ以外は、「使用しない」か「使用中のみ」に設定しておくのがベストです。

ステップ1.ホーム画面から【設定】≫【プライバシー】≫【位置情報サービス】をタップします。

ステップ2.【位置情報サービス】を無効にするか、天気、地図など以外のアプリは、【常に】から【使用中のみ】を変更するのにお勧めします。

位置情報サービス iphone

3iPhone画面の明るさを調整する

iPhoneの画面が明るいと見やすいですが、バッテリーを大量に消耗します。画面が最も暗くなるよう調整すると、長期的にみたバッテリーの寿命は長くなる傾向があります。ただし、iPhoneの画面の明るさを手動で下げる前に、明るさの自動調節機能をオフにする必要があります。

ステップ1.【設定】≫【アクセシビリティ】≫【画面表示とテキストサイズ】の順にタップします。

ステップ2.【明るさの自動調節】スイッチをタップして無効にします。

ステップ3.手動で画面の明るさを快適になるよう調整します。

明るさの自動調節 iphone

4手動ダウンロードを選択する

iOSアプリの自動アップデートや手動ダウンロードがバッテリーの寿命に影響することはすでにご存じかと思います。滅多に使わないアプリが実は一番多くアップデートを繰り返し、バッテリーを消耗しやすい、ということもあります。

ステップ1.iPhoneのホーム画面から【設定】を開きます。

ステップ2.iOS 14の場合は【ユーザ名】≫【メディアと購入】の順にタップします。iOS 13の場合は【ユーザ名】≫【iTunesとApp Store】の順にタップします。

iOS 14 メディアと購入

ステップ3.【自動ダウンロード」まで下にスクロールすると、【ミュージック】、【App】、【ブックとオーディオブック】、【Appのアップデート】の4つのオプションが表示されます。

ステップ4.オプションの横にあるスイッチボタンを左にスライドしてオフにします。

5アップデート直後ならiOS不具合を修復してみよう

一般的に、iOSのアップデートから数日間は 、バッテリー消費が一時的に早くなる傾向があります。数日以内に正常な状態に戻る場合が多いが、自動的に治らない場合、専門のiOS修復ツールを使ってiPhoneのiOSバグを修正して見よう

≫≫参考記事:iPhoneが充電できない・電池の減りが早い時にiOS不具合を修復する方法

Tips:iPhoneのスペースを整理してバッテリーのパフォーマンスを向上させる

iPhoneにある一部の残留ファイルとキャッシュも、バッテリー消耗の原因となります。iPhoneでバッテリーを長持ちさせるには、iPhoneのスペースを整理して、このようなファイルやキャッシュを削除してください。

iMyFone Umate Proは、パワフルな iOS最適化ツール、そしてiPhoneデータ消去ツールです。 iOSの最適化ツールであるUmate Proは、「ワンクリック スペース解放」モード(無料)により、iPhoneに潜む隠された不要・破損ファイルを消去できます。これにより、バッテリーの消耗やiPhoneの速度低下を改善することになります。

iphone ストレージ 容量解放

無料で試す無料で試す

最後に

上記の改善策を行うとiPhoneのバッテリーは長持ちさせたことになり、あなたのiPhoneは新品同然になっていることでしょう。ちょっと手間がかかるかもしれませんが、iPhoneのバッテリーの持ちが劇的に改善できるという声があります。定期的にiOS最適化ツールを利用して、Phoneのバッテリーを長持ちさせるのが簡単です。現在お困りの方はぜひお試して下さい。