スマートフォンの急速な発展に伴い、私たちは今、より多くの重要な情報をスマホで得るようになりました。そのため、ほとんどの人にとって、携帯電話のストレージ容量は不足する傾向にあります。それのためにAppleがiCloudストレージを提供しています。しかし、無料で提供されているのは5GBだけで、多くの人にとってはまだ十分ではありません。もっと欲しい場合は有料にする必要があります。

iCloudにお金を払わずにiPhoneのデータを簡単にバックアップできる方法を探している人がいるはずです。確かに、iCloudは便利ですが、データを復元する時は初期化しなければなりません。非常に不便だと思います。

そこで今回は、iCloudを使わずにiPhoneをバックアップする方法をご紹介します。詳細は続いて読んでください。

①iTunesを使ってiPhoneをバックアップ

iPhoneをバックアップする方法はたくさんありますが、一般的な方法の一つはiTunesを利用することです。お使いのコンピュータに最新のiTunesがインストールされている場合、簡単にiPhoneのデータをバックアップできます。 手順は次の通りです。

ステップ 1: iPhoneをコンピュータに接続してから、iTunesを開きます。

ステップ 2: iTunesに検出されたら、左上のiPhoneアイコンををクリックします。

ステップ3: 最後に「概要」をクリックして、「今すぐバックアップ」をクリックして、画面指示に従って操作すると、iTunesでデバイスのバックアップを完了します。

  • すべてのデータを一括にバックアップしなければなりません。
  • 初期化しないと、バックアップしたを見ることができません。

②写真を選択的にPCにバックアップする方法---iMyFone D-Back

iTunesと違って、iMyFone D-Backというソフトを使えば、iPhoneのデータを選択的にパソコンにバックアップすることができます。これは便利なiPhoneデータ抽出ソフトです。iPhone、iPad、iPod touchからデータを抽出して、パソコンにバックアップする機能を持っています。

データ復元

800万以上のダウンロード

主な特徴:

  • 連絡先、メッセージ、ボイスメモビデオ、WhatsAppメッセージなど、iOSデバイスから20種類以上のファイルに対応しています。
  • iPhone XR/11/12、iPod touch、iPadなどのすべてのiOSデバイスに対応しています。
  • iOSデバイスからのデータ抽出、iTunesバックアップ、iCloudバックアップをサポートします。
  • プレビュー機能を備え、初期化しなくてもバックアップから写真などのデータを選択的に復元できます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

iMyFone D-Backを利用してiPhoneから写真を選択的にバックアップする手順

ステップ1:D-Backをインストールしてから、起動します。

ステップ2:ホーム画面から【iOSデバイスからデータ復元】オプションで【開始】をクリックします。

iOS復元

ステップ3:次の画面でバックアップしたいデータを選択してから、【スキャン】をクリックします。

iphone データ バックアップ

ステップ4:iPhoneのスキャンが完了すると、バックアップ可能の写真を一覧表示されます。必要な写真を選択して、右下の【復元】をクリックしたら、iPhoneの写真はパソコンの指定のファイルにバックアップされます。

iphone 写真 バックアップ

バックアップ 完了

まとめ

いかがでしょうか?

上記はiCloudを使わずiPhoneの写真をパックアップする方法です。

iMyFone D-Back(iOS 14対応)を使って、大切なデータのバックアップを簡単に作成できます。無料体験版を試してみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード 無料ダウンロード