日本時間6月11日午前2時、待望のAppleの年次開発者カンファレンスである「WWDC 2024」が開催されました!iOS 18・iPadOS 18の新機能に関するワクワクすることがいっぱいあります。その中、一番注目されるのはAI、すなわちApple Intelligenceということです。

次はiOS 18の新機能・リリース時間・対応機種などそれぞれをまとめて紹介したいと思いうます。最新情報を知りたい方は、引き続きお読みください。また、後は本記事でより多くの情報をシェアする予定があるんですが、これからもこの記事にフォローしていただければ幸いです。

iOS 18・iPadOS 18 アップデート内容まとめ

パート1: iOS 18のリリース日

iOS 18・iPadOS 18はいつも通り、開発者向けベータ版、パブリックベータ版と正式版の3つあります。リリース時間はそれぞれ違います。何も問題がなければ、iOS 18・iPadOS 18の正式版は例年通り、九月に予定通りリリースされる予定です。ベータ版が発行された後、最新のiOSバージョンにアップデートして、すべての新機能を楽しむための準備をしっかり整えることができます。

リリース時間

開発者向けベータ版:すでにリリース、「http://developer.apple.com/jp」で提供

パブリックベータ版:2024年7月リリース予定

正式版:2024年9月リリース予定

※開発者向けベータ版とパブリックベータ版の区別:

  • パブリックベータ → 希望するユーザーに新しいOSの新機能を提供するバージョン
  • 開発者向けベータ → アプリを開発している人たち向けに提供するバージョン

更新の詳細方法を確認:

『iOS 18ベータ版のインストール・アンインストール方法』

さて、iOS 18に何が期待できるかを見て、何か興味深いものがあるかどうか確認してみましょう。

パート2: iOS 18の対応機種

iOS 18の対応機種

iPhone SE(第2、3世代)

iPhone XS/XS Max/XR 

iPhone 11/11 Pro/Pro Max 

iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max

iPhone 13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max

iPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Max

iPhone 15/15 Plus/15 Pro/15 Pro Max

iPhone 16シリーズ(九月発売予定)

iPadOS 18の対応機種

iPad Pro(M4)

12.9インチiPad Pro(第3世代以降))

11インチiPad Pro(第1世代以降)

iPad Air(M2)

iPad Air(第3世代以降)

iPad(第7世代以降) 

iPad mini(第5世代以降)

残念ながら、サポートする12.9インチiPad Proのモデルは最低第3世代になり、12.9インチiPad Pro第二世代および以前のモデルはiPadOS 17に対応するが、今度iPadOS 18は非対応になります。性能に関する要求は高いですね。

パート3: iOS 18の新機能の紹介

この部分では、iOS 18の主要な新機能とアクセシビリティ機能の改善に関するニューズについて知ることができます。

3.1. ChatGpt搭載

iOS 18のアップデート機能の1つは、AppleがOpenAIと協力して、SiriやAppleのプラットフォーム全体にわたってシステム全体に組み込まれた記述ツールにはChatGPTへのアクセスが統合されます。ちなみに、ユーザーはアカウントをログインしなくても、無料で直接利用できます。

iOS 18 ChatGpt搭載

3.2. Apple Intelligence強化

今回のWWDCでは、最も目に立つのはApple Intelligenceというのことです。

【Siri前進】Siriがより複雑な質問に効果的に答えられるようにすることです。Siriはマルチタスクでも完成できます。ユーザーは、Siriにタイプ入力できるようになり、その時々に合う方法でテキストと声を切り替えてSiriとやり取りできます。

iOS 18 Siri前進

【新しい画像機能】Image Playgroundにより、ユーザーは、アニメーション、イラスト、スケッチの3つのスタイルから選んで、数秒で楽しい画像を作成できます。Image Playgroundはメッセージなどのアプリに直接組み込まれており、専用アプリでも利用できます。

新しい画像機能

【Writing Tools】iOS 18に組み込まれた、システム全体で使えるまったく新しい記述ツールにより、ユーザーは、メール、メモ、Pages、サードパーティーアプリなど、ほとんどすべての書く場面で、「書き直し」校正」「要約」を使うことができます。

iOS 18 Writing Tools

iOS 18に追加されたAI新機能についてもっと詳しく知りたい?

関連記事をご覧ください: 『iOS 18 AI新機能一覧』

3.3. 新しいレベルのカスタマイズと性能

「iOS 18 ではアプリをどこにでも配置できますか?」

iOS 18の期待される機能の1つとして、ユーザーはホーム画面だけでなく、ロック画面、コントロールセンターも自由に設定できるようになり、iOS 18の登場によりモビリティが高まります。

ホーム画面でのカスタマイズ

【アプリ外観のカスタマイズ】iPhoneを持っている方は、ホーム画面に表示されるアプリのライト、ダーク、色合いの外観配置から選んで、自分に最適な体験を作り出すことができます。

iOS 18 アプリ外観のカスタマイズ

【アプリやウィジェット位置のカスタマイズ】空きスペースにアプリやウィジェットの配置方法をより細かく制御できるようになります。ユーザーはアイコン間に適切なスペースを作って、すっきりとした整理されたホーム画面を作成できます。

iOS 18 アプリやウィジェット位置カスタマイズ

【アプリサイズのカスタマイズ】アプリアイコンの名前を除き、さらに大きなサイズで表示することもできます。

iOS 18 アプリサイズカスタマイズ

コントロールセンターでのカスタマイズ

【コントロールのレイアウト方法】新しいcontrols galleryには、サードパーティーアプリの新しいコントロールを含め、利用可能なすべてのコントロールが表示されます。ユーザーは、コントロールのレイアウト方法をカスタマイズできます。

iOS 18 コントロールセンターカスタマイズ

ロック画面でのカスタマイズ

【コントロール】今回初めて、ユーザーがロック画面の下部にあるコントロールを切り替えられるようになります。また、コントロールを完全に削除したりできるようになっています。

iOS 18 ロック画面カスタマイズ

3.4 メッセージ

【テキストメッセージ用のRCS】RCS (Rich Communication Services) 標準はSMSまたはMMSの代替となり、iPhone ユーザーとAndroid ユーザーとのチャットがより簡単になります。

RCSの機能には次のようなものがあります。

  • テキストの読み取りをサポートするシステム。
  • リアルタイム入力インジケーターが含まれる。
  • 比較的大きなサイズのファイル共有をサポートする。
  • WiFi経由でRCSメッセージを無料で受信および送信可能。
  • 高解像度の画像やビデオファイルを含めることができる。
  • 携帯電話からグループチャットを行える。

【新しいテキストエフェクト】iMessageの内容が、ダイナミックなアニメーションで見た目を強調させて会話を生き生きと表示できます。太字、下線、斜体、取り消し線などの書式を追加できます。

【Tapback】Tapbackが拡張されて好きな絵文字やステッカーを含められるようになりました。

【メッセージをあとで送信する】メッセージをあとで送信するようにスケジュールすることができます。スケジュール済みのメッセージは、その会話内に別扱いで残り、ユーザーはいつでも編集したりキャンセルできます。

iOS 18 後で送信

3.5 プライバシー機能

【アプリ非表示とロックされる】ユーザーがデバイスを誰かと共有する時に、アプリをロックして、アプリの情報を検索や通知に表示させないようにすることができます。ロックされたアプリはアプリライブラリの専用フォルダに入れられて非表示になり、ホーム画面に表示されません。

iOS 18 アプリ非表示とロックされる

3.6. アクセシビリティ機能

【アイトラッキング】人工機能、すなわちAIに基づく「アイトラッキング」は、身体障碍がある人向け、iPhoneで使用できます。この機能をもって、自撮りカメラで調整を行うことができ、視線でデバイスをコントロールできるようになります。

【Music Haptics】この機能はApple Musicには使用可能です。Music Hapticsは、iPhoneのハプティック・エンジンを使って、楽曲に合わせてタップ、テクスチャー、洗練された振動を再生するもので、難聴者が音楽を体験できるように設計されています。

【乗り物酔い防止】乗り物酔い防止のために、「Vehicle Motion Cues」という機能があります。画面の端に表示されるドットのアニメーションで車両を動きの変化を表現することで、人が見ているものと感じているものとの間の感覚の衝突を軽減させます。

iOS 18 乗り物酔い防止機能

パート4: iOS 18でアプリに追加された新機能

Appleは、上記の新機能に加え、既存のアプリにも新しい機能を追加するよう努めており、注目に値する機能のいくつかは次のとおりです。

4.1.Safari

【新しいハイライト機能】Safari、ハイライトと再設計されたリーダーの体験により、ウェブ上で情報をさらに簡単に見つける方法が提供されます。機械学習を使って、認識した主要なトピックとフレーズに基づいてWebページの概要と重要な情報を提供し、気が散るものを減らします。

【リーダー再設計】Safariのリーダーが再設計され、要約や長めの記事目次が導入されたことで、記事を楽しむ方法がさらに増えています。

4.2. アップルマップ

マップアプリでの機能は更新され続けています。iOS 18では、Appleマップにカスタムルートと地形図が含まれるようになります。

ナビゲーションを開始する前に、好きなルートをカスタマイズできます。また、ナビゲーション中は、以前に設定したルートをユーザーが選択できます。

詳細なルートについては、地形図にトレイル、等高線、標高などが含まれます。

iOS 18 アップルマップ新機能

4.3. メール

【分類機能】年内に、メールでのメールは、「重要」、「取引」、「アップデート」と「プロモーション」の四つのカテゴリーに分けられます。

【新しいダイジェスト】メールには、1つの企業からの関連するEメールをすべてまとめた新しいダイジェスト表示も登場し、ユーザーはその瞬間に重要なことをすばやく把握できます。

iOS 18 メール新機能

4.4. メモ

ユーザーは、計算メモにより、タイピング中に入力した式や方程式が瞬時に計算されます。新しい折りたためるセクションとハイライトにより、重要なことを簡単に強調できます。

4.5. 新しいパスワードアプリ

新しいパスワードアプリは、25年以上前に初めて導入されたキーチェーンを基盤に、ユーザーが自分のパスワード、パスキー、Wi-Fiパスワード、確認コードに簡単にアクセスできるようにします。

iOS 18 パスワードアプリ

4.6. カレンダーとリマインダー

iOS 18のアップデートの新機能の1つに、カレンダーとリマインダーの統合が含まれており、ユーザーは「カレンダー」アプリから直接リマインダーのメモを表示できるようになります。

4.7. 写真

【新しいカルーセル表示】写真に、1つに統合されたビュー、新しいコレクション、カスタマイズ機能が登場

【新しいクリーンアップツール】写真の新しいクリーンアップツールは、被写体を誤って改変することなく、写真の背景にある不要な対象物を特定して削除できます。

iOS 18 写真編集

以上はiOS 18に追加する予定の主な機能です。他の小さな更新ポイントは次のように挙げられます。

iOS 18のその他の機能

  • ゲームモードは、フレームレートがさらに一貫しています。AirPodsやゲームコントローラなどのワイヤレスアクセサリの反応を驚くほど向上させる。
  • 緊急SOSライブビデオにより、ユーザーはストリーミングビデオや記録されたメディアを通じて状況を共有できる。
  • ヘルスケアアプリではメディカルIDが再設計される。妊婦のため体と心の健康状態の変化に合わせて調整や提案を行う。
  • ホームアプリにゲストアクセスが導入される。ユーザーは、玄関から1.8メートルのところまで来るとすぐに、対応する玄関の鍵を開けることができる。
  • SharePlayとApple Musicにより、再生中の音楽のコントロールをさらに多くのユーザーが共有できる。
  • Apple Payについて、Tap to Cashを使うと、ユーザーは2台のiPhoneを近づけるだけでApple Cashの送信や受領ができる。
  • Appleウォレットのチケットは、スタジアムの情報や、おすすめのApple Musicプレイリストなど、重要なイベント情報に指先でアクセスできる。

パート5: iPadOS 18の新機能の紹介

5.1. スマートスクリプト

スマートスクリプトを使えば、手書きのテキストがリアルタイムで滑らかになり傾きが補正されるため、読みやすさを損なうことなく、すばやく記述することができます。

また、ユーザーはApple Pencilを使って、簡単にスペースを追加したり、文章に取り消し線を入れたり、タイプ入力されたテキストを手書きとしてペーストすることができ、新しい内容に合わせて段落は自動的にリフローされます。

iPadOS 18 スマートスクリプト

5.2. iPad用計算機が登場

AppleはついにiPadOS 18でiPad用の計算機アプリをリリースする予定だといいます。iPadOS 18へアップデートできるとすべてのiPadモデルには、Appleの計算機アプリが搭載されます。

【計算メモ】ユーザーが数式をタイプ入力または手書きで記述すると、瞬時に数式の答えが自分の手書きで表示されます。また、数式を変えると、答えも変えます。

iPadOS 18 計算メモ

【グラフ付き】数式によって、相応グラフもできました。

iPadOS 18 計算機グラフ

5.3. メモ機能強化

見出しや小見出しの下でセクションを折りたたんで、メモの内容を整理できるようになります。さらに、情報を目立たせる必要がある場合は、5色の新しいテキストハイライトカラーから選べるようになっています。

5.4. 新しいタブバー

再設計されたタブバーは、アプリのコンテンツの上にフローティング形式で配置され、操作が一段と簡単になります。iPadユーザーは再設計されたタブバーを使ってタブの順序を並べ替えたり、サイドバーから別のタブを追加でき、アプリ内での体験をまったく新しい方法でカスタマイズできます。

iPadOS 18 新しいタブバー

5.5. フリーボード

フリーボードでは、ユーザーはシーンを作成してボード上の複数のセクションをトピック別に整理したり、コンテンツをすばやく移動して簡単に示すことができます。

iOSOS 18 フリーボード 特徴

5.6. iOS 18と同じ機能更新

上記はiPadOS 18に追加予定機能の中で、比較的に重大な変化です。他にはiOS 18で更新する機能と大体同じで、次のようなことが挙げられます。


まとめ

今回の記事では公開されたiOS 18のリリース時間・対応機種・新機能をまとめました。さらに後日発表される予定です。他のユーザーと同様に、筆者もiOS 18の新機能に期待しており、この記事でiOS 18の最新ニュースをお知らせするために更新を続けます。

また、新iOSがリリースされた直後、不安定であり、不具合が発生する可能性が高いです。将来iOS 18へのアップデート途中、リンゴマークでフリーズ起動できないことなど、例年報告されたよく起きる更新問題に遭った場合、慌てる必要なく、専門iOS不具合修復ツール「iMyFone Fixppo」を試してみてくださいね。このソフトが数多くの問題を即座に解決できます。また、Fixppoがios 18ベータ版も対応できますので、万が一の場合に備えるために入手しておきましょう!

iMyFone Fixppo

Fixppoの機能一覧