iPhoneのバッテリーがすぐなくなってしまうのはなぜ?これには多くの原因が考えられます。本記事では、iPhoneのバッテリーの消耗が早くなってしまう理由を挙げ、iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツをご紹介しています。

▶ リチウムイオン電池の物質的性質から、最低1ヶ月に1回は再充電が必要です。iPhoneのバッテリーが1ヶ月以上に充電されない場合、バッテッリー表示が不正確である可能性があります。

▶ iOSのアップデートは多くの電力を消費する新機能をもたらします。バッテリー消耗の仕方を調べるためには、再充電をする前に一度バッテリーを完全に使い果たす必要があるかもしれません。

▶ iPhoneで多くのアプリやダウンロードを同時に扱うとバッテリーの消耗が早まります。

▶ 不要ファイル、アプリのフラグメント、重複ファイルなどがiPhoneに溜まっている場合もバッテリー消耗につながります。

▶ 背景の解像度、ゲーム、アプリのバックグラウンド更新、位置情報サービス、画面の明るさ、手動ダウンロードなどのせいでお使いのiPhoneのバッテリーがすぐに減ってしまいます。

パート1:iPhoneのバッテリーを校正する方法(詳細ガイド)

iPhoneのバッテリーを調節することで、バッテリーの表示精度を向上する一助になります。手順は以下のとおりです。

ステップ1.まずは、iPhoneのバッテリーを完全に0%まで消耗させます。 自動的に電源が切れるまで使用し続けてください。

ステップ2.バッテリーをさらに消耗させるため、約6時間iPhoneの電源をオフのままにします。

ステップ3.iPhoneを純正充電器に接続し、100%になるまで充電します。 100%充電されたら、さらに2時間充電します。

ステップ4.充電器からiPhoneを取り外し、また通常どおりに使用してください。 バッテリー残量を再度ゼロにします

ステップ5.ステップ3を繰り返します。 今回は100%まで充電した後、1時間充電します。

iPhone バッテリー

以上のステップを踏むと、iPhoneのバッテリーは調整されて表示精度も上がっているはずです。

パート2:iPhoneのバッテリーをリセットする5つのコツ

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには、いくつか役に立つ予防的方法・目安があります。

1アプリのバックグラウンド更新をオフにする

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる上で、iPhoneやiPad、iPod touchのアプリのバックグラウンド更新を管理する仕方を知っておくことは大切です。アプリが大量にバッテリーを消耗してしまうのを最小限に抑えるために、どのアプリがバックグラウンド更新してよいか制御するのに役立つからです。 iPhone、iPad、iPod touchで「Appのバックグラウンド更新」をオフにする方法は以下のとおりです。

ステップ1.iPhoneの「設定」を開きます。

ステップ2.「一般」から「Appのバックグラウンド更新」をクリックします。

ステップ3.「Appのバックグラウンド更新」のスイッチを左にスライドして「オフ」にします。スイッチはオフになるとグレー表示になります。

App のバックグラウンド更新

2位置情報サービスを無効にする

iPhoneの位置情報サービスは、バッテリーを大量に消費している原因になるもう1つの既定アプリケーションです。このサービスをオフにすると、iPhoneのバッテリー寿命を延ばすのに通常役立ちます。

ステップ1.iPhoneの「設定」を開きます。

ステップ2.下にスクロールして「プライバシー」を開き、画面上部にある「位置情報サービス」をクリックします。

ステップ3.「位置情報サービス」の横にある緑色のスイッチを左にスライドさせることで位置情報サービスを無効にできます。アプリに応じて位置情報サービスを利用するかどうかも選択できます。

位置情報サービス iphone

3iPhone画面の明るさを調整する

iPhoneの画面が明るいと見やすいですが、バッテリーを大量に消耗します。画面が最も暗くなるよう調整すると、長期的にみたバッテリーの寿命は長くなる傾向があります。ただし、iPhoneの画面の明るさを手動で下げる前に、明るさの自動調節機能をオフにする必要があります。

ステップ1.「設定」>「アクセシビリティ」>「画面表示とテキストサイズ」の順にタップします。

ステップ2.「明るさの自動調節」スイッチをタップして無効にします。

ステップ3.手動で画面の明るさを快適になるよう調整します。

位置情報サービス iphone

4手動ダウンロードを選択する

iOSアプリの自動アップデートや手動ダウンロードがバッテリーの寿命に影響することはすでにご存じかと思います。滅多に使わないアプリが実は一番多くアップデートを繰り返し、バッテリーを消耗しやすい、ということもあります。次の手順に従って、この機能をオフにできます。

ステップ1.iPhoneのホーム画面から「設定」を開きます。

ステップ2.iOS 14の場合は「[ユーザ名]」>「メディアと購入」の順にタップします。iOS 13の場合は「[ユーザ名]」>「iTunesとApp Store」の順にタップします。

iOS 14 メディアと購入

ステップ3.「自動ダウンロード」まで下にスクロールすると、「ミュージック」、「App」、「ブックとオーディオブック」、「Appのアップデート」の4つのオプションが表示されます。

ステップ4.オプションの横にあるスイッチボタンを左にスライドしてオフにします。

5iPhoneのスペースを整理してバッテリーのパフォーマンスを向上させる

iPhoneにある一部の残留ファイルとキャッシュも、バッテリー消耗の原因となり得ます。iPhoneでバッテリーを長持ちさせるには? iPhoneのスペースを整理して、このようなファイルやキャッシュを削除してください。

iMyFone Umate Proは、パワフルな iOS最適化ツール、そしてiPhoneデータ消去ツールです。 iOSの最適化ツールであるUmate Proは、「ワンクリック スペース解放」モード(無料)により、iPhoneに潜む隠された不要・破損ファイルを消去できます。これにより、バッテリーの消耗やiPhoneの速度低下を改善することになります。

主な機能:

1.高速化やスペースの節約により、iPhoneのバッテリーパフォーマンスをワンクリックで最適化します。

2.ジャンクファイル、重複ファイル、一時ファイル、cookie、キャッシュ、クラッシュログなど、すべての不要ファイルを量に関わらず消去して、iPhoneのバッテリーが適切に機能するようにします。

3.iPhone、iPad、iPod touchの様々なバージョンと完全対応しており、さらにWindowsおよびmacOSのパソコンにも対応しています。

無料で試す無料で試す

iPhoneを整理してiPhoneのバッテリーパフォーマンスを向上させる場合、以下の手順に従って下さい。

ステップ1.PC にiMyFone Umate Proをダウンロード・インストールします。 iPhoneをPC / Macに接続し、ソフトを起動します。

ステップ2.左側メニューにある「ワンクリックスペース解放」タブをクリックし、メインインターフェースの「クイックスキャン」タブをクリックします。

iphone ストレージ 容量解放

ステップ3.ソフトがスキャンしてiPhoneストレージの分析を表示します。各種ファイルの横にある「削除」ボタンをクリックして、iPhoneストレージスペースを回復してください。

iphone クリーンアップ

最後に

上記の改善策を行うとiPhoneのバッテリーは長持ちさせたことになり、あなたのiPhoneは新品同然になっていることでしょう。ちょっと手間がかかるかもしれませんが、iPhoneのバッテリーの持ちが劇的に改善できるという声があります。定期的に iOS最適化ツールを利用して、Phoneのバッテリーを長持ちさせるのが簡単です。現在お困りの方はぜひお試して下さい。

無料で試す無料で試す