SDカードの中身を誤って消してしまうなど、なにかトラブルが起きてしまったとき、どうにか復元できないかその方法を探している人もいると思います。

SDカードのなかにしかデータが入っていないものや、今まで蓄積してきた大事なデータが消えてしまっては困りますよね。

SDカードを無料で復元する方法について、まとめてみました。データが消えてしまい困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.メモリーカードはデータ保存の強い味方!消えた原因は?

メモリーカードといえば、現在多くの種類が出ています。最も主流なのはマイクロSDと呼ばれるものになり、カメラや、ビデオ、スマホのストレージなど幅広い部分に使われています。

なかに含まれているデータはとても重要なものですし、多くの人が使っていると思います。そもそもどうしてSDカードのデータが消えてしまうのでしょうか。

SDカードが消えたときは、データの読み込みができなくなっているだけで、なかのデータが消えているとは限りません。SDカードの本体は壊れていないものの、なかの記録データに問題がおき、写真や動画が読み込めなくなっています。このケースのことを「論理障害」といい、SDカードの故障例としては比較的よくあるものです。

論理障害が起きたとき、業者に持ち込んで直してもらうこともありますが、なかの個人情報などの心配もあります。

自分で直す場合は、無料の復元ソフトを使う方法もあります。費用的にも業者に依頼するよりも安くなりますし、すぐに対応できるのもソフトの嬉しい点です。

他にも物理障害や、書き込み中のトラブル、初期化(誤って)などの理由が考えられます。SDカードのデータが消えてしまったときの原因を、はっきりとさせることが大切です。誤った方法でSDカードのデータが破損してしまうことのないように気を付けましょう。

2.iMyFone AnyRecoverでSDカードのデータを復元できる

SDカードのなかにあるデータを復元する方法として、無料ソフトを使うものがあります。

基本的には有料なのですが、トライアルや限られたデータ容量を対象として、SDカードの復元ができることもあります。

AnyRecover は、誰でも簡単に使えるソフトになり、高速スキャンであっという間に復元できます。パソコンだけに限らずSDカードなど幅広いデータ復元に役立っており、対応するデバイスの種類も豊富です。

iMyFone AnyRecover

  • 高い復旧率:オールラウンドスキャンとディープスキャン機能の組み合わせにより、紛失したデータをすべて掘り起こし復旧します。
  • 高速スキャン:独自のアルゴリズムで高速スキャンができ、たま都合に合わせてスキャンプロセスを一時停止・再開することもできます。
  • 無料体験版:無料で失われたデータをスキャン・プレビューして、さらには三つのファイル(制限なし)を無料で復元できます。
  • データセキュリティ:高度な暗号化技術でお客様のデータセキュリティを確保し、ご自身の操作によってプライバシーを保護します。

データ復旧ソフトには種類がありますが、なかには全くデータが復元できなかったなんて声を聞くこともあります。せっかくSDカードの復元を考えているのであれば、復旧率の高いものを選びたいものです。

AnyRecover は無料からお試しとして使え、どんなデータも取り出せる優秀なソフトです。復元ソフトとしても人気があるので、多くの実績もあり口コミも良好です。有料版にすると使える幅が広がるのですが、もし満足できないときは30日間の返金保証などもついています。

今まで無料復元ソフトを使ったことのない人にもおすすめです。

AnyRecover でSDカードからデータを復元するには、次の手順に従ってください。

ステップ1.選択

AnyRecoverを起動して、データ復旧の場所(SDカード)を選択します。

AnyRecover 選択

ステップ2.スキャン

SDカードを選択したら、当該SDカードを対象にスキャンを行います。

AnyRecover スキャン

ステップ3.プレビュー&リカバリー

ご希望のファイルをダブルクリックしたらプレビューできます。回復するには適切な場所を選んで保存してください。

AnyRecover プレビュー&リカバリー

3.SDカードで復元できないデータもあるの?

SDカードのデータが消えてしまったとき、その原因によっては復元できないこともあります。特に物理障害が原因になっているときは、復元ソフトでは直せないケースも多く、なかのデータを諦めなくてはいけなくなることも。

  • SDカードが水没してしまった
  • SDカードを踏んでしまい割れた
  • SDカードに静電気が起き読み込みできなくなった

など、何かしらの物理的な衝撃が起こることによって、SDカードのなかのデータ自体が破損してしまうこともあります。特に静電気は人間にとってはなんてことないケースであっても、端子が露出している作りになるので、ちょっとした刺激にも弱く壊れてしまいます。

静電気は数百以上もの電圧がかかることになるので、SDカードによってはそれが原因となり、壊れてしまう可能性も十分に考えられます。

SDカードは読み込みができなくなっている場合と、そもそものデータが破損している場合によっても対策方法が変わってきます。復元ソフトでなんでも直せたらいいのですが、状況によっては難しい点も覚えておきましょう。

まとめ

SDカードのデータを破損させてしまったとき、具体的にどうしたらいいのかまたもう戻せないのかなど困ることもあると思います。SDカードはとても繊細なものですし、扱い方私大では簡単に壊れてしまう可能性もあります。SDカードについて、困っていることがあれば、復元ソフトも検討してみてください。

無料からお試しができるのでデータの復元ができずに諦める前に使うのをおすすめします。業者に依頼して直してもらうこともできますが、どうしても個人情報などの問題もあります。自分で直せるにこしたことはないのです。